500jj5fff59

 前回の代打記事で、MAYUが書いてくれていた公衆便所エッチ、chikaにも覚えがあります。
 最近は、会員さんの要望でそういった野外プレイがない限り、ほとんどしませんけどね。
 でも時々、高ぶってる時に、汚そうな公衆トイレなんかの側を通ったら妙にむずむずした気分になります。
 あの中でのセックスって独特の興奮の仕方をしますものね。
 chikaがラバーに目覚めた初期の頃、まだボンテージとかにまで行ってなくて、そうですね、「ラバー」の呼称もRUBBERとかLATEXじゃなく「ゴム」の頃だったんですが、丁度この頃に、この公衆便所セックスに傾倒してました。

29dmbj00070jp-1

 chikaの付き合ってた男から徹底的にラバーを仕込まれるまでは、chikaにとってのラバーって、どちらかと言うとスカトロぽい性癖と結びついた小道具みたいなものだったかも知れません。
 だから公衆便所なんかを使い始めて、暫くしたらラバーを使うようになりました。
 でもそーゆーの、元から飽きっぽい性格だし、衛生面の事もあって直ぐに止めちゃいましたが、、。

29dmbj00070jp-2

 それは夕方、まだ陽の残っている時間帯でした。
 住宅街の中にある小さな児童公園のトイレで、chikaはひとり、最近手に入れた肘上まである黒いラバーロンググローブを付けて全裸になっていました。
 サイズがあまりなくて、伸縮性の強いラバーなのに、それでもピチピチのやつしか入手できず、着用してるだけでも凄い圧迫感がありました。
 逆にそれが興奮を高めてくれるんですけどね。
「○○公園にいます、誰かしゃぶらせてくれませんか?トイレでゴム手袋はめて全裸待機してます」
 掲示板にそう書き込んで送信ボタンを押しました。
 この日、chikaは、掲示板でコンタクトをとった男性と会う約束をしてました。
「ゴムはようわからんけど、口開けて全裸待機な」
 そう指示されて、この公園のトイレに呼び出されていたのです。
 chikaはいそいそとでかけ、指示通りに服を脱いで、個室でその人が来るのをドキドキしながら待っていました。
 勿論、おニューのラバーロンググローブも装着済です。

cmn00152jp-10

 なのに、30分経っても待ち人は現れず、連絡も返ってきませんでした。
 すっぽかされてかなりガッカリしました。
 でも服を脱いでその気になっていたchikaは、そのまま帰る気にはなれず、別の人と会おうと考えてさっきの書き込みをしたのです。
 すぐに何通かのメールが届きました。
 chikaはメールが来た順に、返事を返していったのですが、もらったメールのほとんどが
「その公園どこ?」というものでした。
 この公園は自分の面が割れるのを嫌って選んだため、chikaもあまり土地勘のない場所で付近の住民しか知らないような小さな公園でした。
 それから10分程度、何人かとやりとりをしたのですが、「遠いから無理」と言われたり、途中で返事がこなくなったりして、進展がありませんでした。
(もう諦めて帰ろうかな)と思い始めました。
 少なくともこのままこのトイレにいてもどうしようもない気がしてきました。

h_697verus04001jp-13

 狭くて汚いトイレの中はじめっと暑くて、不快な汗が体を湿らせていました。
 キツいアンモニア臭が体にまとわり付くようでした。
 そういう情況は、興奮が冷めて来ると、ただただ不潔で疎ましいだけのものに変わるんです。
 メールも途絶え、だんだん惨めな気分になってきました。
 女装姿での男遊びが、何でも思い通りに出来ていた時期ですから、ちょっと思い上がっていたのかも知れません。
 すっぽかされたあげく、誰にも相手にされず、ひとり汚いトイレで全裸になっている自分が悲しくなりました。
(誰でもいいから会いたい…)
 chikaはラバーグローブをはめた手でギュッと自分の肩を抱きしめました。
 自分の体がとても小さく感じました。
 知らない男の肌が急に欲しくなって連絡をかけたのに待ちぼうけをくらった体は、今すぐにでも誰かに触れられたがっていました。
 chikaはラバーの指先でそっと乳首を撫でました。
「アッ…」
 自分の手で触ってるのに、体は敏感に反応しました。
 こんなタイミングでスィッチが入っちゃったんです。
 軽く触れただけで乳首はツンと尖り、股間がジュンと熱くなってきました。
 chikaはもう片方のラバーで覆われた手でペニクリをゆっくり揉みました。
「あぁ…」
 熱いため息とともに、ペニクリが硬くなってきました。

h_697verus04001jp-2

 じっとりと汗ばんだ体は、自分でもいやらしく感じるくらい火照っていました。
(もう1人でいっちゃおうかな…)
 chikaは惨めな気分を慰めるようにそのままラバーで自分の体を愛撫していきました。
 片手で乳首をいじめ、片手でペニクリを弄り続けました。
 触ってる自分と触られてる自分が別々の存在のような妙な気分でした。
 悶々としてきたchikaは、ラバーで包まれた指を舐めて湿らせ乳首を擦りました。
「ぁん…」
 ぬるっとした生ぬるい感触が敏感な乳首を刺激しました。
 chikaは唾液を乳首に塗りこめながら、反対側のラバーの手の指も舐めて亀頭を撫で回しました。
「ぁ…ぁ…あ…」
 感じやすいchikaの亀頭はすぐに先走り汁を浮かべ、唾液と混じってヌルヌルになりました。
 chikaは指先で透明の液を掬い取り、ペロっと舐めました。
 舌に塩っ辛い味が広がりました。
「ハァ…ハァ…」
 興奮と喘ぎ声が抑えられなくなってました。
(あうぅ、固いの、チンポ舐めたい…)
 口さみしくなったchikaは、自分のラバーで包まれた手首を唇にもっていきました。
 そして手首からラバーの二の腕にかけて舌を這わせました。
 ラバーと苦みと唾の味と、肌を濡らす舌先の感触がゾクゾクと体を震わせました。
 おっさんでもデブでもオタクでも誰でもいいからチンポを口に突っ込んで欲しい気分でした。

h_697verus04001jp-3

 そうやって一人で盛り上がっていたとき、ふいに足音が響きました。
(!)
 chikaはびっくりして声を殺しました。
 トイレ内に人が入ってきたのです。
(誰?掲示板をみて来てくれた人かな…それとも最初に約束した人が今になって来たんだろうか…)
 一気に緊張が高まり、ドキドキしながら様子をうかがいました。
 息を潜めようとすればするほど、心臓の鼓動が早くなって荒い吐息が漏れました。
 静かなトイレの中で、自分の心臓が脈打つ音と乱れた吐息の音だけが大きく鳴り響いているような気がしました。
 1分、2分、3分…
 どれくらいかわかりませんが、そこそこの時間、息を潜めていたような気がします。
 でも結局何も起こらず、それっきり物音も聞こえてきませんでした。
 携帯をみましたがメールもありませんでした。

 緊張が解けたと同時に、一気に気分が萎えてしまいました。
(chikaは何をやってるんだろう…)
 虚しくなったchikaは、急いで帰りたくなり、ラバーグローブを付けたまま服を着ました。

h_697verus04001jp-7

 ドアを開けたその瞬間、心臓が止まるかと思うくらいビックリしました。
 小便器の前に男が一人立っていたのです。
 chikaは平静を装って手を洗いました。
 男は小便器の前に立ったままでした。
(この人は、たまたま通りがかりの一般人だろうか…。もし掲示板をみた人だったら…)
 でも、何の合図もなかったし、自分からアクションを起こす勇気はありませんでした。
 その人のこと、チラチラみてたら、鏡越しに目が合ってしまい、慌てて目を逸らしました。
 chikaはドキドキして、うつむいたまま必要以上に手を洗い続けました。
 手にはラバーが張り付いたままで、もしこんなのを見られたら、相手にどう思われるか、ビクビクしてましたが、もうどうしようもありません。
 混乱してどうしていいかわかりませんでした。
 すると、男はchikaの後ろを通り過ぎてトイレからでていきました。


(やっぱりただの通りすがりの人だ)
 何かを期待していましたが、半分ホッとしました。
 そしてchikaもトイレから出ようとしたとき、

「!!」

 またしても心臓が止まりそうになりました。
 入り口でその男がこっちを向いて立ち止まっていたのです。
 無言で睨みつけるような目つきで、じっとみつめられました。
 chikaの心臓はバクバクと今にも破裂しそうでした。
 そしてchikaの目は男の股間に釘付けになりました。
 男はポケットに手を突っ込んだまま、見せつけるように股間をゆっくり揉んでいたのです。
 その意味に気づくまでに時間がかかりました。
 また、気づいてからもどうしていいのかわかりませんでした。
 chikaは固まって動けませんでした。

h_697verus04001jp-15

 男は何も言わずトイレをでました。
 一瞬どうしようか迷ったのですが、慌ててchikaも後について出ると、彼は植え込みの茂みに踏み入って公衆便所の裏側に消えました。
 後を追って裏手に回り込むと、男が立ち止まって待ち構えていました。

 便所の裏側は、夕陽が遮られ暗く濃い影に覆われていました。
 木立ちが鬱蒼と立ち込め、空気がじめっとしていました。
 男は、汚れた白いTシャツとベージュの作業パンツ姿で、頭にタオルをまいていました。
 みるからに現場職といういでたちで、肩まで捲り上げた袖口からは鍛え上げられた腕が浅黒く光っていました。
 背は高く、20代半ばから30歳くらいに見えました。
 両手をポケットに突っ込んで、手首にコンビニのビニール袋をぶら提げていました。
 男は仁王立ちのまま、少し腰を前に突き出しました。
 chikaは吸い寄せられるようにフラフラと男の前にしゃがみこみました。
 そして股間に顔を寄せました。
 グニっと弾力のある膨らみが鼻の頭を押し返してきました。
 chikaはさらに顔面を押し付けました。
 鼻や頬や唇をすりすりと擦り付けながら、チンポの形や大きさやポジションを探っていきました。
 ゴワゴワした作業パンツの裏側でチンポがもっそりと蠢くのがわかりました。
 chikaはもどかしくなって、男のチャックに手をかけました。
 すると、男はchikaのラバーの手首を掴んで引き離し、自分でチャックをおろしてチンポを引っ張り出しました。

h_697verus04001jp-14

 薄暗い視界に、さらに黒い影の塊となった大きく重量感のあるチンポがボロンと突き出されました。
 半勃起のチンポは、前へビヨンと伸びながら、先端にいくにつれて緩いカーブを描いて垂れ下がっていました。
 ちょうど鼻の前に亀頭がぶら下がっていました。
 草木の匂いと湿った土の匂いに混じって、脱ぎたてのチンポから生臭い異臭がモワっと漂ってきました。
 男特有の刺激的な匂いに胸がカーッと熱くなりました。
 chikaは我慢できず咥えようと舌を伸ばすと、男は一歩後ろに下がりました。
 しゃがんだままchikaも一歩前に踏み出すと、男はまた一歩後ずさりました。
 chikaは不安になって男を見上げました。
「欲しいか?」
 太いチンポをこれ見よがしにブラブラと揺らしながら、初めて男が口を開きました。
「…はい」
「今日何人目?」
「一人目です…」
「誰かとアポしてんの?」
「いえ」
 少し離れたチンポにchikaは首を伸ばして舌を突き出しました。
 舌の上にピタッとチンポが乗っかりました。
 熱いチンポが舌に触れた瞬間、ジュッと苦くて酸っぱい味が染み出て、自然と唾液が出てきました。
 chikaは、ラバーで包まれた手を使ってそれを掴み、ゆっくり口に含みました。
 まだ硬くなりきっていない半勃起のチンポでしたが、竿はぶっとく、カリは大きく張っていました。
 chikaは溢れでる唾液でチンポを湿らせながら、太巻きを頬張るように少しずつ深く咥え込んでいきました。
 仕事帰りに違いない男のチンポから、濃厚な蒸れ汁が染み出し、唾液と溶け合って口の中をチンポ味で汚染していきました。
 息を吸い込む度に、ボウボウの陰毛から香る雄臭い匂いが鼻を塞ぎました。
 まだ根元までたどり着かないうちに口の中がチンポでいっぱいになりました。
 chikaは口をすぼめ、ゆっくりと首を前後に動かして、柔らかさの残るチンポを扱きました。
 太い竿を唇で挟み、グニョっとした感触を味わいながら、レロレロと舌を絡めていきました。
 舌を裏筋にあてがって小刻みに動かすと、既に大きさは十分のチンポが口の中でさらにグンと膨らんで硬くなりました。

h_697verus04001jp-12

 chikaはガチガチに硬くなったチンポをさらにキツく唇で押さえ込みました。
 そしてチンポの表面にこびりついた目に見えないチンカスや垢をこすり取るようにズリズリと唇を滑らせました。
 (美味しい…)
 ずっとしゃぶっていたい気分でした。
 今日は誰にも会えない気がして諦めかけていたチンポを口に突っ込んでもらえて幸せでした。
 chikaのペニクリもビンビンに勃起していました。
 しゃがんだ姿勢で硬くなったペニクリがパンツの中でギュウギュウに押さえつけられて痛いくらいでした。
 ずっとchikaに任せるまましゃぶらせていた男は、ゆっくり腰を動かし始めました。
 両手は依然ポケットに突っ込んだままで、腰をクイっクイっとゆっくり振って、チンポを滑らせるように出し入れしてきました。
 唾液でヌルヌルになったチンポは、唇の間をヌポヌポとスムーズに滑っていきました。
 徐々に早くなっていくピストンに合わせて、チュプチュプといやらしい音が漏れてきました。
(誰かに聞かれたらヤバいな)
 と思いましたが、男はかまわずチンポを抜き差しさせるので、chikaも懸命に吸い付き続けました。
 ずっとしゃがんでいたせいで、足が痺れてきました。
 ときどき足の位置を変えたりしていましたが、だんだん辛くなってきたので、ラバーの手で男の太ももに捕まりました。
 すると、男はchikaの手を振り払うように一歩後ろに下がりました。
「つかまるな」
 小さな声でボソッと言われました。
 chikaは咥えたチンポを離さないように首を伸ばしましたが、姿勢がキツくて地面に手と膝とつきました。
 土が湿っていて気持ち悪かったのですが、こっちのほうが楽でした。
 chikaは四つん這いで首だけを伸ばしてチンポを咥え続けました。
 ふと男の顔を見上げると、男は無表情で正面を向いていました。
 足下に跪いて一生懸命くわえているのに、そんなchikaには目もくれず、まるで小便器の前に立って用を足してるかのような無感情な様子で、ただ腰だけを前後に動かしていました。

h_697verus04001jp-8

 この人はchikaの口にしか用がないんだと思いました。
 chikaの口でなくてもチンポをハメ込める穴があればなんでもいいんだろうなと思いました。
 もし、chikaが女装してたら、、と考えないでもありませんでした。
 体に掴まろうとするとかわされるし、男もchikaの体には触れてくれないし、ちょっと淋しくなりました。
 もしかして手に付けてるラバーのせいなのか?あるいはchikaの容姿のせい?とも思いましたが、やはりそうでもないようです。
 唯一、男と繋がっているチンポと口だけは、激しく擦れ合い、荒々しくぶつかり合って、熱くたぎっていました。
 男がchikaの視線に気づいて目が合いました。
 男は足幅を広げて腰を少し落として突いてきました。
 さっきよりピストンの振り幅が大きくなり、根元までグイっと押し込まれたかと思うと、ズルっと半分以上引っこ抜かれ、またズボっと一気にぶちこまれました。
「ウッ…うぅっ…」
 亀頭が勢いよく喉にぶち当たり、その度に嗚咽しそうになりました。
 大きなストロークで繰り返されるピストンは、ジュポジュポと音をたてながら次第に速度を増していきました。
 chikaは口を開けているのが精一杯でした。
 ただ口を差し出してぐちょぐちょと掻き回されるのを堪えるだけでした。
 突然男の手がchikaの頭を押さえ込みました。
 そして喉の奥までハメ込まれたチンポが、激しく小刻みに連打してきました。
「んーんーー!!」
 容赦ない激しいイラマチオが開始され、chikaは苦痛のうめき声をあげました。
 そして開始とほぼ同時に、口の中に馴染みのある液体が広りました。
 喉に亀頭をガンガンぶち当てながら、男は何の合図もなくザーメンを吐き出していました。
「う…うぅ…んグッ…」
 なおも動き続けるチンポは、トクトクと残り汁が注ぎ込みながら、口の中に溜まった精液をポンプのように喉に押し込んできました。
 大量のザーメンを吐き散らかした男はさっさとチャックを閉めて無言で立ち去りました。
 chikaは口の中に残ったザーメンを味わい、飲み干した後、表に出ました。
 もしかしたら又、待っていてくれてるかと期待しましたが、男はもうどこにもいませんでした。

h_697verus04001jp-16

 でもその夜、男からメールがきました。
 メアド交換をせずに別れたのが心残りだったのですが、chikaが書き込んだ掲示板を探し当てたようで、そこのメール宛に送ってきてくれたようです。
「いつもあそこにいるのか?」
と聞かれ
「たまたまです」
と答えたら一旦メールが途絶えました。
「呼び出してくれたら又いくかも知れません」
と重ねてメールを送ると、
「わかった。口便器として定期で使ってやるよ」
と言われました。
 もちろん最後の「口便器」の一言で、やっぱりと思い、一気に熱が冷めてしまいましたが。


 そうそうマユが書いてた(「人間に戻るのはトイレの時だけ」子犬コスプレに魅了された男)の話だけど、自分で、この格好をするのは性的な関心ではないって言ってるところがミソだと思うんですよね。
 つまりこの人は「そういう世界」があるって事が分かってるって事なんだから(笑)。
 まあどっちでもいいんです。
 周囲に迷惑かけずに楽しく生きて行けるのなら、他人がとやかくいうことではありませんね。
 そして他人も又、そんな人に無理矢理、理由もなく関わる必要はないんです。




otld00043pl責められたいオトコノ娘 長澤玲奈

足長モデル体系・長澤玲奈のM性を目覚めさせる!目隠しした男の亀頭を妖艶な舌使いでむしゃぶりながら、尻マ○コに別の男の肉棒挿入され、ペ二クリシゴかれ濃厚ザーメン射精!縛られたまま陶酔し喉奥までチ○ポつっこまれ腰振られ、強制イラマで口内射精!蝋燭を身体中に垂らされ、鞭で尻叩かれ「もっといじめて下さい」と男にねだる!尻マ○コを電マで責められ、巨根をフル勃起させ、オチ○ポミルク爆射精!!




















oraryu(ゾアントロピーホモセクシュアル)男女獣・緒羅竜児 エメラルドの爪先 [電子書籍版]
 対応端末:   電子ブックリーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ


 ニューハーフが主人公のスーパーアクションって小説の世界じゃ珍しいと思うんだよね。このニューハーフ、実は獣人。永遠に続く射精感覚と絶対的な支配感覚を求めてる獣が、緒羅竜児ことオラ竜。
 引き裂き、食らいつき、飲み下し、背後から犯す生き物、オラ竜。
 今回、東南アジア某国の冒険では、ご自慢のヤンキーリーゼントでキメる機会も少なくて、地下迷宮をスーパービッチなスタイルで走り回っていたオラ竜だけど・・・いつかそのキンキンの軍艦頭を街で見せてくれよ、オラ竜。








13hvg031rpl新人 ガマン汁垂れ流しニューハーフAVデビュー 九条あすか


綺麗なお姉さんにしか見えないニューハーフ、九条あすか。恥じらいながらも、ギンギンに勃起したチ●ポからはガマン汁が滴り落ちる。とても敏感で、すぐにあえぎ出しフル勃起するチ●ポ。でも、一番の性感帯はアナル。極太チ●ポをブチ込まれて何度もイキまくります。二人に責められ精液を噴出してチ●ポでもイキます。













29dmbj00070plエロティック ボンデージ 究極のサディスティックLOVE 神ユキ

魅惑の瞳、ピチピチのボンデージ、神尻BODYがサディスティックなエロスを醸し出す究極のQUEEN。迫力満点の絶品プレイで次々とM男たちをイカセまくる。美しく優雅なQUEEN「神ユキ」を思う存分ご堪能下さい。

















cmn00149pl恥辱の女潜入捜査官11 地獄のセクレタリー 月島えみり

月島えみり 29歳 警部補 英国の名門大学を首席で卒業後、外資系航空会社にCAとして勤務。その後FEIAに捜査官として転職、特にその態度の優雅さから上流会社への潜入は彼女以外はいないと言わしめる逸材。