e816ec01.jpg

 尾道は昔、chikaにとって憧れの町だった。大林宣彦監督の「男女入れ替わり」映画としても超有名な「転校生」が撮られた町でもあり、女装にのめりこみつつあった旅行好きのオカマ少年chikaにとって、いつかは行ってみたい夢と現実が気持ちよく混じり合った町だったのだ。
 その願いは、chikaが車の免許を取り、本格的に女の子の格好をフルタイムで出来るようになった頃に叶えられた。
 この前のエントリーでフィメールマスクとお化粧の話題を取り上げたのだけれど、お化粧を覚え立てのchikaにとっては、メイクとは自分の顔の上に0コンマ何ミリのファンデーションという材料で出来たマスクを張り付けることと同じでいつも化粧の匂いをプンプンさせていた。そんな素人同然のchikaを、車で九州まで連れていってくれた叔父さんがいたのだ。
 当然、旅は宿泊が伴うのだけれど、その叔父さんは半分仕事がらみ上の上司に当たる人だったので、「自分の店の商品には手を付けないぜ」みたいな、かなり紳士的な接し方をして戴いたのを覚えている。(冷静に考えれば、荒っぽいフェラと筋張った身体と蕾しか持たない女装少年にそれほど魅力がなかったのかも知れない)
 山口じゃ湯田温泉の松田屋ホテルに泊まったり、九州は嬉野温泉で連泊というかなりゴージャスな旅だったように記憶しているけれど、時々まわって来る車の運転や、やる度に顔の印象が変わるお化粧にかなりくたびれていたのは確かだ。
 そんな旅の最後に連れて行って貰ったのが尾道なのだ。その叔父さんが尾道港の波止場に車を止めて、生きたシャコを海辺で売っている叔母さんを見つけ「自分は小さい頃からシャコが好きでね、、これ買って帰るから、僕んところで茹でて食べさせてあげるよ」と言った言葉と、大きなビニール袋一杯に詰め込まれてわさわさと動くシャコの姿を未だによく覚えている。
 たぶん旅行中ずっと隙のないダンディぶりを見せ続けていた叔父さんと、「海老」じゃない「しゃこ」とのギャップが、夕暮れ近い尾道港の人気の少なくなったわびしさに背中を押されて、すすり泣いていたのだろうと思う。

 chikaが自力で、夕日に輝く尾道水道を友人と神社から眺めたり、尾道ラーメンや、お好み焼きと広島焼きの味比べを尾道で楽しみだしたのは、それからもう少し後の事だ。
 けれど尾道で泊まった事は一度もなく、どの尾道体験も四国に渡る途中だったり、九州や山口・広島観光の通過点として出来るものに限られてきたのだ。実際、あの有名な千光寺からの尾道水道の眺めや「文学の小道」をこの目で見たのもつい最近の事なのだ。

 あんなに憧れていた町なのに、その町を充分知らないまま、ある程度、知ったつもりになって満足している、、。
 なんとなくその状態はchikaの「男女入れ替わり」に対する思いにも共通する部分がある。
 chikaは性の変容をテーマにした物語を多く書いてきたけれど「男女入れ替わり」を扱った事はない。性欲にまみれた男が女の身体に入れ替わって考える事はたった一つしかない(笑)。かって、女に変わった自分の顔と身体に発情しオナニーしまくっていた人間が、そんな物語を書いた所で仕方がない(リピ笑)。
 勿論、「男女入れ替わり」を扱った小説や映画の中には、入れ替わった肉体に、精神が逆に馴致される過程を官能的に描いたものや、恋愛感情や家族関係について深く考えさせられる作品もあってテーマとしては掘り尽くされたわけではないとは思っているのだが。
 例えば、小悪魔的な女子高生と彼女たちにきしょいと嫌われる中年親父の肉体の入れ替わりなんて、上手く書けば非常に高度で読み応えのある精神的なハードSM小説が書けるし、ネット上には既にいくつかそういう作品もあるのだろう。
 それでも「性的ファンタジーに溺れ死ぬ」覚悟の実践派変態にして見れば、「男女入れ替わり」ってあまりにもお手軽でありご都合主義のファンタジーに思えるのだ。

 思えば「男女入れ替わり」は女になりたかった男達の原初的な「夢」に違いない。
 大空を飛ぶ鳥になる「夢」を果たせなかった人間は、そのお陰で宇宙まで届く力を得たのだ。そして宇宙まで手が届いた時、人は自分が本当に「夢」見ていたのは、空を飛ぶ鳥になる事ではなく「大いなる力」を手に入れることだったと気付くわけ。
 chikaは鳥になることを夢見た人間のロマンより、ありったけの知恵を動員して空を飛ぶ力を手に入れてしまう人の「強欲さ」の方が好きだ。
 ・・・たぶん自分の創作活動の中で「男女入れ替わり」に手を染めない理由は、そんな所にあるのだろうと思う。

 今日のテキストは無駄に長いなぁ、、まあWeb上の18禁TSF小説から古今東西に伝わる変身譚まで、それらを「フェチ・変態」を基本に色々な角度で語っていく作業の一つの助走だと思って下さいませ。
 この手のテキストの分類の為に、カテゴリを増やす事にします。その名も「とりかへばや」うーんべたやなぁ。

PS Mステなんか滅多に見ない人だし、浜崎あゆみもアウトオブ眼中のchikaなんだけど、たまたまアユが唄ってたBold&Deliciousに心を奪われた。
 なんだかいやーな自己陶酔の匂いがしないでもなかったけれど、唄うという行為自身を楽しんでいる感じがやっぱ良い。それにこの時のファッションもヘヤーカラーも好みだった。
 特にあの髪の毛の色、、「茶髪・金髪」ってゆー「推移」がなければ、あんな色は登場しなかったんじゃないかと思う。新しい東洋人女性の黒髪、適当だけど「ネオ鴉の濡れ羽色」みたいな感じでネーミングしておこう。
 倶楽部で使うにはちょっと貧弱だけど、網タイツで靴の表面を覆ったようなデザインのハイヒールを、街で発見。ハイヒールに網タイツ、、、フェチの両横綱の組み合わせ、あるようでなかった、、、こーゆーの考え出す人がいるんだねぇ。