80bfa2b4.jpg
 これはchikaのお気に入りのサイトSebastian's Galleriesにアップしてある一枚。
「アスカがシンジに着替えたら」という題名はchikaが勝手につけたもので、もしこの事を作者が知ったら、彼は「chika、それは違うよ」と言うだろう。
 だってこの題名だと、アスカがシンジの姿をコピーしたシリコン系の人体スーツを着込むシーンを説明してしまうからだ。確かに表面上はそうなんだけれど、作者はおそらくアスカに自分の体内に「侵入」されて女性化しつつある「女々しいシンジ」の快楽と恐怖を表現したいに違いないのだ。だってシンジのチンポ半分勃起してるもの。

 ところでみなさんは「トラニーチェイサー」という言葉をご存じかしら。chikaがこの言葉を知ったのは若い頃に家族に隠れてこっそり読んでいたあるニューハーフ雑誌からなんだけど、自分もそういう傾向があるな?と思ってドキドキしちゃった。
 今でも性同一障害関連の話題に後込みしちゃうのはその傾向のせいで、chikaが憧れていたのは「両性具有」的な存在だったり、男と女をリバーシブルに行き来できる存在だったわけ。だからナニは当然、残しておくつもり。
 「トラニーチェイサー」は「トランベスタイト好き」「ニューハーフ好き」の男性のことで、chikaの場合その病が高じてという側面がなきにしもあらずなのよね、、。
 女性がお化粧して綺麗になるから女になったらお化粧するって感覚の子もいるけど、chikaの場合はお化粧して化ける事自体に興奮しちゃうし、その結果として「綺麗な女」になれればいいと思ちゃうんだ。
 それでそういった世界に手が出ない頃は、Webで海外のショービズで活躍してるドラァッグクィーン達の追っかけしてたわけ。

400c83ca.jpg

 確かに彼女達ちょっと「マツケンサンバ」入ってるけれど、その美女への化けっぷりの魅力には麻薬じみたものがあって、chikaの脳細胞は深刻なダメージを受けてしまったのよね。上のイラストでいうとシンジに完全に着替えてしまったアスカが今のchika、、。


395c2bab.jpg
 WebマスターであるJeffがエヴァンゲリオンの世界観を完全理解したうえで「アスカがシンジに着替えたら」を描いたとは思えないんだけれど、これはエヴァ世界への新しい回答になり得ていると思うんだけどなー。
 シンジ君的存在は、おかまを指向すべし。意識のメタプールで融合するより余程、洒落ていて現実的な処方箋だと思うけれど、、、。
 
PS 奈良の女児誘拐殺人、、、まだ犯人が捕まらない。逮捕までの空白時間がどんどん伸びていくことと、そしてその間の「そこまで事細かく捜査の進展具合を報道しなくてもいいんじゃない」って感じのマスコミ報道の逐一さ。
(警察と連携して意図してやっているのかも知れないけど)
 色々な意味で犯人をみすみす「劇場型犯罪」パターンの主人公にしちゃうような状況を作るべきじゃないと思うんだけど。仕方ないのかな、、。