Shrimp head

ニューハーフ女王様が展開するフェチ世界フィールドワーク。

偽造オンナchikaの憂鬱 しゃぶれどもしゃぶれども 

友達の輪(3) ハッテン猿(前)

500cccfffmnn6


 mayuです。
 おかげさまで、女装ライフも堪能して、良いお盆休みを過ごせました。
 その体験談はいずれ又の機会にmご紹介させていただきます。
 今週と来週は、つい最近始めた「友達の輪」シリーズの第2弾です。

    ・・・・・・・

 その日俺は会社の先輩達と飲んでいた。
 俺だけ帰る方向が違うので、先輩達はおのおの先に帰ってしまった。
 明日は休み、久しぶりにサウナにでも行く事にした。
 ここはノンケも行くサウナだが、密かにハッテン場にもなっている。
 この世界に入りたての俺は、最近この事を知った。
 5階のシネマルームと仮眠室がハッテン場になっていた。
 俺はガウンに着替え、風呂にも入らず真っ直ぐにシネマルームに向った。
 土曜のわりにはすいている。
 シネマルームの1番奥の真中のちょうど、スポットの下に25歳ぐらいの兄貴が、座椅子に座り、両足はあぐらを崩した様な格好で熟睡していた。
 薄暗いシネマルームのスッポトを浴びて、兄貴はエロいオーラに包まれていた。

19b00040pl

 その左隣にホモおやじがいた。
 多分兄貴の股間を触っていたのだろう。
 いや絶対に触っていたのだ。
 この後、俺にもそれがハッキリ確信出来た。
 俺は兄貴の右下の座椅子に座った。
 そっとおやじを見る。
 寝たふりをする。
 兄貴を盗み見た。
 超カッケー、髪は栗毛セミロングで顔は伊藤英明似、身体は伊藤よりもすじ筋だ。
 ガウンがハダケて丸見えだ。
 スゲーすじ筋、胸筋は乳首の下のところが1番の盛り上がり、スゲーいい形に盛り上がっている。
 腹筋は6個に割れ、ボコボコに盛り上がっている。

18b00040pl

 臍の形もかわいい。
 そして股間……勃起。
 完全に反りかえっている。
 長さは20㎝はないが、18㎝はある。
 太さもさすが太い、カリはエラが張っている。
 パンツの上からでもハッキリ分る。
 パンツのテントの頂点は大きなシミが広がっていた。
 俺はそっと兄貴の方を向いてから又、目を閉じた。
 2~3分後、ホモおやじが動き出した。
 俺はソット目を開けた。
 おやじは60代、ハゲである。
 おやじは右手で兄貴のちんぽをソット触っていた。
 親指と中指で亀頭や竿、又5本の指で金玉を愛撫していた。
 竿を上下する内に兄貴の我慢汁が噴出す。
 テントの先端にシミでてしまう。
 俺は兄貴の勃起したちんぽを見ていると、自分自身も完全に起っていた。
 この後20分ほどおやじは愛撫を続けていた。

17b00040pl

 しかし兄貴は熟睡中、ちんぽをギンギン起たせ口を半開きにさせ、寝息をたてていた。
 おやじは俺が覗いているのを知っていたようだ。
 兄貴のちんぽを触りながら、俺を見てニヤッと笑った。
 俺を手招きした。
 俺は兄貴の真下へ移った。
 おやじは俺の右手を握って、兄貴のちんぽを握らせた。
 スゲーデケー。
 俺のちんぽは反りかえってビクツいた。
 兄貴のちんぽをパンツの上から愛撫した。
 優しく、エロく、いやらしく、兄貴の勃起したちんぽを愛撫した。
 兄貴のちんぽからは我慢汁が次から次へと泉の様に流れ出てきた。
 俺のちんぽもビクツキ小刻みに震え、我慢汁でテントにシミが出来ていた。
 しかし兄貴は起きない。
 俺は夢中で愛撫し続けた。
 俺の股間を見ていたおやじは、俺のちんぽを握って来た。
 俺はおやじにちんぽを握られるのはいやだった。

16b00040pl

 断るとすんなりと受容れた。
 俺は我慢出来なくなっていた。
 男との経験はそんなに多くない。
 こんなカッケーノンケの?兄貴のデカちんを触る事がない。
 兄貴のちんぽを直に触りたい、扱きたい、嬲りたい。
 俺は筋肉質の左側の太股とパンツの隙間に右手を伸ばした。
 そして中へ、そっと入れた。
 金玉に触った。
 玉袋は伸びきっていた。
 金玉も大きい。
 そして左手でパンツを持ち上げ、右手はさらに奥へ…。
 兄貴の股間にそびえ立つちんぽを握った。
 我慢汁のせいか、ちんぽは湿っていた。
 ズキンズキン脈打っていた。
 暖かかった。

15b00040pl

 兄貴のちんぽを鷲づかみに握り、パンツの裾を左手で持ち上げ、引っ張り出した。
 外気の空気に触れ、オスの匂いがむっとした。
 その瞬間、ほんの一瞬兄貴はうっすらと目を開けた。
 そして両足を投げ出した。
 その拍子で金玉もパンツから飛び出た。
 しかし又目を閉じて寝息をたて始めた。
 5分経った後、おやじは待ってましたとばかり、兄貴のちんぽを握った。
 兄貴は起きない。
 おやじは愛撫する。

14b00040pl

 我慢汁が流れ出す。
 亀頭を愛撫する。
 我慢汁が流れる。
 手を離して、俺に兄貴の勃起したちんぽを見せる。
 6個に割れた腹に、それは乗っかりヒクツイテいる。
 小刻みに震え、鈴口からは我慢汁が溢れ、鍛えぬかれた腹筋と太い竿に流れている。
 この行為を数回繰り返した後、おやじは兄貴のちんぽを口に入れた。
 兄貴はまだ起きない。
 おやじは上手そうに咥えている。
 俺は我慢出来ず、自分のちんぽを握っていた。
 おやじは始めゆっくり生尺していた。
 舌で亀頭や竿を嬲りながら、頭をゆっくり上下に振って、右手の掌で金玉転がしながら…。
 兄貴が起きない事をいい事に、おやじのバキュウムフェラが始まった。
 数分後、状態は変わった。
 兄貴が目を覚ましたのだ。

13b00040pl

 ああん、んなにしてる……。兄貴が慌てて言った。
 ホモおやじは兄貴のその声で口からちんぽを出し、ビンビンに起ったちんぽの亀頭を嬲り、そして太竿の根元まで扱く。
 この行為を2回ほど繰り返して席を立った。
 おやじが手を放したので、デカちんは勢いよく鍛えぬかれた腹筋に、音をたててぶつかり跳ね返った。
 その瞬間、兄貴のデカちんは射精を始めた。
 うう、ああ~ァァ…。兄貴は射精の瞬間、腰を浮かせ仰け反った。
 1発目、兄貴の頭上を越え後ろの壁へ命中、
 2発目、自分自身に顔射、
 3発目、カッケー割れた胸、
 これと同時に兄貴は腰を降ろした。
 4発目、6個に割れた腹、その後は亀頭から溢れるように、竿に幾重にも流れ落ちた。
 精子は兄貴の金玉まで流れ落ちていった。
 この射精と快感で兄貴はおやじを追う事が出来ない。
 このまましばらく、放心状態だった。

12b00040pl

 ハッキリ言って俺はこのままシコリたい気分だった。
 こんなかっこいいノンケの?兄貴のいく瞬間を、見る事が出来るなんて幸せだと思った。
 俺はこの頃、男との経験がほとんどなかった。
 俺のちんぽはこれ以上無理だと思うほど起っていた。
 兄貴は我に返り、脇に置いてあったタオルで、顔、胸、腹を拭き、まだ硬さの残るちんぽの亀頭にタオルをあてた。
 敏感なちんぽのため兄貴の身体はビクツいた。
 そして兄貴は半起ちのちんぽをパンツにしまった。
 その後、兄貴は壁に命中した精子を拭いた。
 精子は壁まで流れ落ちていた。
 多少悔しそうに拭いていた。
 不意の射精が原因なのか、ホモおやじを捕まえる事が出来なかったのが原因なのか、俺には判らない。
 兄貴は席を立った。
 俺は勃起が納まるまでしばらくそのままで居た。
 そして俺は兄貴を追った。

11b00040pl

 各階を見たがいない、そのまま風呂へ行った。
 俺はガウンを脱ぎ中へ入った。
 兄貴は入り口の横にあるシャワーを浴びていた。
 さっきまで気がつかなかったが、兄貴は背が高かった。
 180㎝はないがカッコイイぐらい背が高い。
 そしてあの鍛えぬかれた筋肉。
 ボディーソープをつけ、シャワーの温水が跳ね返る。
 頭から浴び、胸、腹、股間とお湯が流れる。
 俺は兄貴のあまりの美しさにドキドキした。
 そしてちんぽはビンビンになった。
 俺は股間にお湯を掛け湯船に入った。
 兄貴は身体を拭き、サウナへ。
 俺はちんぽが多少納まるのを待ってサウナに。
 中は俺たち2人だけだった。

10b00040pl

 兄貴は股間を隠していない、兄貴のデカちんは丸見えだった。
 多少半起気味だった。
 俺は少し離れて座った、俺の股間も兄貴に見える様に…。
 「よく来るんですか?」俺は聞いてみた。
 「いや、たまにしか来ない。」と俺を見ながら兄貴は言った。
 「飲んだ帰りですか?」
 俺も兄貴を見ながら聞いてみた。
「彼女と別れてのやけ酒さあ。」
 兄貴はタオルで顔を拭きながら言った。
「そうですか、すげーカッコイイのに、それにデカイですよね。」
 俺は照れくさそうに言った。
「俺オクテだから、、まあちんぽはデカイとよく言われるなあ。」
 兄貴は半起ちのデカちんに手をあてた。
 兄貴は彼女の事、セックスの事などいろいろ話してくれた。
 バリバリのノンケだった。

9b00040pl

 ただ、乳首とアナルが感じると恥ずかしそうに言った。
 ソープではいろいろやってもらうみたいだが、彼女では無理と言った。
「ホントデカイですね……。」
 俺はシゲシゲと見た。
「ところできみのそれは何んだい。」
 兄貴は俺のちんぽを見ながら言った。
「これはコックリングっす。」
 俺は金のコックリングをつけていた。
 兄貴は不思議そうに見ていた。
「朝起ちの時なんかスゲービンビンになりますよ、勿論セックスの時なんかも…。」
 俺はちんぽのコックリングを触りながら言った。
「そうなんだ、ああ、一発やりてー、はめてー。」
 兄貴はデカちんを握りながら言った。
 さっき出したばかリなのに、又抜きたいなんて。
 多分、男じゃなく、女とマジにやって感じたいんだなあ、と思った。
 そのまま兄貴は、デカちんを擦っていた。
 デカちんは100%勃起した。

8b00040pl

「デッケー、ほんとデカいっすね。俺も起って来ました。」
 俺のちんぽは見事起った。
 コックリングも手伝ってか、ビンビンだ。
 腹の上にビクンビクンと脈打っている。
「スゲー元気だなあ。」
 兄貴はニヤ付いて言った。
 そのままデカちんを2~3度扱いて言った。
 じゃお先…。
 右手を振り出ていった。
 目で追って見ていると、軽くシャワーを浴び、風呂を出ていった。
 俺は兄貴を追って出た。
 ラウンジやシネマルーム、トイレなど探したがいない。
 最後に仮眠室へ行った。
 カーテンをそっと開けた。
 入り口のベットに2人ほど寝てたが、後はいなそうだ。
 その時微かに、ちんぽを扱いている音と喘ぎ声が聞こえた。
 そっと奥へ行ってみる。
 真中あたりのベットで寝ている人の足が見えた。
 そっと覗いた。
 デカちん、扱いている手、兄貴の顔、そっと入り口にもっどて、カーテンを音が出る様動かし、兄貴のベットの向いに横になった。
 これから兄貴と俺との淫らな関係が始まるのだ。

7b00040pl

 兄貴のベットを見ると、兄貴は寝たふりをしている。
 ガウンはハダケ、パンツは大きなテントを張っていた。
 勿論、俺のちんぽはビンビン起っている。
 俺はおもむろにパンツをめくり、勃起したちんぽを扱いた。
 手にローションをつけグジョグジョ音をたて扱いた。
 ちらっと兄貴はこっちを見た。
 ハッキリ目を開けこちらを見た。
 「あっああ、あっ、あっ。」と声を出しながらグジョグジョと亀頭中心に嬲った。
 兄貴と目と目が遭いそうになった。
 俺は目を瞑って、そのまましこった。
 しばらくして、ちんぽをパンツにしまった。
 俺は寝たふりをしていた。
 そのまま張ったテントは小刻みにビクンビクンと動いていた。
 兄貴はそっと目を開け、俺を見ていた。
 次に兄貴は俺の事を寝たと思ったのだろうか?
 又、しこりだした。
 デカイちんぽを音をたてグジョグジョと、又乳首も愛撫したり、いつもやる様にやっているんだろう。
 俺はわざと寝返りを打った。
 兄貴は慌ててデカちんをしまった。
 俺は又ちんぽを出し嬲り始めた。
 しばらくして又、止め、ちんぽをしまった。
 兄貴も時間を置き、デカちんを扱き始めた。
 そんな事を2回ほど繰り返した。
 兄貴はもう我慢出来そうにもない様で、声を出し、亀頭を嬲り、竿を扱き、金玉を揉み、乳首を摘み、アナルを愛撫していた。
「ああ~いいい、うんん、おうういいいよう。」
 兄貴は乱れていた。

6b00040pl

 このノンケの兄貴を犯したいと俺は思った。
 まだいって欲しくないと思った。
 俺は右手をパンツに当て勃起したちんぽを握った。
 兄貴はそのまましこっている。
 俺も我慢の限界だ、パンツを降ろしちんぽを嬲った。
 俺のちんぽからはグジョグジョ音が出ている。
 兄貴は気が付いた様だがもう止まらない。
 俺の方を見てニヤリと笑った、そして今だと思った。
 俺は兄貴の隣のベットに移った。
「俺、兄貴のセンずり見てたらビンビンになっちゃったよ。」と兄貴のちんぽを見ながら言った。
「お前もスゲーエロいずりセンだなあ。」
 兄貴は俺の目をじっと見据えて言ってきた。
「兄貴これスゲー気持ち良いっすよ。」
 俺はローションを見せた。
「なんだこれ???」兄貴は聞いてきた。
「ずりコキローション!!!」俺はニヤつくて言った。
「どう使うんだ???」兄貴は目を輝かせた。
 俺は右手にローションを付け兄貴のちんぽを握った。
「うう、効くぜぇ、あああ、いいい。」
 兄貴は仰け反った。

5b00040pl

「ねぇ!兄貴、奥の柱の影のベットに行こうよ。」
 俺は奥を指差し言った。
「ああ、いいぜぇ。」
 兄貴は軽く答えた。
 二人は奥のベットへ移った。
 このベットは端にあるため少し幅が広い、このベットに二人で横になった。
 互いにちんぽを握り合った。
 ローションに濡れたちんぽはグジュグジュ音をたてた。
「ああ、いいぜぇ、そこカリのところ感じる……。」
 兄貴のデカちんはよがって、我慢汁が吹き出ている。
 兄貴は空いている左手で自分自身の乳首を愛撫し出した。
 そろそろだと思い、俺は兄貴に体位の変更を言ってみた。
「兄貴、座ってやろうぜ……」兄貴に言うと快くうなずいた。
 俺達は向かい合って座った。
 俺の両足は兄貴の左右の太股の下に回し、身体を兄貴に引き付けた。
 そして互いのいきり起ったちんぽを握りあった。
 兄貴のデカちんを嬲りながら、乳首を愛撫した。

4b00040pl

 ああう、うん~ん、スゲー感じる。兄貴は目を潤ませ感じていた。
 俺も、だんだんちんぽが熱くなってきた。
 伊藤似の兄貴の抜きテクは結構感じた。
「ああ、兄貴、女とやってるみたいだ。」
 俺はよがりながら言った。
「お、俺もスゲー感じるよ、ホント女抱いてるみたいだ…。」
 俺の腰に両足を絡めて兄貴は言った。
 もう限界だ、これ以上兄貴に扱かれたらいってしまう、俺は次のステップへと進んだ。
 俺は兄貴の乳首を吸った。
「おおお、ああううん、うううんんん。」
 兄貴のちんぽはビク付いた。
 そして俺は左手にローションと唾液をつけ、兄貴のアナルを愛撫した。
 そう、俺の口は兄貴の左右の乳首。
 また、俺の右手は兄貴のデカちん。
 最後に俺の左手は兄貴の初アナル。
 兄貴は狂った様に、声を殺しながら喘いだ。
 そしてそのままベットへ倒れた。
 俺は兄貴の上に乗り、3点攻めをそのまま続けた。
 兄貴の両手は俺を抱きしめている。
 雄たけびを上げながら喘いでいる。
 こいつのケツに入れたい、
 こいつと一つになりたい、
 こいつを俺のモノにしたい、
 俺は上半身を起こし入り口を見た。
 もうこの部屋には、俺達以外は誰もいない。

3b00040pl

 俺は兄貴のケツに顔を埋めた。
 アナルに舌をつき入れた。
 左手でケツの肉丘を愛撫し、右手でデカちんを嬲った。
「おおうんん、いいぞう、ああもういきそうだあ。」
 兄貴は低くうめいた。
 これでいかれちゃ困るぜ。
 俺はすばやく自分のちんぽにローションをつけ、兄貴の両足を九の字に曲げ、持ち上げた。
 女の舌や自分の指では開発しているが、それ以上太いものを食わえ込んでいない、
 処女のピンク色したアナルが丸見えになった。
 俺は一気にアナル目掛け突き刺した。
 俺のちんぽはずずずずっつ、とスムーズに兄貴のアナルに入った。
「ううんんん…。」
 息を殺て兄貴は仰け反って、俺のちんぽを全て受容れた。
 俺はゆっくり腰を動かしながら、上半身を倒し乳首を吸った。
 兄貴のデカちんは取りあえず無視である。
 しかしズキンズキン脈打っているのが判る。
 何故なら、脈打つたびアナルに伝わって来ているからだ。
 乳首の愛撫を両手に変え、兄貴にキスしてみた。
 始めは顔を叛けたが、唇からは喘ぎ声が止まらない。
 隙を見て、唇を重ねた。

2b00040pl

 今度はすんなり上手くいった。
 兄貴の喘ぎ声といっしょにネトッと湿った舌が絡んで来た。
「うっぐ、うう、うっぐ、ううんんん。」
 兄貴は俺の舌を吸っている。
 俺は思った、兄貴はこれで落ちたのだ。
 男と始めてのキス。
 指以外にいれた事のない処女アナルに、ちんぽが入っている。
 もう後戻りはできないぜぇ、ノンケの兄貴よ。
 兄貴の両足を俺の両肩に掛け、俺の腰は激しく兄貴のアナルを突いた。
 兄貴の上半身は海老ゾリになって、俺のちんぽを受けている。
「あ、兄貴、スゲーよう、マンコみたいだ。」
 女性の膣の様にグジョグジョ音をたてている。
 兄貴のアナルの奥は俺の我慢汁とローションと腸汁で、溢れかえっている。
「うおおお、こんなの始めてだア、もっと突いてくれエ、もっとだあああ。」
 兄貴は雄獣の様に頭を振り乱し、女の様に俺の腰に両足を組、両腕を俺の背中に回して引き寄せた。
 そして俺の唇にむしゃぶりついた。

1b00040pl

「ううう、うあがあああ、うがくくくうううう。」
 兄貴は言葉にならない喘ぎ声で感じている。
 兄貴のアナルは痙攣を始めた。
 俺もこれ以上はもう無理だった。
「兄貴、俺いきそうだ。」
 俺は上半身を起こし兄貴の両足を、又俺の両肩に掛け力いっぱい腰を振った。
「うおおお、スゲー、俺もイクゾウウ。」
 兄貴は俺の目をじっと見つめて言った。
 俺の右手を兄貴のデカちんに添えた。
 ああいいい、スゲー、スゲエェェェッッ、中でだせェ。兄貴の射精が始まった。
 その瞬間アナルが、キュキュッと音がするほど絞まった。
 ああ、兄貴のケツ絞まる…。
 俺も兄貴の中へ出してしまった。
 兄貴の精子は兄貴の頭上を越え壁に命中。
 2回目だと言うのに勢いがある。
 兄貴の顔や胸や腹に大量の精子が降り注いでいた。
 俺はその上に上半身を倒した。
 兄貴はソット俺を抱きしめた。


500mlxaaa






h_1169blmc00004plBe My Bride... ウェディングドレスに憧れ続けた美少年 女装子DEBUT 葵23歳

ブライダルのスタッフとして働く美少年、葵君(23)。彼が幼少期より心に秘めていた願望は、ウェディングドレスを着てみたいという事。ブライダルの仕事もその願望が高じて始めたとの事。女装願望があるわけでもないらしい。スタッフは彼の夢を叶えることにした。ただし、女装AVに出演するという条件と引き換えに…。




















btis00070pl美少年強制女装屈辱アナル絶望アクメ 風香

風間は人懐っこい顔が受けるのか、女には不自由しないモテ男。だがその顔とは裏腹にとんだDV野郎だった。被害報告を受けた「男性女体化研究所」は早速、拉致監禁。女装の上、「風香」と名付けられ、あらゆる手段で強制的に女としてイカされる。しかし電動ドリルがケツマ○コを直撃する頃には、倒錯的な快感に目覚めはじめ、とうとう悦楽の叫びを上げるのだった!





















b00050pl女装美少年 31 奈々

フェミニンな美少年ダイスケくん。顔つきがどことなく中性的で、昔から女装に興味をもっていたが、普通に彼女がいて普通にアパレルで働いている。我々女装のプロによって初めて女装美少年「奈々」に生まれ変わる。さっそく変態中年二人がセクハラ。声はまだ男のままで恥ずかしがるナナ。その股間は露になった亀頭が大きく勃起している。男の手で感じてしまっていることを頑に否定する奈々。しかし性感はどんどんと高まりついには男の陰茎を口淫。一線を超えたナナは快感にまかせるまま男の体にむしゃぶりついていく。



















b00047pl女装美少年 29 恵那

中性的な外見のケイスケ君。彼は普段AVを観ていてもついつい男優の方を見てしまうそう。そんな彼がプロの手によって女装美少年「恵那」に生まれ変わる。ソファーに座る恵那に監督と変態中年がにじり寄る。知らないオジサン達に乳首を触られ身を固くする恵那。しかし股間のでっかいブツはむくむくとスカートの下で膨らんでいた。おじさんがそれをじゅぽじゅぽと下品な音をたてながら咥えていく。「AV女優になれてうれしいです」菊門を開発されながら手コキ「ミルク出ちゃうっ!」と豪快な発射。




















b00039pl女装美少年 25 志保

長身のイケメン保志くん。友達とふざけて女装したのが忘れられず、美少年出版社に応募してきた。普段のセックスでは受け身なヤリチン保志くんが女装をすると、敏感すぎる美女装娘「志保」に生まれ変わる。変態中年が二人がかりで志保の性感帯を責めて行く。中年の中指が可憐な菊門に入ると「きもちいいです…上の中が気持ちイイです」と素直な反応。すっかりとろマンになった菊門に男は陰茎を沈めていく。陰茎に貫かれている志保の脚は男の腰をがっしりと掴んでいた。志保はたしかに21歳の女である。




















b00036pl女装美少年 22 尚美

純朴そうな美少年ナオトくん。以前バイト先の仮装イベントで女装したところ、変態おじさまに「かわいいね」とふざけた感じでお尻を撫でられたのが忘れられず、より完璧な女装をすべく出演。プロの腕前で尚美になった彼に変態中年二人の手が伸び……プリ尻を露にされアナルを舐められ感じてしまう。中年の口淫と菊門愛撫で未知の快感を得、自らも中年の陰茎を咥えこんでいく。興奮でとろとろになったケツマ○コで中年の陰茎を受け、身も心も女に。最後のバイブ責め大量ミルク発射は必見!!



















b00023pl女装美少年 15

一見普通の男の子。それなのに女装をすると、まるでホンモノのオンナノコ。しかし最初はまだ照れがあるのか、明るく振る舞う女装娘。だが現れた二人の変態中年にジワジワと言葉巧みに攻められているうちに、目つきが変わり、その精神は女性へと変貌を始めるのだった。男根型巨大クリトリスをしごかれ、舐められ、肛門型おまんこに指をぶち込まれ、ついには変態オヤジのイチモツが挿入。身体は男でも精神は完全なる女となった彼は大量射精で天へ。


















































お盆休みのお知らせ

bb00026ps

 今日はmayuです。
 暫くの間、ちょっと遅れたお盆休みを取らせていただきます。
 chika姉様は、相変わらず二つのお仕事に没頭中です。
 なので、今回はちょっと休憩です。
 お詫びに、、と言っては変ですが、mayuが女装した時に一番似てると言われてる「ゆうや(華神)」君のビデオスナップを。
 あっ、ちなみにmayuはゆうや君より少し年上です。
 ボディは彼と一緒でちょっとゴツイです(恥ずかしー)。

11b00025pl

10b00025pl

9b00025pl

8b00025pl

7b00025pl

6b00025pl

5b00025pl

4b00025pl

3b00025pl

2b00025pl

1b00025pl



500kkkunpra





友達の輪(2) 咥えていいとも!

500hjoiooooffff22

「あぁぁ!くはぁっ!」
 射精とは違う何かがこみ上げてきました。
「だめ、漏れちゃう!止めて!止めて!とめてぇ!」
 体がのけぞって、足が伸びきった状態で、ボクは人生初の潮吹きをしました。
 射精ではないので、勃起はしたままです。
 先生はまだひねりを続けていました。
「あぁぁ…うぅぅ…また…出…る…!」
 同じように体がのけぞり、二発目の潮吹き。
 男なのに女のように潮を吹かされて、あえいでる自分に驚きました。
(やばい…気持ちいい!もしかしたら…)
 そんな感じに考えていました。
「二発とも結構な量だったね。」
 先生は満足そうでした。

17btis00079ps

 潮(お○っこ?)とガマン汁でぬるぬるになったボクのチンコを先生はゆっくりとしごいています。
 射精できそうで、少し足りないくらいの絶妙なスピード。
「お願い、もっと早くしてくだ…さい…!」
 のたうちながら、必死でお願いしましたが、先生の手はスピードを上げませんでした。
「気持ちいい…いけない…いきたい、いきたいよう…」
 歯を食いしばりながら、必死で懇願するのですが、全然聞き入れてくれませんでした。
 先生は手を止めると、今度は丸ごと口に入れてしまったのです。
「あぁん!」
 女みたいにあえいでしまいました。
 先生の頭を抑えたのですが、頭を抑えても先生の舌はどうしようもなかった。
 舌は中で亀頭を舐めまわしたり、割れ目に差し込んで、動かしたりと、やりたい放題でした。
「あぐぅぅぅぅぅ、あぁぁ、だめぇぇぇ…」

16btis00079ps

 体がのけぞったり、前に折れたり、横に振れたり、もうあえぎまくっていました。
 先生はしばらく楽しむと、ピストンのように、口から出したり入れたりを繰り返し始めました。
 10秒もしないうちに射精に向うボク。
 その状態でも、舌は亀頭をいじめていのです。
「出る!出ちゃう!先生!早く、口から出して!出して!」
 必死でこらえるのも限界が来てるのに、先生はそのままピストンを続けています。
 先生は飲み込む気でした。
「先生!いく!いく!いっちゃうぅぅぅぅ!」
 体が反って、射精しました。
 先生が思い切り、ボクのチンコを吸うから、強制的に出されてるように、どんどん出ていく。
「あぁぁぁぁぁぁ…」

15btis00079ps

 射精が終わるまで、ひたすらあえいでいましたが、出し終わると、もう何もしゃべれませんでした。
 どんなセックスよりも激しく新しい快感を短期間に一気にぶつけられ、体中が疲れ切っていました。
「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」
 息が切れました。
 先生はしばらくボクの頭をなでると、ジュースを持ってきてくれました。
「今日はこれで終わり。明日以降来るかは自由だから。」
「はい…」
 そうは答えたものの、ボクの答えは決まっていました。
 さらに先に進みたくなっていたのです。
 一日で先生はボクを洗脳したのです。

14btis00079ps

 次の日、朝起きると、全身が疲れ切っていて、夕方まで寝ていました。
 そして、次に起きた後、ボクは先生の玄関の前にいました。
 昨日の快感を考えるとボクは我慢できなかったのです。
 チャイムを押します。
「来たんだね。」
 先生に向え入れられたボクは昨日と同じベッドルームに入りましたが、ボクは驚いてしまいした。
 ベッドの上にはいろいろな長さ、形の棒が並んでいたのです。
「今日はこれ使って、将生君を女にしてあげるから」
 本来なら、こんな棒でアナルを開発されるなんて辱めは受けたくないはずでしたが、昨日の快感を与えてくれた先生への信頼感からか、それを断る気になりませんでした。
「はい…」
 ボクが答えると先生はボクを連れて、風呂場に行きました。
「しゃがんで、うんこする時みたいに、力んでみて」
 ボクが力むと、シャワーを当ててきました。
 先生は丁寧に洗っていきます。

13btis00079ps

「うぅぅぅ…」
 浣腸されてるみたいに洗浄されてる感じでした。
 洗浄が終わると、ベッドに戻り、四つん這いになります。
 先生がオイルを手に付けて、背後に入るのが見えます。
 肛門に指が当たって、ヒヤッとしました。
 丹念にアナルに塗り込まれます。この時点で少し気持ちがよかった。
 しばらくすると、するするするっとアナルに先生の指が入ってきます。
「はぁっん!」
 体がビクッとしてしまいます。
 先生の指は最初は出し入れされるだけでしたが、少し経つと少しぐりぐりと拡げるようにいじってきました。
「あ、ちょっと!…あうぅぅ…」
 指1本とはいえ、アナルの中をかき回されるのは初めてでどう耐えればいいかわかりませんでした。
 ボクはシーツをギュッとつかんで、耐えていました。
 気持ちがいいのか、痛いのか、くすぐったいのかわからない感覚でした。
 唐突に先生が指を一気に引き抜きます。

12btis00079ps

「わぁぁ!」
 突然、抜かれて、強制的に排泄をさせられる感じでした。
 先生が指2本にオイルを塗りたくっています。
(まさか…)と思ったと同時に、指が2本入って来ました。
「ぐぅぅぅ」
 歯を食いしばります。
 同じようなピストンでも異物感が全然違います。
 直腸に詰まってる指がピストンされるだけで、壁が擦り上げられるようで、頭までズーンと響く快感が走ります。
 気づくとすでにチンコはビンビンになって、汁が垂れていました。
 先生の指が中で曲がる感覚の後、チンコの裏を先生の指先がぐりぐりと擦る。
 前立腺攻めです。

11btis00079ps

「だめぇ…」
 話す暇がないくらい快楽が次々と襲って来ました。
 その前立腺の中でも感じてしまう場所があって、そこを擦られると我慢できないのです。
「はぁはぁはぁ…あっ…はぁ…はぁ…あんっ」
 先生は満足したように指を引き抜くと、3本に増やした指で丹念に穴を拡げました。
 アナルが指3本を飲み込むくらいに拡がってしまったのです。
 先生が十分に拡げた後、先生がボクを上に向かせました。
 先生はギンギンになった、先生のチンコにオイルを塗っていました。
 光る先生のそれはとても大きくて、黒く筋が立ってて、エロかったのを覚えています。
「入れるよ。」
「はい…お願いします」
 ボクはもう待ち遠しかったのです。

10btis00079ps

 先生が開発してくれたアナルを犯されたら、ボクはどうなっちゃうんだろうと考えていました。
 先生はゆっくりと中に入れてきました。
 指なんかとは比べ物にならない大きさ、熱さ。
 そして、今までとは違い、少し凹凸があるのをアナルで感じました。
「うぅぅぅぅ…」
 息を吐きながら、腰あたりがジンジンする不思議な快感に耐えていました。
 先生はズン…ズン…とゆっくり突いて来ます。
 いつものように(犯されてる…男に掘られてる…)と考えるだけで、興奮しました。
 先生のテンポで快感が襲ってきて、もう口を閉じていられませんでした。
「あっあっあっあっ…」
 先生がつくたびに、「あっ」っと声が漏れてしまうのです。

9btis00079ps

 先生はしばらく慣らした後で、その動きが突然激しくなりました。
 ガンガンとさっきのボクの弱点周辺を突いたり、こすり上げたりしてくるのです。
「あうっ、はげっし…い…、はんっ!はぁっ!うっ!あんっ!」
 女子のようにあえいでしまいました。
 ボクはもう先生の女みたいでした。
「あぁぁ!あぁぁ!」
 先生のリズムであえぐ。
 先生のチンコが奥の方まで入り込んでくると、おなかの中を突き上げられてるみたいでした。
「ダメ!激しすぎ!いく!いく!いく!いくぅぅぅ!」
 ボクのアナルが締まると先生も「いい。ボクもいく…!」と中にぶちまけました。
ボクは「うぁぁぁぁっーーー!」と雄たけびをあげながら、たくさんの精液を周りに体にぶちまけました。

 事が終わり、先生がチンコを引き抜くと、どろっと先生のが流れ出ていきます。
 先生のセックスの激しさのせいで、ボクはアナルを締められず、流れ出る先生の精液を止められなかったのです。
「はぁ…はぁ…」
 ボクがベッドの上でぐったりしてると、先生はボクをなでながら、言いました。
「今日はこれで終わりではないよ。」
 先生はぐったりしているボクをうつぶせにしました。
「締まらないうちにちゃんと開発しとかないとね。」
 先生はボクの手足を軽く拘束しました。
 足は折り曲げて縛り、手は後ろに縛られました。

8btis00079ps

「これは…」
 ボクが恐くなって聞くと「これからするのは苦しくなるくらい気持ちいいから、抵抗できないようにしとかないと。でも、これを乗り切ればいろんなことできるようになるから。」
「はぁ…」
 ボクは内心少し期待してしまっていました。
 オナニーしたときは1回出すと、もうする気もなくなるのに、まだ全然気持ちよくなりたかった。
 先生は太いチンコの形の棒を手にとりました。
 先生のくらいあるその棒にオイルを丹念に塗っています。
 先生はボクを仰向けにすると、ゆるくなっているボクのアナルに太い張形をねじ込みました。

「あうぅ!」
 貫かれる瞬間の衝撃が突然来ると、痛いわけではないのですが、苦しくなって来ました。
 先生はその太い張形を出し入れしました。
 ズコズコと貫かれる。
 気持ちいいんだけど、すごい異物感で苦しいのです。
「あぐ!あぐ!ぐぅ!ぐぅ!」
 押し込まれるたびに叫んでしまいます。
 さっきいったばかりのチンコがビンビンになっているのがわかりました。

7btis00079ps

「だめ、壊れる…止めて…」
 脳みそが破壊されそうでした。
 気持ちいいのか、苦しいのか、もう全然わからなかった。
 チンコの先から、精液がじわじわと漏れて行きます。
 常時いってるみたいな状態なのです。
「いく!いくぅぅ!」
 体がのけぞって、一気に絶頂へ。先生は手を止めました。
「はぁ、はぁ、はぁ…」
 もう、意識が飛びそうでした。
 先生は奥まで張形を押し込むと、それが中に入ったままにするように器具で止めました。

6btis00079ps

「え?」
 ボクが次はなんだ考えていると、カチッという音がしました。
 張形が震え始める。
 これはバイブだったのです。
「あぁぁぁ…だめぇ…」
 腰全体を振動が伝わりました。
 アナルだけじゃなくて、チンコまで伝わって来ます。
 先生は椅子に座って、ボクをみています。
「はぁぁ、はぁぁぁ…」
 もう立たなくなったチンコからも、とろとろと精液が流れます。
 体はべたべたでした。
 いきんでも、バイブは外に出ず、いくとアナルが締まって、さらに追い詰められるのです。
「い……く……」
 もう体が飛び跳ねることもない。
 少し身震いするだけでした。
「また、いっちゃう…死んじゃう…」

5btis00079ps

 今度は静かに体がのけぞって、ゆっくりいくみたいでした。
 もう限界だと思った時、先生はバイブを止めて、引き抜きました。
 声も出ず、体がヒクッとだけしました。
「よく頑張ったね。これでおしまい。」
 先生はボクの体を風呂で洗いました。
 先生の手が触れるだけで、感じてしまうのです。
 全身が性感帯になったみたいでした。
 きれいに洗われた後、ボクは先生のベッドの上で寝てしまいました。
 もう動けませんでした。


 次の日もボクは自主的に先生の家へ行きました。
 体の節々が痛かったものの、性欲が抑えられなかったのです。
 先生はボクを迎え入れて、どのようなプレイをしたいかを聞いてきました。
「シュンスケはもう開発が終わったから、だいたいのことはできるよ。」
 ボクは恥ずかしかったけど、自分の考えを口にしました。
「本気でセックスしてみてほしいです。」
 ボクは先生が手加減しているのを知っていました。
 一度、全力で先生を味わってみたかった。
 先生は静かにベッドに座ったボクに、キスをしてきました。
 先生の舌が入って来ます。

4btis00079ps

「ん…!」
 何だか感じが違う。
 びっくりしたけど、受け入れました。
 自分の性感が変化しているのでしょう。
 先生はやはりキスがうまかった。
 舌を吸ったり、口の中を犯された気分。
 先生はそのまま、ボクのTシャツを脱がすと、横たわらせました。
 先生もTシャツを脱ぎます。
 先生の体は固くて、大きかった。
 ボクは先生のキスを受けながら、先生の体に手をまわしていました。
 何分続いたかわからないキスが終わった後、ボクは上半身に情熱的な愛撫を受けました。
 乳首へのキスから、脇に這う手、首筋を舐められて、ボクは愛撫を受け続けていました。
 先生はボクに下を脱ぐように言うと、自分も脱ぎました。
 先生のチンコはギンギンにたっていて、反りかえっていました。

3btis00079ps

「将生にそんなこと言われて興奮しちゃった。しゃぶってくれる?」
 たしかに、先生のそれは昨日よりも大きく、固そうでした。
 先生の男の臭いが鼻をつきます。
 ボクは女子がするようにそれを丹念になめまわしていきます。
 先生の臭いがボクを興奮させます。
 本当にボクは先生の愛人になったんだ、ボクはそう思いながら、先生のを頬張りました。
 先生は一向に射精はせず、ボクの下手なフェラを楽しんでるみたいでした。
 先生はうつぶせになって、69みたいな体勢になると、ボクのアナルを拡げはじめた。
 昨日散々に犯されたアナルはいとも簡単に広がってしまって、ボクは先走りを滲ませながら、悶えました。
 そうやっている最中にも先生の指がボクの中を掻いていきます。
「じゃあ、始めようか」
 先生はボクの口から引き抜いて、正常位になり、先生の大きなチンコをボクの愛人マンコに挿し込みました。
「あぁ…」
 先生のチンコが奥まで入ってきて、リズミカルにピストンします。
 貫かれる感じで、抜いては入れてきました。
「あん!あん!…」
 声が出始めました。

2btis00079ps

 先生は3回ぐらい浅く入れて、1回一気に深く挿し込みました。
 浅めの回で高まった期待を深い1回が解放していく、そんな感じです。
「んっんっあぁぁっ!」と、恥ずかしさも忘れてあえぎ続けて、短い間にいってしまいました。
「い…く……!!!」
 ボクはいっても先生はいってなくて、より激しく犯されました。
 1回1回深くえぐりこんでくる。
 あえぎながら、先生の射精を待つ間にも、何回もいって、ボクのチンコはぐちゃぐちゃになっています。
 先生はしばらくすると、挿し込んだままボクを上にのせて、横になりました。
 騎乗位です。
 自分の気持ち良いところにあてることができる。
 でも、自分で快楽を認めて腰を振らなきゃなりませんでした。
「あんっあんっあんっ」
 先生の上ではねながら、あえぎます。
 1回先生の上で痙攣するくらいの絶頂を迎えたけども、先生はいかないのです。
 アナルはボクから出た液で、はねる度に、ぐちゃぐちゃと卑猥な音をたてています。
 先生はこれでしばらく休めたのか、1回抜いて、ボクを四つん這いにさせました。
 バックでつき始めます。
 先生の太くて長く、反りかえったのを、後からえぐり込まれると、息がつまりそうでした。
「ぐぅぅ…」
 鼻水を垂らしながら、あえぎます。
 ボクがいくたびにアナルが自動的に締まって、さらに気持ち良くなりましたが苦しかった。
 普通にしてても快楽でダメになりそうなのに、アナルを締めないと先生がいく前に、ボクが死んでしまいそうでした。
 先生の動きが少し速くなって絶頂の準備に入ったのが判りました。
 先生のチンコがどんどん張ってきて、アナルがいっぱいになります。
「あぐ、あぐ…苦し…い…」

1btis00079ps

 ボクは意識が飛びそうな中、先生の絶頂に備えました。
 昨夜の経験で、いくときには先生のは大きく波打って、ボクはそれでいってしまうから。
 しばらく、ボクが死にそうになってる時、突然先生のが波打ちました。
「いくよ」
 先生がボクの中にぶちまけられます。
「いくぅぅぅぅ…」
 ボクは、先生がすべて出し終わって、腰を離すと前に倒れ込みました。
 足はつりそうで、体は疲労で動きませんでした。
 恥ずかしいけど、ボクは失禁してしまった。
「今日はもうこれ以上できないな」
 先生は満足げに言って、ボクを浴場に抱いていきましたが、ボクは全く動けず、先生の手がボクの体をなでて、遊びみたにアナルをかかれるたびに、ボクは力なくあえいでいました。




h_1169blmc00006pl2017年度No.1男の娘 降臨。TAO

引き締まった体にキュートな笑顔。性格も◎の超美形女装子、降臨!間違いなく今年度NO.1の逸材!アナルは経験が無いということでじっくりホジホジ。穴が開いたら極太チンポをドーン!苦しそうな顔してましたが徐々に気持ち良くなって、精子をピュッピュ飛ばしながらアヘ顔になってました!変態の素質あるよTAOくん!




















lboy00045plカリスマ円光JKは男の娘 Riona

カリスマ円光JK(女装校生)のRIONA。実はアナル解禁は今回が初めて。円光おじさんに優しくアナルをほぐされている時はちょっぴり緊張ぎみだったけれど、次第にアナルが快感に変わっていき、最後はチンポ3本の3Pまでしちゃいました。アナル処女RIONAの初めてを見て下さい♪




















h_995bokd00088pl【僕たち男の娘】カリスマ5天王集結 最強4時間SP

【僕たち男の娘】が誇るカリスマ5天王、《橘芹那》・《みやび音羽》・《ゆきのあかり》・《大島薫》・《荒木レナ》!!彼女たちの媚薬漬けSEX、オナニーで大量潮吹き、快楽に溺れる3PSEXなど…こんなに豪華で濃厚な内容のBESTは【僕たち男の娘】にしか出来ない!!自信を持ってお送りするBEST版!!





















h_995bokd00087plキレイすぎる男の娘AVデビュー! アナルとチ●コに媚薬を塗られて絶頂SEX まゆり

まさにクールビューティーなまゆりちゃん。ど緊張しているはずなのに尿道に媚薬を塗り込まれ開始早々からフル勃起!ケツマ●コにもたっぷり媚薬を塗り込んで、淫乱変態女装娘の出来上がり。ぺニクリもケツマ●コも気持ちよすぎて理性もぶっ飛び悶絶しながら大絶叫!初めてのAV撮影なのに乱れすぎちゃった男の娘を是非お楽しみください!








































友達の輪(1) 咥えていいとも!

500thiuxtric

「chika姉さんは今まで何本くらい咥えて来たんです?」と聞いても、返ってくるのは謎めいた微笑みばかり。
 確かにchika姉様くらいになると、お仕事とプライベートを足せば、ちょっと今まで食べてきたおチンポの本数なんて、もう数え切れないかも知れないですね。
 で、こっちは女装暦は長いものの、所詮は身体をいじる度胸もない素人なので、有り余る程の性体験はありません。
 さて、ネタが、、、あるにはあるんですが、一応、自分なりに「この部分は公にしたくないな」と言う領域もあるのでブログには、、。
 そんな感じで悩んでいるmayuです。
 でも思い浮かんだんです。
「そうだ!その手があるんだ!」。

16idrk00002ps

 つまり友人の力を借りるのです。
 類は友を呼ぶ、です。
 女装子やゲイの知り合いは結構います。
 彼らに体験談とかを語って貰えば良いのです。
 中には、声を掛けた瞬間にホイホイ乗ってくる友人もいました。
 そうなんです。
 彼らは披露したがってるんです。
 それでは、その第一弾をご紹介させていただきます。

13idrk00002ps


 国語の先生27歳、と言っても臨時講師なんですが、この人と放課後の宿直室で2人きりになった時に抱かれて以来、ボクはこの人の虜です。
 ボクの先生は、ちょうど先生氏と別れたばっかりと言うこともあったのか、もの凄くボクの体を可愛がってくれました。
 先生は、見た目は凄く大人しそうな、目の綺麗な、ふわっとしたイメージの人です。
 ところが、Hでは全然違ったんです。
 初め、放課後の教室で話をしていたんだけど、その内に先生が「ねぇ、キスしていいか?」って聞いてきたんです。
 先生のこと嫌いじゃなかったし、興味もあったから、「いいですよ」って簡単に答えました。
 初めは普通の軽い唇が触れるくらいのキスでした。
 でも、先生はそれだけでやめてくれませんでした。
 気が付くと、先生はボクを宿直室に連れ込み、ベッドの上に押し倒していました。
 私も何がなんだかわからなくなってきて、先生にしがみついていました。

12idrk00002ps

 もう先生のキスは唇ではなく、首筋に移っていました。 
 ボクはただ「気持ちいい」って言い続けてたそうです。
 そっと制服の上から股間を撫でられて、体がビクビクしていました。
 段々声が溢れ始めた時、先生が耳元で「廊下に響いちゃうね」って笑いました。
 ハッと気付いたボクは、先生を押しのけて、起き上がろうとしました。
 ところが、普段の先生からは想像できないほどの力で押し返されたんです。
「先生のこと嫌いになった?」
 聞いてくる言葉は、信じられないくらい強気で、「そんなハズはない」という自信が込められていました。
「嫌い…じゃない」
「これ、いや?」
「いやじゃない…」
「じゃ、させて」
「でも…」
「何もしなくていい。先生にさせて」
 そう言われて、今までのとは違う、凄く深いキスをされました。
 先生の舌がボクの舌に触れた時、もうどうなってもいいと思いました。
 ワイシャツのボタンが外され、胸を直接手で撫でられ、ただ喘ぐしかありませんでした。
 先生の唇が段々と下に下りてきて、右の乳首を口で、左を手で転がされていた時には、もう勃起はビンビンで、ガマン汁でグチャグチャになっていました。
 足で先生の腰を、手で先生の頭を抱きしめて、おかしくなりそうなくらい感じていました。

11idrk00002ps

 先生がボクの制服と下着を一緒に脱がしてくれた時、早くして欲しくて、自分から抱きついて、ボクも先生の服を脱がせました。
 先生は女物のパンティを穿いていました。
 ボクはパンティ脱がし、勃起にしゃぶりついていました。
「あっだめ!!」
 先生が凄く色っぽい声を出して、ボクを抱きしめてきました。
 そのままずっと舐めていると、先生の息もドンドン荒くなってきて、突然ボクの肛門に触れてきたんです。
 もうトロトロになっていたので、先生の指が簡単に滑っていきました。
 先生は、ボクのトロトロのガマン汁を指に取ると、それを肛門にそっと塗って擦り始めました。
 気持ちよくって、気持ちよくって、恥ずかしいのも忘れて腰を振っていました。
 「寝て」そう言われて、もう一度仰向けに寝ました。
 先生はボクの両足を大きく開かせました。
 すぐに閉じようとしましたが、先生の体が入り込んでいたので無理でした。
 それどころか、膝に手を当てると、肛門を上に向けるようにして、ボクの足を押したのです。
 恥ずかしくて恥ずかしくて堪りませんでした。

10idrk00002ps

 先生は肛門を指で大きく開くと、「ここ、凄く綺麗だ」と、うっとりした声で呟いてくれました。
 先生は、ボクのまだ何も入れられたことないところに、何度も何度もそっと触れてきました。
「ねぇ。すごく濡れてきてる。溢れてるわよ。ヒクヒクしてる」
 そう言って小さく笑われると、恥ずかしくて、いっそめちゃくちゃにかき回して欲しいくらいでした。
「ダメ、恥ずかしい」
 やっとそれだけ言った時に、今までとは違う柔らかい感触がしました。
 先生が肛門を舐めてくれてたんです。
 初めての舌の感触は、強烈なほど気持ちよくて、「ダメ、ダメ」と繰り返しながら、先生の頭を抱え込んでいました。
 一旦口を離されて、どっと気が抜けた瞬間、今度は亀頭を噛まれました。
 指で肛門の入り口を優しく撫でられながら、亀頭を歯で軽く扱かれるんです。
 段々頭が真っ白になってきて、先生に強く噛まれた瞬間にイッてしまいました。
 生まれて初めて、体が痙攣するほどイってしまって、勃起がビクビクと脈打ってしまいました。
 「イっちゃった?」と聞かれて、ボクは夢中で頷きながら、先生にキスをしました。
 先生の口の周りは精液でトロトロで、キスはボクの精液の味がしました。

9idrk00002ps

 やっと落ち着いてきた時、まだ先生の手がボクの肛門にあることに気付きました。
「先生、手…」と言うと、先生は「中に入ってるのわかる?」と言って、指を動かしました。
 何がゾクゾクッとする感じが体中を走って、「…はぁっ、あっ」抑えきれない声が出ました。
「今、中に入ってるよ。ホントにしたことないんだ。すごく、きつい…」
 そう言うと、指を円を描くように動かし始めました。
「痛い?」
「ううん、痛くない。して。して」
 ボクはもう自分からして欲しいと口にしていました。
 すると、先生は円を描くように動かしながら、出したり入れたりし始めたんです。
 段々変な、今まで感じたことのない感覚が襲ってきて、夢中でしがみついていました。
 そして、声も出なくなるくらいよくされた後、「自分で拡げて」と言われて、自分の両指で肛門を大きく拡げさせられました。

8idrk00002ps

 そして、先生は勃起を舐めながら、肛門に指をたくさん入れてくれました。
 この時は少し痛かったけど、先生が勃起を凄く激しく舐めてくれたので、それどころじゃありませんでした。
 前から流れてきたものを付けて、指が4本入りました。
 全然痛くなくて、それどころか、間の部分を挟むように両手で擦られて、一度目よりずっと激しくイッてしまいました。
 もう体中の力が入らなくて、グッタリしていると、先生が優しく何度もキスをしてくれました。
 ボクは先生の勃起に体を擦り付けました。
 先生の足の間にボクの足を絡めてしがみついていると、ボクの太股に温かいトロッとした感触がありました。
 先生も、ボクと同時に射精していたんです。
 ボクはそっと手を伸ばして、先生の勃起に触りました。
「あっ」 先生は可愛いらしい声をあげて、ボクの腕に爪を立てました。

7idrk00002ps

 その声を聞いた途端、ボクもしてあげたくて仕方なくなって、「ボクもする」と言って、先生を押し倒しました。
 でも先生は、「じゃ、一緒にしよう」と言って、ボクの勃起にもまた触れてきたんです。
 ボクは先生にも気持ちよくなって欲しかったから、「ダメ、ボクがする」と言って聞きませんでした。
 そうしたら、先生は少し意地悪そうに微笑むと、「じゃあ。69しようか」と言ってきました。
 「じゃ、先生の顔跨いで」と言われたんです。
 まさか自分が上になるとは思わなかったので、「できない」と言うと、先生は「だったら、横向きでしよう」と言ってくれました。
 ボクは先生の方に足を向けて横になり、先生の足の間に顔を近づけました。
 先生はボクの肛門を開いて「赤くなってる」と言いながら、入り口を舐め始めました。
 ボクは我慢できなくなって、先生の肛門を大きく開いて、いきなり中に舌を入れました。
 そして、ガマン汁が溢れている先生の勃起や玉袋、肛門襞まで舐めまくりました。
 「あっ」先生が声をあげた時、熱い息がボクの肛門にもかかります。
 もう夢中になって舐め回しました。

6idrk00002ps

 ボクが舌を動かす度に、ボクの肛門でも先生が舌を動かしてくれます。
 ボクが顎を動かすと、「いや、いや」言いました。
 ボクの顎は、先生の肛門にピッタリとくっついていたのです。
 ボクは先生の肛門をそっと撫でながら、尿道口に舌を深く刺し、顎を小さく動かしました。
 すると、先生は声をあげて大きく仰け反り、ボクの肛門の中に一気に何本もの指を入れ、勃起を吸い上げてきたのです。 
 ボクも、ひどく感じてしまって、先生の肛門の中に3本もの指を出し入れしながら、勃起をきつく吸ったり、舐めたりしていました。
 ボクは、また段々おし○こがしたくなるような感覚に襲われてきて、足がガクガクしてきました。
 でも、先生の肛門もひどくキツくなってきて、勃起は硬く尖っていました。
 ボクは、またイキたいのを我慢して、もうめちゃくちゃに先生の肛門をかき回し、先生がしてくれたように亀頭を歯で扱い、最後に肛門に一気に4本指を入れてしまいました。
 すると、先生は「ああっ」と大きな声をあげて、今まで一番深く指を差し入れてきました。
 ボクは、前立腺に指が当たった瞬間にイッてしまい、先生の顔に射精してしまったのです。
 先生も同時に、大きく仰け反りながらイッていました。
 全身の震えが治まらず、先生の勃起に顔を埋めてしがみついていると、先生がボクの肛門にきつくキスをしてくれました。

5idrk00002ps

 今度は四つん這いにされました。
「いいかい、いくよ」
 先生の勃起が、ボクの肛門に徐々に埋まっていきます。
 痛みはなく、全身が痺れるような感覚でした。
 根元まで埋まった後、徐々に先生の動きが速くなりました。
 ヌチャヌチャ‥いやらしい音が宿直室に響きます。
「いい、いい、でる、でる、でるよ」
 その声で、ボクもまたイッてまい、初めての体験でトコロテンでイッてしまいました。
 正気に戻ってから、顔に射精してしまったことを思い出し、大急ぎで先生に謝ったら、
「いいよ、気にしないで。でも、スケベだって証拠ね」と言って、クスクス笑われました。
 先生とは今でも続いています。
 見た目のお坊ちゃまとは大違いの、凄く強引な人です。
 でも凄くHで、凄く可愛い、大好きな人です。

4idrk00002ps

 先生との関係も数週間が経ちました。
「愛人になれってこと?」
 思いのほかすんなりと愛人という言葉が出てきました。
「どんなことするんですか?」
 内容を聞いてみようと思いました。
「そうだな…変態に聞こえるかもしれないけど、君をどんどん調教していきたいかな。痛いこととかはしないけど、ボク、少しS気味だから。」
「…少しだけ、考えてもいいですか?」
 とりあえず、考えてみようと思いました。
「わかった。興味なければ、忘れてもらっていいからね。もし、決心できたら、家まで来てくれ。」
 その日の夜、先生の家の前にボクはいました。
(もし、やっぱり無理なら、断って、出ていこう。でも、先生みたいな人なら…)
 そう思っていました。

3idrk00002ps

 インターホンを押しました。
 待っていたかのようなスピードで先生がドアを開けました。
「来てくれたんだ。」
 先生は嬉しそうでした。
 中に入ると、小ざっぱりとした部屋で、整理整頓されたきれいな部屋でした。
 部屋に入って、すぐにボクは言いました。
「まだ決心がついたわけじゃないんですけど、物は試しと思って…」
 先生は普通に笑っています。
「そりゃ急じゃ無理だよね。愛人なんて。今日で嫌なら、やめていいから。」
「はい…」
「じゃあ、始めようか」
 先生は大きなベットのある寝室のドアを開けました。
 寝室には大きなキングサイズのベッドが置いてあった。
「じゃあ、服脱いでくれる?」
 先生は言いました。
 ボクはゆっくり服を脱ぎました。

2idrk00002ps

 自慢じゃないけど、ボクはスポーツしてるので締まった体をしてます。
「意外といい体してんだね。きれいな線だし。」
 先生は腰に手を回して、撫でてきました。
 くすぐったいような、気持ちいいような感じでした。
 持ち上げられるようにして、ベッドに押し倒される。
 先生のカサカサした指先が乳首を撫でてきました。
 女子とセックスしても、そんなことをあまりされたことはなかったので、結構きます。
 しばらくすると、自分でも乳首が硬くなってるのがわかりました。
「先が硬くなってるよ」
 指先がそこを狙ってきます。
「あふっ」
 体が少し反応してきてるのがわかりました。
 体が熱かった。
「チンコこんなにしてる 笑」
 先生の手が下に張って行って、ボクのチンコを握りました。
 ギンギンになっています。

1idrk00002ps

「あぁぁ!」
 突然強い先生の手に握られました。
 先生の手はしごくというより、こねくり回す感じで、仮性のボクのチンコを剥き始めるのです。
 先生の顔は下に降りて行って、玉袋を吸い始めました。
「そこはダメです!」
 手で払おうとしたが、先生は気にせずチンコ全体を舌で愛撫して行きます。
 裏筋から、鈴口のところを舌で何回も往復されて、ボクのチンコはもうぐちょぐちょでした。
「はっ…はうっ…あん!ダメ!あぁ…」と先生の愛撫にそろえて声が漏れてしまうのです。
 ふと顔を話すと先生は剥いたチンコの首のところに指を当て、くりくりとひねり始めていました。
 一番敏感なところをそんな風にされて、思わず体を起こしてしまったのですが、ボクには刺激が強すぎて、シーツを握りしめることしかできませんでした。

                      (続く)





dasd00395pl天然美少女ニューハーフ Debut 泉水らん

皆様、お待たせしました。ニューハーフ界に期待の新星がやって参りました。この可愛さは異常です!B94のFカップ爆乳!ニューハーフに少し興味がある人なら、この子がオススメです!アナルセックスではドライオーガズム『イクッ!』を初体験します!『可愛さ・おっぱい・ちんちん』すべてが規格外です!ぜひご視聴ください。





















dasd00391plNH相互性感マッサージ 月島アンナ

パイパン巨乳ニューハーフの月島アンナ専属2本の企画は相互性感マッサージ。オイルで全身の血流が良くなった彼女のペニスはいつもより勃起中。M男さん必見!ガチガチに膨張したおちんちんで逆アナルを挿入。爆乳を揺らしながらたっぷり中出し。痴女としての才能も開花!?ご堪能ください。






















avop00319pl天然美少女ニューハーフ 城星凜 引退

AV業界に新たな風を吹きこんだニューハーフ女優「城星凜」。アイドル級の可愛さでありながら、愛おしくなるほどの巨チン、引き締まったアナルに私達は脱帽をした。引退するのは誠に悔やまれる。最後の華を飾るために用意した舞台は「ハメ撮り」「童貞の筆おろし」「連続手コキ」「顔射3P」。ありがとう星凜ちゃん。





















dasd00390plキャットラバーズ 城星凜

今回のキャットラバーズはニューハーフAV女優!勃起したデカチンにフィットしたラバースーツ。敏感なちんちんはゴム越しでびくんびくん。男のアナルにずっぽし挿入。未公開映像を特典収録。









































嗚呼、やはりchika姉様はSM女王様

500pg-largeuuu

 ここらで、chika姉様が本来は正統なNH女王様である事をmayuのレポートで再確認しておきたいと思います。
 と言うのは、chika姉様の多彩なステージショーをご紹介している内に、このブログへは「chikaさんって本当はマゾで、プレイもそうなんですか?」という趣旨のメールが届くようになっているそうなので。
 chika姉様が趣味でやっておられるブログで、お仕事に差し障りが出るような事があると申し訳ないですから。

 mayuなりに言い訳をすると、ステージショーは簡単にみれても、個々のプレイ内容はそんなに見学を出来る機会は余りないという事なのですが。
 今回は、「横で他人が見てる方が興奮するので見学OK」という会員さんと、chika姉様とのプレイ記録のご紹介です。
 記録と言うことで、感想を少なくして、いつもより硬い文体にしていますが、mayuは「ですます調」に慣れているので、ちょっと間違った書き方をするかも知れませんが、そこは許してください。

o77lia00509ps


 カップレス・ビスチェに、ノーパンでニーハイとガーターベルト。
 ヒールパンプスで固い足音を立てて、chika女王様はリノリウム張りの廊下を歩く。
 そして、さきほどからchika女王様の視界の隅に入っていた畜奴。
 その畜奴に、chika女王様は見覚えがあった。
 chika女王様は、ガーターベルトの間のペニスを惜しげも無く畜奴の顔の高さに晒しながら、立ち止まった。

n77lia00509ps

「ぐぐぐうぐっっっっ、ぐんんんんんんんぅっ」
 畜奴はアームレスの鉄輪、鎖、壁面の鉄輪をギチギチ鳴らして、chika女王様を見上げる。
 畜奴にはアームレスだけでなく、重り付きのホーデン・カフも着けてある。
 ホーデン・カフの重りが床面から浮くことは何を意味するのか。
 それを畜奴が想起しただけでも全身に膏汗が滲むほど、教育されているに違いない。
 呻き声を上げる畜奴は、ホーデン・カフの鎖がピンッと張る毎に、ビクッと尻を下げている。
 そうしながら畜奴は、chika女王様の顔と、おヘソから三寸下のあたりを交互に、必死の形相で睨んでいた。
 それでもchika女王様には、哀れな人間犬が廊下の凹みに繋がれているようにしか見えないだろう。
 口から生えだしたように見えるペニス口枷以外の部分は、畜奴の目を除いて、全て革ベルトできつく巻き上げられているからだ。

m77lia00509ps

 畜奴のペニス口枷は、chika女王様のVラインとペニクリの先端を、さっきから執拗に掠める。
 疑似兜合わせだ。
 畜奴が床面へ涎をだらだら垂らしながら噛み締める、ペニス口枷。
 そのペニス口枷の、ディルドゥの部分がchika女王様のペニクリに犬がそうするように鼻先をこすりつけている。
「拓也じゃない?TK、お前拓也でしょう?」
 はしゃいだような声色で訊くchika女王様に、拓也はディルドゥを激しく上下に動かして頷く。
 でも、これはこの畜奴にとってあんまりな再会だった。
 自分がハッキリと判って貰えない、ペニス口枷と顔面を覆う革ベルトで顔が判然としないのだ。
 畜奴に堕ちた拓也の下腹部、そこには黒焦げの焼印で「TK」と捺してある。

l77lia00509ps

「すごい、バキバキにボッキして、射精していないの?」
「ぐむっうううううんんんっっっ」
 chika女王様のオッパイと、嬉しそうな顔を見上げて、畜奴は感極まったように呻く。
 chika女王様のアソコが、茂みの中で大きく成長した。
 元の名前を拓也という畜奴の心を、うれしさと開放感が覆っていた。
(chika女王様・・・・・・それを舐めたい、それで入れて貰いたい、多分全部入る・・・・・・)
「もうちょっとガマンしてね」
 畜奴は視界がchika女王様の体で影いっぱいになったと思うと、頭の後ろでカチッと何かが鳴った。
 それはいつも待ち焦がれる、畜奴からペニス口枷の金具を外す音だった。
 畜奴は乾いた口を早く湿らせて、chika女王様に「ありがとう、chika女王様」と小声で言おうと決意した。
 そのとき、畜奴の心から人間に戻って開放感を一瞬で晴らすことが起きる。
 chika女王様のオッパイがやや下を向いたのを、畜奴は視界の端で捉えた。
 条件反射的に、畜奴はchika女王様のオッパイの方を向く。
 するとchika女王様が唇の端から、透明な唾を一筋、垂らしていた。
 畜奴はすかさず、口を大きく開けて、それをchika女王様の唾の塊の下へ突き出す。
 chika女王様の唾の臭さは、畜奴がいつも食べてるものより臭くなかった。
 それどころか、仄かにレモン香料の匂いが残っているのを感じて、畜奴はしばし清涼感に酔い痴れた。
 chika女王様はペニス口枷をふたたび、畜奴のアゴへ締めようとする。
 それどころか、顔を覆っている革ベルトの位置を下げて、馬に付けるような目隠しさえ、、。

k77lia00509ps

「ああ、もう終わりなのか、、。」
 畜奴は、大きくなったchika女王様のオッパイを絶望的な表情で見上げる。
 不意に畜奴は、自分のチンポの先端に、言葉にならない刺激を感じた。
 畜奴が刺激に一瞬、我を忘れたのが皮切りだった。
 怒張チンポは後から後から、濃い精液を何回も吐き出す。
 怒張チンポがピクンッピクンッと、畜体から飛び跳ねんばかりに、躍る。
 怒張チンポが床面の方を向いたとき、chika女王様の足、chika女王様の靴、そして床面は畜奴の精液でドロドロに汚れていた。
 畜奴はchika女王様の股間から目を離せないまま、両脚が震え始めた。
 気持ちとは関係なく、体が勝手に震撼する。
 (さっきchika女王様が、靴の爪先で怒張チンポの先っちょを弾いた!)と直感したのだ。
 いっぺんに精を放出した畜奴。
 畜奴の体も心も、呻き声一つ上げることができずにいた。
 chika女王様は、汚れた床面を一瞥すると、上機嫌になって再び足音を立てはじめた。
 畜奴はその境遇を自覚しながら、未練そうにchika女王様の尻を睨むのだった。

j77lia00509ps

 chika女王様の手先から、70cm余り伸びている白いロッド部分。
 まっすぐな棒キレが、拓也には気が遠くなるほどの距離感を持っていた。
 取るに足らない工業製品の棒キレが、オーラや嗜虐心を宿している。
 拓也に「お預け」させるchika女王様がそうさせるのだ。
 日常からの超越。
 そんな超越の空気が、畜奴に堕ちた拓也を溶かさんばかりに締めつけていた。
 通路脇の横長の房で、拓也はchika女王様を間近に臨んでる。
 chika女王様は、いつものあられもない姿が自然体だ。
 そしてchika女王様は、拓也の頭越しに、もう一人のミストレスと立ち話をしている。
 chika女王様はあられもない姿を人目に晒し慣れているせいか、恥じらいを全然感じさせない。
 さりげなくホットショットを握って畜奴に向けておく仕草も、慣れてしまっている。
 畜奴が”男”のうちに入っていない日常もchika女王様は慣れていて、安心しきっているのが容易に伝わってくる。
 それもそのはず、拓也が睨むリフェクスミラーに”男”など映っていなかった。
 拓也の頭越しに影を落とす、chika女王様の話し相手の女性は拓也を一瞥だにしていない。
 彼女の目線は、取り立てて拓也を眺めるほど下がってないのだ。
 拓也の畜体はchika女王様の尻より低い層で汗みずくになり、照明器具の強い光を照り返しながら蠢いている。
 拓也の手足首の革枷は、左右ともそれぞれがシリンダー錠でつないである。
 シリンダー錠の掛け具だけで接着した手足首の枷は、もちろん――拓也にアヒル歩きを強いるための物だ。
 そして拓也の下腹部を、男女兼用の貞操パンツが締め付けていた。
 ウィップの回数を倍プッシュするのと引き換えで、「ブリーダー」は拓也に3週間の「射精回数、ゼロ達成」を課した。
 拓也は射精3日目にして早くも、陰嚢で精子が暴れてるような錯覚を覚えてハァハァと悶える。

i77lia00509ps

「chika女王様いーぃ、足の甲でいいからチューさせてくれーぇ」。
 不幸にも口枷も全頭マスクもマウス・マフも付いてない拓也の畜体は、甘い性衝動を堪えきれずに呻き声を上げた。
 その声を聞いて、サッと二人の視線が拓也に当たる。
「やだっ、chikaさん、こいつちゃんと調教してるの?」
 うら若い女性が後ろから抱きつき、拓也は背中に柔らかい感触と、正体の明らかな2つの硬い感触を感じる。
 彼女の白くて細い両腕は、拓也のおへその上らへんで互いを掴んでる。
「ぐっうわあああああああ」
 貞操パンツの圧迫感と前張りの柔らかさがなかったら、拓也はすごい量の白濁を開放していただろう。
「『TK』っ、ウィップ思い出して、誰かが小1時間もウィップしたら『TK』しんじゃうでしょう、ねぇっ?」
「うぅぅぅぅぅううーぅ、うっうーーぅぅう!!」
 味はともかく高蛋白高脂肪あるいは雑穀100%の十二分な食餌を欠かしてない拓也。
 拓也の健康で若さ漲る肉体は、chika女王様たちへの奉仕や一緒に過ごす時間を重ねるうち、限界へ近づいていたのだ。
 シリンダー錠と金具をジャリッジャリッとカチ鳴らして、拓也はぐぐぐっと身を捩る。

h77lia00509ps

「腰にディルドゥと、それから口にペニス口枷も嵌めてみない?もちろん目かくしもね」
「それがいいわね、変な呻吟したら身の為にならない」
「あっっっっ、ぐっああああああぁぁぁぁ・・・・・」
 これから何が始まるのか知ってしまった拓也は、chika女王様への憎悪も絶望感も忘れて、今はchika女王様のおヘソの下の黒い茂みに隠れている肉棒を飛びつかんばかりに睨むのだった。
「こっちよ、『TK』」
 名前も知らない女性が人差し指の第一関節でくいっくいっと、拓也に指示を出す。
 全身の筋肉を伸び縮みさせ、身の丈を激しく上下させて歩んでも拓也は疲れた様子も見せない。
 そしてchika女王様と拓也には言葉もハンド・サインも要らない。
 二人にとって、chika女王様が拓也のこんなにも危なっかしい肉体をどこかへ誘導するのは簡単だった。
 なぜならchika女王様が持つホットショットは、拓也にとっては誘導棒の役目を果たせていたからだ。
 拓也は女たちの向かう方へと、、ついていく。
 結果、無事にプレイルームの一つまでついていく事ができた・・・。

g77lia00509ps

 chika女王様の指先に、グリッとはめ込んだ、真っ黒な、鉄の爪。
 りんごをサクサクと潰してしまうほどの、恐怖の爪。
 今日は、この爪をはめて、お前のからだを、いたぶることにしたの。
 ね、しょうがないよね、拓也。
 お前、最近chika女王様の前で、ちょっとシラけてるもんね。
 そうなんでしょ・・・。
 もうchika女王様の手で、いろいろねじられたりつねられたりするの、飽きちゃったんでしょう?
 おいっ!そうなんだろっ!

 フン、何が「うぎゃぁっ」だよ。ちょっとつついただけじゃないのよ。

f77lia00509ps

 ほらほら、眼をそらしたら、こんなこともしちゃうのよ。
 サクッ!
 ほーら、かすっただけで、乳首に一筋の血痕。
 奴隷!奴隷!拓也!お前はchika女王様の奴隷になるって誓ったわよねッ!
 今日は、これまでお前に見せなかった、chika女王様の暗黒無残な気持ちを、ぶつけてやるんだ。
 おまえのからだを、この真っ黒な鋼鉄の爪で、恐怖と屈辱の海底に叩き込んでやるんだ。
 拓也。
 オナニーしなさい。
 乳首も。ほらっ。
 ふふふふ、出しなさい。
 拓也のお腹の中にたまったシロップを、出しちゃいなさい。
 ちょっとだけで誤魔化したってダメだよ。
 あまったれんじゃないよ、拓也!
 眼を見ればお前がイッたかどうか分かるんだよ。
 ほらっ!出すんだよ、出せ、出せ、ほらほら、もっと本気で、
 お前の職場の一番の美人が全裸でchika女王様の椅子になっているところを、想像してみろよ、ほらあァッ!」

e77lia00509ps

 よーし、よく出来ました。
 全部舐めなさい。
 ・・・そう、飲んで。
 はい、じゃあこっちおいで。
 逃げんじゃないよッ!これからが今夜のメインコースじゃないの。

 シャキッ、シャキッ、

 良い音だろ、chika女王様の爪。
 気に入ったでしょ・・・。
 ・・・そうだよねえっ!
 あーら、今のはちょっと痛かったかな?でも太股なんてちょっと刺さったくらいどうってことないわよ。
 お前、震えてるの?
 ズキズキするの?
 あ、お前、chika女王様が怖いんだ。やっぱり。

d77lia00509ps

 ねえ、拓也、今夜は特別なんだよ。
 お前、暴力的にも完全にchika女王様の支配下に居るんだ。
 もし、この鋼鉄の爪が、おまえの、そこを、グッと掴んだら、どうする?
 お前のアナルにブスッとめり込んだらどうする?
 何よりも、chika女王様がさァ、本当にそんなことしたら、お前どうするの?
 泣いたってダメだっ!
 お前は、今晩、本当にchika女王様のオス奴隷になれるかどうか、試されるんだ!
 chika女王様の乳房やお尻の下で奴隷としてのたうちまわる資格があるかどうか、
 とうとう最終的な試練の時が来たんだよ。
 拓也!こっちへ来いっ!

c77lia00509ps

 お前、結構ハンサムだもんね。
 だから顔に傷なんてつけたくないんだ。
 だけど、まあ奴隷なりに、孔は空けさせてもらうわよ。
 この、お鼻。
 右と左の仕切りを貫通しましょうね。
 さあ、歯をくいしばるんだ。
 それから、chika女王様の眼をまっすぐに見るんだ。
 奴隷の拓也!お前の鼻にchika女王様が孔をあける!
 ピアスみたいに甘っちょろい方法じゃないよ、分かっているよね。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
b77lia00509ps

 痛かった?拓也、よく我慢したわね。
 お前、可愛い。
 そんなに涙が出るなんて、chika女王様感じて来そうだよ。
 お尻を見せてごらん。ほらっ。何もしないから、見せて!
 ふふん、漏らしてないわね、よし、よし。
 はい、こっち向いて、ほーら、よく見せてごらん。
 お鼻は歪んでないわよ。
 ここに、黄金色の環をつけようね。二度と取れないように溶接しちゃおうね。
 拓也、おちんちんがちっちゃいよ。
 今度はここに、ふっふふふふふ。
 また泣いた。お前、ホントに可愛い。」

a77lia00509ps

 拓也。
 chika女王様のここをなめなさい。
 ちゃんとしないと、首にブスリだよ。
 そう、そう。もっと、そうそう、もっと。
 手はおちんちん。
 お前、もうまともなオスには戻れないよ。
 おめでとう、拓也。chika女王様の奴隷。
 もうずっとこのまま。
 ずーっとこのまま。
 ・・・・・なーんてね、やっぱりここもやっちゃおうっと!
 じたばたするんじゃないの。


 負け犬。おまえは負け犬のオスだ。
 あたしのあごの下に、ちょうどおまえの頭がくる。
 おでこに、チュッ。まぶたにも、ふふっ!
 負け犬、あたしがこわい?
 あたしが乳首をねじり上げたら、泣いちゃうもんね。

 おまえは、とってもいい子。
 あたしの調教をきちんと受けて、絶対にイヤイヤしないもんねー。
 だんだん、いいからだになってきたじゃないの。
 きれいなはだかよ。
 あたしの手に馴染んできちゃって、ふふふ。
 あたしの腕にフィットするわね。
 負け犬ちゃん。
 ふふふ、あたしよりも年上のくせに、あたしの専・属・奴・隷・・・。
 ほーら、すぐ赤くなって。
 口を開けてごらん。
 どれどれ、八重歯もちゃんと磨いているわね。えらいえらい。
 奥歯にちょっと虫歯があるわね。
 じゃ、向こうむいて。
 ほーら、お尻もきれいよ。
 ちからを抜いて....んんん....熱い、それに締まっているわね。

 こんなこと知ってる?
 女王の指2本と、奴隷のお尻の穴って、
 見事にフィットするんだって。
 一種の宿命論よ、ふふふふふ。
 だけど、おまえのお尻、いつもあたしを待っているのね。
 寸分の狂いも無いフィット感。
 やっぱり、あたしの奴隷なのよ、おまえ。

 はい、脚を開いて。そうそう。
 おまえ、タマをグリグリすると、ひざがガクガクになるのね。
 こっちむいて。眼がぼーっとしてるよ。
 おちんちんをあたしの太股にすりよせて、可愛いねー。
 だけど、やっぱりちっちゃいわね。
 負け犬、あたしの眼を見なさい。
 まっすぐに。
 はい、バンザイして。
 わき毛は生えてないね、よしよし。
 おまえ、わきの下も、いい匂いだね。
 かわいい・・・・。
 乳首もかわいい。
 ここをぐいぐいひっぱったら、女の子になっちゃうかなー。
 あははは、なんでハーハー声を出すのよ?

 実はねー、あたしね、ひとつだけおまえに不満があるのよ。
 おまえの、あれの匂いが、どうもね。
 お尻の方は、調教できれいになったけど、
 ここの匂いがね。
 ほーら、これの匂いよ、嗅いでごらん。
 自分のだろっ!ほら、なめろッ!

500kkkunpra

 よしよし、それでね、負け犬、今日はねぇ。
 おまえの手術をすることにしたの。
 ばか、去勢手術じゃないわよ、なにを泣いてんのよ・・・。
 おまえのおちんちんの奥にね、このカプセルを埋め込むのよ。
 たいしたことないわよ、奥までおさまったら、溶けるから。
 ほらっ!ジタバタすんじゃないよ!ひっぱたくよ、負け犬ッ!
 安心しなよ、小指で入れてあげる。
 あお向けになりなさい。両手はバンサイ。

 動くんじゃないわよ。
 ヘタに動くと、あたしの爪がおまえの尿道に傷つけちゃうわよ。
 ほらッ。立たせたまんまよ。それで、少しづつ、出しなさい。
 ヌルヌルしてた方が、カプセルが入りやすいの。
 いま、どんな気持ち?
 そんじょそこらの尿道責めじゃないわよ。
 ねぇ、ここで止めちゃったら、どうする?
 おまえ、汗びっしょりだね。
 汗も、いい匂いなのにね。どうしてここだけがクサいのかしらね。
 はい、もっと入れるわよ。
 痛い?
 我慢しなさい。泣いてもいいのよ。
 ふふふ、かわいいわね、負け犬。
 はい、もう少し。
 腰を上にあげて、突き出すのよ。
 ほーら、入った。あははは、うまく入ったわね。
 チュパチュパしているね。
 じゃ、早速、出してみよっか。んんん。どうしたの、いいのよ、出して。
 ほら、出して!


 嗚呼、やはりchika姉様はSM女王様なのです。









104dsed00002plニューハーフ逆アナ狂い

究極の快感を求めると行き着くプレイ、それが「逆アナル」プレイ。ニューハーフが男性のアナルを責め、犯してしまう究極のプレイを中心に収録した本作品。1人目はロ●ータ巨根ニューハーフの「まいちゃん」。2人目はギャル系女王様ニューハーフの「星野リオちゃん」。3人の男達を手玉に取り次々と調教。3人目はJカップ爆乳ニューハーフの「桜川マナちゃん」。




















parathd00475pl風俗に行こう♂(2)~ニューハーフ&SMクラブ

◆風俗経験の無い初心者は『HOW TO 風俗』、風俗リピーターは『風俗あるある』として楽しもう!風俗体験バラエティー!好評第2弾はディープな世界へ誘います!ニューハーフはお好き?ニューハーフデリで地獄抜きとアナルFUCK、オナニー鑑賞を堪能!池袋北口都内最大級のSMクラブ『無我』。超美形のエリカ女王様をリクエストしてMコースを体験!縛り・バイブ責め・アナル責め・羞恥プレイ・女王様への御奉仕の他、鞭やら蝋燭プレイまで体験!アナタの中に潜むドM癖が沸き起こる!


















otld00039pl女装娘マリーはコスプレがお好き 憧れの制服コスで男を誘惑!淫乱ペニクリ&敏感アナルご奉仕快楽濃厚大量射精!

女装オトコノ娘のマリーちゃんが大好きなコスプレの数々で華麗に変身して大興奮快感セックス!!バニーガール、JK姿のセーラー服、ナース服、メイドさん!女性との美しいコスプレ姿同士での相互オナニーレズで快感は快楽へと変わり、マニア心を刺激する極上コスにマリーちゃんのペニクリはフル勃起!性感帯のアナルに極太男根の激しいピストン、ペニクリは容赦ない手コキで同時に攻められマリーちゃんは淫らに絶頂射精する!!




















btis00079pl女装美少年47 かなめ

男の子なのに、とある女性キャラのコスプレを趣味でしているかなめクン。その初体験は同じサークル内の女性キャラの年長男性。おちんちん生やしている女性キャラ同士の睦事によりかなめクンは禁断の扉を開けてしまう。そして女装美少年に応募。さっそくエロオヤジたちに囲まれ、まさぐられ、言葉なぶりの洗礼を受ける。お尻の穴がほぐれる頃には、素直に快感に身悶え、男の肉棒を口にほおばり、受け入れていってしまうのだった。














香山微笑花巡査の恥ずかしい夢

5002tuEdjoo
 

「んっー!んんっ、んんっんー!!」
「ふふふ・・・ここが、感じやすいのね?この、可愛らしい勃起乳首が。 ほぉぅら、こうすると・・・」
「んひゅー!んんっ、んぐっ、ぐふっふうぅぅ!!」
 ビクン、ビクンと、皮が薄く色白できめ細かな肌の奈央の裸体がベッドの上で釣り上げた魚のように跳ねまわる。
 羞恥と欲情に肌をほんのり朱色に染め、ゑ梨花の長く綺麗な指先に嬲られる快感にうち震えている。
「ふひっ、ふむうぅぅ!うふんむっ、んんふっ!んんふううぅぅ!!!」
「あらあら・・・ここも、もうこぉんなに元気になっちゃって・・・イケナイ子ね、奈央の恥ずかしいのが可愛らしいショーツからはみ出しちゃっているよ?そんなお行儀の悪い子には、お仕置きね?ほうら!」
「ふむううっ!んんふうぅっ!ふひっ、んんふうぅぅ!」
 奈央は敏感な乳首と、それ以上に感じる下半身の急所を嬲られて呻き声を上げる。
 まだ幼さの残る20代前半の美貌を、羞恥と快感の朱色に染めて、何かに必死に耐える風情でギュッと目を瞑って、その美貌を歪めている。
 普段はすっと伸びた眉の形が苦しげに歪むのも、それはそれで扇情的な美しさを見せていた。

 だがこの絵は、ゑ梨花にレズの快感を仕込まれながら嬲られている美少女の貌・・・ではなかった。
 その証拠に、リボンを散らした可愛らしい薄いピンクのフリルレースの3/4カップブラからはみ出した、ピクピクと勃起し切って震える乳首に膨らむ乳房はなく、同じデザインのフリルレースショーツから痙攣する様にはみ出しているのは立派なペニスなのだ。
 ゑ梨花の方は、はち切れんばかりの見事なプロポーションの美体を、鮮やかなワインカラーのメッシュ地に美しい刺繍をあしらったブラ、ガーターベルト、Gストリングショーツのセットに包んでいる。
 もちろんGストリングショーツの中にぎっちり詰まった柔らかい果実は熟れきったペニスだった。
 この奈央でなくとも、その姿を目にすれば、その妖艶な美しさに誰しもが欲情しそうなビザールで美しいボディだった。

10dasd00385ps

 奈央はベッドの上で、少女の下着を身に付けた格好で両手・両脚を拘束されて嬲られていた。
 赤いマニキュアが美しく彩られたゑ梨花の細く優美な指先と爪先で、感じ易い乳首を弾かれ、摘み上げられ、指の腹で乳首を押し潰す様に圧迫されながらクリクリと弄られる。

 奈央の乳首の鋭敏な痛みともどかしさが、快感に変化して背筋を通り、下半身へと突き抜けていく。
 そのシズルな快楽が奈央のペニスにリンクして、ペニスがビクビクと勃起する。
 奈央はそのペニスを、柔らかくゑ梨花の掌の中で扱かれ、玉袋をヤワヤワと嬲られて、その快感に悲鳴を上げてしまう。
 もっとも奈央は赤いボールギャグを噛まされているので、それはくぐもった呻き声にしかならない。
「ふひゅっ!んんふうぅぅ!?んっんんふうぅぅ!!」
「あらあら、どうしたの? 『奈央』ちゃん?いけないわね、『女の子』が、こぉんなにクリを大きくさせちゃ・・・うふふ、苦しそうね、出したい?ねえ、奈央ちゃん?出したいの?」
 自分の斜め上からのしかかる様に、その下着姿の美体を密着させて来るゑ梨花の甘く意地悪な声に、奈央は涙ながらにクウゥンと頷く。
 ゑ梨花の人工の美乳の感触が伝わる、、、彼女の乳首も興奮で勃起している。
 奈央の拘束された細く色白で、体毛など無いかのようなすらっとした細い脚に絡めた美脚の根元の中心へ、ゑ梨花の欲情がぬらぬらと這い寄る。
 ゑ梨花のGストリングショーツのはち切れんばかりの小さな秘部は、ネットリと熱い液体に濡れ、奈央の脚の素肌を薄く濡らしている。

9dasd00385ps


 奈央は興奮と痛みと快感で、意識が朦朧としている。
 霞みがかった様な視界の中で、艶然と微笑むゑ梨花の美貌に向かって、何度も、何度も許しを乞う様に頷く奈央。
 奈央を、いやこの俺をもう解放して下さい。
 その姿を見たゑ梨花が、嬉しそうに、しかし残酷な笑みを浮かべたのを見た奈央は、身体の奥深くからゾクゾクする様な得体の知れない快感に、全身が灼け蕩かされる様に感じた。
「うふふ・・・じゃ。奈央のお気に入りのやりかたで、逝かせてあげる。 頑張ったご褒美だよ・・・」
 そう言うと、ゑ梨花は、まず奈央の口轡を取り外した。
 どっぷりと赤いボールの下から、奈央の涎が流れ出る。
 奈央は、はあ、はあ、と息をつく。
 が、次の瞬間、奈央の視界に飛び込んできたのは、クロッチ部の中心が熱く濡れて大きな沁みになっているワインカラーのストリングショーツに包まれたゑ梨花の形の良い美尻だった。
「ほうら、私の淫液がたーっぷり滲んだケツマンコショーツよ。たっぷりと匂いを味わいなさい、奈央ちゃん・・・んんっ! うふふ・・・この子ったら・・・あはは! 顔の上に乗られて!いきなりペニクリを、ビクビク震わせちゃって!」
「んんっ! んんむうぅぅぅ!!」
 奈央は今度はゑ梨花の美尻のせいで声が出せない。
「大好きだものねぇ? 顔面騎乗されるの・・・これで、乳首をこうやって、苛めて・・・」
 そういうとゑ梨花は、奈央の顔の上に跨ったままで、片手の指で奈央の乳首を爪先でギュッと千切れそうになるくらい強く摘み上げ捻り上げた。
 「んんぎゅううぅぅぅ!!!んんひゅっ、んんひゅううぅぅぅ!!!」
「あはは!良いのね!?こうされるのが、いいんでしょ!? ねえ、おっしゃい、奈央!お前の淫乱スイッチは、ここなのね!?」
 そう言うと、ゑ梨花は残った片方の乳首も同じ様に摘みあげる。

8dasd00385ps


 奈央は、ムッとする濃厚な淫臭の淫液を、顔の上で腰を盛大に振られて顔中に擦りつけられ、惨めさと美尻の素肌の心地よさ、そしてゑ梨花のケツマンコの淫らさに興奮が頂点に達する。
 そして自分の敏感な性感帯である乳首―――同時に一番弱い弱点を、痛めつけられながら嬲られる。
 激痛と同時に感じる脳天を突き上げる快感。
 乳首と直結していた奈央の隠されていたマゾ神経は、その快感をダイレクトでペニスに伝えた。

「あはは!やっぱりここね!奈央、お前の淫乱マゾスイッチが入ったわ!普段、偉そうな事を言ってても、お前はマゾなの。ほら、ペニクリから我慢汁がもうこんなに溢れちゃって!出したい?ドピュドピュって、白いイケナイ液を出したいの?ねえ、奈央?判ってる? 『女の子』は出さないのよ!?」
「んんふううぅぅぅ! んんっ、だふぁしへぇ! ふぇーふぃ、、だふぁしふぇえ!!!」
 美少女の様に美しい下着女装した奈央は、ゑ梨花の意地悪な快感嬲りの限界に来たようで、美しい美貌を歪めながら涙を流して、ゑ梨花のケツマンコの下でくぐもった悲鳴を上げながら懇願する。
 
「・・・んふふ、いいわぁ・・・でも、普通には出させないわよ・・・?」
 そう言うとゑ梨花は、奈央のショーツの脇から指を滑り込ませ、その可憐な蕾の菊座を弄り始めた。
 その上体を倒しながら、まるで女性上位の69の体位の様だ。
 途端に甘い悲鳴を上げる奈央、菊座―――奈央のケツマンコがピクピクと痙攣しながら、ゑ梨花の指を1本、2本と咥え込んでいった。
「ふふ、凄いわ、奈央ちゃん。 貴女のケツマンコに、ゑ梨花の指が3本も。 ほうら、こんなに・・・」
「んひゅっ! ひゅううぅぅ!!」
 ゑ梨花は3本の指で奈央の肛道を繊細に嬲り、肛襞をキュッ、キュッと摩りながら前立腺を探る。
 やがてお目当ての弱点に辿りついた指が、奈央の前立腺を焦らしながら嬲り始めた。

7dasd00385ps

「んひゅうぅぅ! んひゅっ、ひゅふうぅぅ!!」
 ビクン、ビクンと、ゑ梨花の股の下で美貌を振り乱しながら、華奢な少女の様な美裸身を跳ね上げる奈央。
 青年のペニクリはビクン、ビクンと激しく上下して下腹部を打ちつける程だ。
 やがて奈央のケツマンコから、ジュクジュクと淫らな音をたてて白濁した腸液が溢れ出て来た。
 それを片指で掬い、奈央のペニクリの亀頭に擦り付けて扱く美貌のゑ梨花。

「んんっー! んんぐううぅぅぅ!! んんぐっ、ぐひゅうぅぅぅ!!!」
「うふふ、凄いわ!もうペニクリがバキバキよ!ケツマンコも淫液がドクドク溢れてきちゃって!いいわ、奈央! ドピュドピュって、イケナーイ液をお出しなさい!でもいい!? お前のケツマンコと同時に逝くのよ!?いいわねっ!?」
「んんひゅうぅぅ! ふぁ、ふぁひっ! ふぇふぃふり、ふぇふふぁんふぉと、ひっひょに、いひひまふうぅぅ! んんふぃふぃぃぃぃ! いふっ、いふぅぅ! いっふぁふうぅぅ!!!」
 ゑ梨花の指が、奈央の前立腺をひと際激しくグリグリっと刺激したその瞬間。
 奈央のアナルが千切れるかと思う位に強く、ゑ梨花の3本の指を締めつけながら痙攣した。
 同時に美しく柔らかいゑ梨花の掌に包まれながら、肉茎を扱かれていた奈央のペニクリからは、白く大量の精液がドピュ、ドピュ、と噴き出す様に射精された。

 奈央の肛奥からはジワッと痺れる様な、重く妖しい快感の波に攫われ、全身をゾクゾクっとする快感が駆け巡る。
 同時にゑ梨花の柔らかな温かい掌の甘美な快感にペニクリが耐えきれずに、盛大に射精してしまう。
 弄られていないのに、両方の奈央の持つマゾ乳首がビクビクと痙攣し、顔中に押し付けられたゑ梨花のケツマンコの濃厚な淫臭に、奈央は頭が痺れる様な屈辱の快感に支配されていた。
 奈央は美貌のゑ梨花の股の下で甘く呻きながら、全身を跳ね上げる様にビクン、ビクンと痙攣させて、女装被虐の絶頂に達したのだった。
 「うふふ・・・今日も可愛かったわね、奈央ちゃん。 私の可愛いお人形さん・・・明日もまた、たっぷり可愛がってあげるわ・・・」

6dasd00385ps

 上のテキストはchika姉様が現在連載中の「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」の最終回前辺りに入れようか入れないでおこうかと迷っておられる回想パートなんだそうです。
 「mayuはどう思う?」とか聞かれたんですが、答えようがありません、、、。
 と言う事で、chika姉様がWEB小説に没頭中なのでmayuが代打です。
 聞くところによると、現在連載中の「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」以外に、後、2本程、新作に着手仕掛けているんだとか、、。
 うーん、、。
 一方、mayuの方はchika姉様ほど性体験もなく、何度も繰り返してchika姉様のステージショウレポという訳にもいかず、ココのネタどうしようかと考えていたんですが、たまには「普通の男女のエロい話」でも、良いんじゃないかと思いました。
 よく考えたら、世の中「普通の男女のエロい話」の方が圧倒的に多いんですからね。


・・・・・・・・・

  mayuが若い頃、バイトをしていた職場で、驚いたというか「こんなのアリ?」と思った出来事の話です。
 mayuは、自宅近隣の駅近くの少し大きめの店でパン屋のアルバイトをしていました。
 お金は結構、親が仕送りを潤沢にしてくれていたので、パン屋のアルバイトは、純粋にパン作りに興味があったからでした。
 その店が休みになる前日のことです。
 店の閉店時間は21時で、ラストまでの勤務は売り場主任の大前(仮名)さんと、販売レジ担当の女性スタッフ2人、そしてあの日は調理室の片付け担当になっていたmayuでした。
 21時30分には閉店作業も終わり、退社準備をしました。
 女性スタッフ2人とmayuは早々と着替えて帰えりました。
 駅でそれぞれ分かれました。
 mayuは駅の改札の隅にある喫煙ルームで一息入れてから電車に乗ろうと思い、タバコを吸っていました。
 すると、先ほど改札を入って行った女性スタッフの1人が改札から出て来たのが見えたのです。
 急いでいる感じで足早に走っていきました。
 mayuは「忘れ物でもしたのかな~」と思いました。
 主任の大前さんが帰ってしまっていたら店の中には入れないので、mayuは気になってmayuも店に戻ることにしました。
 店の斜め前の交差点から店を見るとシャッターが半分だけまだ空いているのが見えました。
 「あっ、良かった」と思った。
 mayuは女性スタッフが出てくるのを待って、駅まで一緒に帰ろうと思い、交差点の所で10分くらい待っていました。 
 でもなかなか女性スタッフは出て来なかったのです。
 mayuは「もしかしたら…」と思いました。

5dasd00385ps

 mayuは店の入り口から静かに入って、店の奥へと進みました。
 調理室の奥へと進んで、事務所の隣にある更衣室の前まで来ました。
 廊下にいるmayuには主任と女性スタッフの話し声が僅かに聞こえました。
 その話し声は更衣室からではなく、更衣室の隣にあるスペースから聞こえていました。
 そのスペースは材料の在庫を置いておく少し広い場所です。
 mayuはその手前で耳をすませて2人の会話を聞いていました。
 従業員同士の会話ではなく、明らかに男女の会話でした。
 主任は確か28歳で2年前に結婚していました。
 会話が途切れ途切れになったので、mayuは少し奥に進んで、小麦粉の袋が積まれている陰に隠れて2人を覗きました。
 そのスペースの奥には業者が搬入するドアがあり、外の車が走る音や歩く人の声が僅かに聞こえるました。
 mayuは2人に気付かれないように息を殺しながら見ていました。
 2人はキスをしていました。
 全く想像出来なかった従業員同士の店内不倫です。
 主任は背が高く、清潔感のあるイケメンですが、結婚しているのです、mayuはドキドキしました。

4dasd00385ps

 主任は女性スタッフの上着のボタンだけを外し、ブラを外さずずらしただけで胸を触って、しゃがみ込んでスカートをめくり上げました。
 女性スタッフの下半身を主任が愛撫していました。
 主任が立ち上がってジャケットを脱ぎ、ネクタイを外しました。
 女性スタッフが主任のワイシャツのボタンを外しました。
 ワイシャツがはだけて主任のスリムな体が見えました。
 主任のスラックスの股間が見事なほど膨らんでいました。
 女性スタッフはスラックスの上から主任の膨らみを撫で、主任とキスをしました。
 女性スタッフがしゃがみ込んでスラックスのファスナーを下ろし、中に手を突っ込んで、主任のチンコを引っ張り出しました。
 主任のチンコはビンビンに勃起していて上反っていて、亀頭はスラックスのベルトの位置を越えていました。
 mayuは興奮状態がマックスになりました。
 スラックスを脱がずにファスナー部分から主任の想像以上の大きなチンコがむき出しになっています。
 女性スタッフはしゃがんだまま、主任の大きなチンコを仰ぎ見るように眺めていました。
 主任はわざとなのか、大きな反り返ったチンコに力を入れてピクンピクンと動かしました。
 それが合図なのか、女性スタッフはようやく少し体を上に上げて、主任の亀頭を口の中に含みます。
 女性スタッフは主任の竿を握り締め、その先を口で愛撫していました。
 主任の竿の全てを口に含むことなんて出来ないほど大きなチンコでした。
 しゃぶられながら主任は腕時計を見ています。
 時間を気にしている様子でした。

3dasd00385ps

 あまり遅くなると家で待っているだろう奥さんに怪しまれると思っているのかもしれません。
 女性スタッフが主任の竿から口を離し、反り返った竿を手で長いストロークでしごき上げました。
 主任の長い竿は完全に皮が剥けきっていて、ドス黒い大人のチンコでした。
 ああ、欲しいと思いましたが、もちろん、手が出るわけではありません。
 主任は棚の上段に置いてあった缶を取りました。
 その缶は業者が納品の時に渡す納品書が入っている缶でした。
 普段は主任が納品に立ち合うので、主任しかその缶は触らないのです。
 主任はその缶の蓋を開け、伝票の下の方から何かを取り出しました。
 コンドームでした。
 主任は缶を棚に置き、コンドームの袋の隅を噛み、慣れたように袋を破きました。
 あの缶にコンドームが入っているっていうことはもう何回もあの場所でヤッているのだろうと思いました。
 服を脱がずにスカートをめくり上げただけの女性スタッフが壁に手をつきました。

2dasd00385ps

 主任は自分でチンコにコンドームを装着しました。
 そして唾を手に付け、コンドームの上から長い竿をしごくように唾をのばしました。
 再び主任は自分の手に唾をつけ、女性スタッフの下半身を触りました。
 2人とも服を着たまま、主任はファスナー部分から長い竿を出しています。
 その状態で女性スタッフの背後から主任の長い竿が挿入されました。
 mayuは主任の腰使いを見たかったので、スラックスを脱げと、念力を送っていたのを覚えています。
 体位を変えず、ひたすら背後から突き続ける主任。
 コンドームを装着した主任の長い反り返ったチンコが女性スタッフの下半身から出し入れされる度に見えました。
 mayuも気が付くとジーンズの上から自分のチンコをさすっていました。
 主任は長い竿を最大限に利用するようにストロークの長いピストン運動で女性を突き上げていました。
 主任がピストン運動を繰り返す度に主任の長い竿が見えては隠れる様子が続きます。
 主任が背後から女性スタッフの肩をポンポンと軽く叩いたと同時に女性スタッフが振り返って頷くような仕草をしました。
 主任は更にピストン運動のスピードを上げて、「イクよ!」と言って、腰を小刻みに動かしました。
 主任が射精しているであろうタイミングに合わせて、主任の腰と体がピクンピクンと振れていました。

1dasd00385ps

 主任が女性スタッフから長い竿を抜くと、まだ主任の竿は反り返っていて、主任は無造作にそのコンドームを外しました。
 女性スタッフが鞄からウェットティッシュを取り出し、コンドームを包んで、自分の鞄の中に入れました。
 随分と慣れたスムーズな流れでした。
 女性スタッフはしゃがんで、主任の竿を掃除していました。
 主任の竿は萎えることなく勃起していました。
 女性スタッフは主任の亀頭を舐めながら竿を勢いよくしごいていました。
 主任は腕時計を見て、ワイシャツのボタンを締め始めました。
 女性スタッフのしごいている手のスピードが上がり、主任はワイシャツの裾をめくり上げ、「イク…」と言って、女性スタッフの口の中に射精しました。
 驚いたことに女性スタッフは、その主任の液体を飲んだのです。

 再び女性スタッフが主任の竿を口で掃除して、ウェットティッシュで丁寧に拭きました。
 僅かに萎えた主任の竿ですが、まだ使えると充分に勃起していた。
 主任は長い反り返った竿を無理やりファスナー部分からスラックスの中に収めました。
 mayuは慌てて、店を出て駅まで走りました。
 主任と女性スタッフがラストまで勤務する日は、ああやって時々ヤッていたのでしょう。
 その主任の意外な姿を見たmayuは、主任を見る度にムラムラしてしまうのでした。
 ああ、いつかはあの女性スタッフの様に主任に愛されたいと。








500avopvr00025pl

【VR】VR 貴方だけを見つめる天然美少女ニューハーフ 城星凜

見た目も中身も女の子。だけど、人よりも大きいおちんちんが着いている美少女「城星凜」がVRで登場!女の子よりも可愛いのにニューハーフなんて信じられない!そんなNHとイチャイチャラブラブ擬似体験出来る!おちんぽを握りあったり、しゃぶったり。興味がある方は是非視聴してください。

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。



500h_1217avopvr00044pl

【VR】女装シャ! 吉崎リナ


少年の夢…それは男の人達に囲まれて恥ずかしめられる事…。そんな思いを赤裸々に語りだした吉崎。彼女の夢を叶えるべくAVオープンという輝かしい舞台を用意し、更にVRという特殊な撮影を行った。自らのペニクリを男の顔に近づけてフェラ奉仕をおねだりする可愛い一面も。肛門に巨大穴ペニスを挿入し、トコロテン発射で興奮をアピール!大量のザーメンを求め10発の濃厚な精液を浴び喜びを爆発させる。

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。




parathd02052plサオあり美人ニューハーフSEX20連発4時間SP~女をハメて男に掘られてチンポもアナルもフル稼働

★女性よりも美形でエロい?極上ニューハーフが続々登場!★女性専門性感エステでもっこりを最後の最後まで隠し通し、ここぞとばかりにポロ~ン!店員を騙してハメる?★銭湯の女湯へ。股間には立派な男の証し!風呂場で女性客と男顔負けのSEX!★ニューハーフに手を出してしまったマッサージ師。調子に乗ってプレイしているといつの間にかサオで掘られた!?★セックスレスの夫婦の間にニューハーフが入って錯乱の3P!!


















lboy00044pl女装子全盛時代 奇跡の神7 男の娘コレクション 4時間

最近の女装子のレベルには感心させられるばかりです。女性にはないウブな反応、恥じらい、そして、圧倒的美、全てが男の娘にはあります。もはや時代は女装子です。かつてこれほどまでにレベルの高い男の娘が揃ったことがあったでしょうか?とびきり可愛い女装子7人を収録した珠玉の男の娘総集編です。


















h_995bokd00084plアナルローズ満開!カワイすぎる変態女装娘11人4時間BEST

これまで、【僕たち男の娘】が自信を持ってお送りしてきたカワイすぎる女装娘たちを厳選し11人収録!!激しいファックにアナルローズまで咲いてしまうイヤラシイ女装娘のケツマ●コ!そして、3P乱交でイキまくるッ!!中出しSEX、ザーメンぶっかけで乱れ、エロすぎる女装娘たちをとくとご覧ください。


















h_995bokd00082plお漏らしするほど気持ちよくしてください。橘芹那

気持ちいい時、いった後、みんなおしっこしたくなりますよね?今回は全コーナーに芹にゃんの失禁シーンを入れた、つゆだく作品!玩具で失禁。イラマで失禁。首絞められて失禁。もちろんケツマ●コ犯されながらの失禁も盛りだくさん。気持ちよくなりすぎておしっこ漏らすカワイすぎるニューハーフ橘芹那を是非お楽しみください。















ザーメン大好き

500al8gvo1_12cc

 chika姉様の最初のステージは痴女OLです。
 黒いミニスカスーツにメガネ。
 インテリOLのイメージですが「濃くて臭いザーメンが好き」と淫乱目線で告白し、男性社員と接吻します。
 mayuが抱く「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」のゑ梨花のイメージは、このchika姉様の姿に近いですね。

1h_995bokd00039ps

 ステージ上では口と口を犯し合うようなケダモノじみた接吻が続きます。
 コップの水を口移しで飲ませたり吐きかけたりして、顔中を舐めまわします。
 chika姉様の異様に長いベロ。まるで爬虫類の舌のようです。
 それがツバでテカテカと光りながら妖しく動き回るのです。
 そんなchika姉様の乳首舐めが効いたようです。
 男性社員はボディをヒクヒクさせています。
 彼のパンツには大きなカウパーの染みが。
 その部分をいじったり舐めたりして愉しむchika姉様。
 獲物をゲットした痴女の目です。

16h_995bokd00039ps

 勃起したチンポにツバを垂らし、長いベロで舐め回します、咥え込む、しゃぶりまくる。
 その卓抜したテクニックには驚くばかりです。
 一般人なら1分持たずにイッてしまうフェラに見えるのですが、実は微妙な間と緩急で、イキたくてもそう簡単にはイケない工夫が凝らされているそうです。
 意識した寸止めではなく、chika姉様のフェラはそれがスタンダードなのだそうです。
 つまり男に気持ち良さをたっぷり味わってもらう癒しと奉仕の精神に溢れ、かつ少しでも長くフェラしていたという自分の欲望を満足させる天然技術です。
 しかし男性社員は我慢できず暴発し舌上発射をしてしまったようです。
 chika姉様はザーメンを口の中でブクブク泡立てゴックン飲み干しててくれます。
 ネバスペも鮮やかですね。

15h_995bokd00039ps

 この1発がchika姉様のザーメン好きに火をつけたようです。
 そしてステージでは、chika姉様のオナニーと同時に、男優陣が上がり連続ぶっかけが開始されます。
 chika姉様は顔射ザーメンを指ですくって口に入れます。
 メガネに飛んだザーメンも舐め取ります。
 長いベロで作った“皿”でザーメンを受け、それをジュルジュルと啜って飲むのです。
 浴びるたび、飲むたびに興奮していくchika姉様。
 その歓喜の表情がとてもエロチックです。
 見ているウチに、chika姉様は2本の指で口の中のザーメンを喉奥に押し込みました。
 自らのザーメンイラマチオです。
 やることなすことがエグイのですが、それが見事に決まっています。
 猥褻感だけでなく、優雅さすら感じさせるのです。
 そして舐め取りゴックン7連発が完了します。
 やはりその姿は、mayuの中の指尻ゑ梨花と重なっていきます。

14h_995bokd00039ps

 次のステージは、chika姉様がナースに扮しての痴女ナースの8人抜きです。
 これも凄かったです。
 並んでステージに横たわった数人の患者。
 ここでもchika姉様は凄腕のフェラを見せ付けます。
 まず長いベロで乳首を弄び、甘噛み。
 チンポにベロを絡みつけ、タマを吸いまくりの、ディープフェラです。
 ついで激しい手コキと舌コキ。
 最初の2人はこれでイカされました。
 その後も凄いのです。

13h_995bokd00039ps

 精子1匹逃がすまいとバキュームお掃除フェラと、患者の腹毛に垂れたザーメンを啜り取って味わうようなネバスペとゴックンです。
 抜きとかザーメンプレイの上手さだけではありません。
 患者に向ける優しい笑顔が素敵です。
 もちろんこれは観客席に向けるエロチックな笑みでもあるのですが。
 chika姉様のプロ根性に感心せずにはいられません。

12h_995bokd00039ps

 ナース衣装を脱ぎ下着姿になると「皆さん寂しかったでしょ」と残りの患者の上を、chika姉様は肉布団よろしく転げ回ります。
 この舞台上のシチュエーションを愉しんでいるのがよく判ります。
 患者の我慢汁で濡れたパンツに気がつくと、チングリ返して長いベロを細く丸めてアナルに差し込みます。
 これはchika姉様のベロのアナルレイプです。
 嬉しそうなchika姉様の笑顔が恐ろしいほどエロいのです。
 ツバをつけてアナルを指ホジします。
 過去の男ども相手に、磨きに磨き上げたテクニックです。
 なんと濃い我慢汁が患者の亀頭から胸まで長く垂れました。
 chika姉様はもう片方の手でチンポをしごきます。

11h_995bokd00039ps

 そのアナル快感に加え、巧みな手コキと激しい舌コキで患者は、天井まで届く勢いでザーメンを噴射しました。
 男優さんの中には本番を味わった幸せ者もいました。
 (クラブの感謝祭では、この権利を会員さんも得ることが出来ます)
 まずchika姉様が全裸になり強制的な顔騎を行います。
 濃厚接吻と乳首舐めで男を喜ばしておいて、いきなり頬にビンタです。
 これはアドリブです。
 ぶたれた患者も喜ぶ痴女の愛の鞭といったところでしょうか。
 さらにchika姉様は、男の膝と太ももとお腹の肉を甘噛みします。
 そしてたっぷりとフェラしてから騎乗位挿入へ。
 額と上半身に滴るchika姉様の汗が本気モードです。
 全力&ガチンコプレイの証です。
 相手を焦らすような腰の動きで、自分も快感を味わう真のニンフォマニアでもあります。
 興奮が高まり、患者の首を絞める“安部定セックス”も見せてくれます。
 自分もアクメに達し、最後は手コキでザーメン奪取するのです。
 それでも執拗にしごき続けるchika姉様が、最後には観客席へその男の潮吹きを見せてくれます。

9h_995bokd00039ps

 残りが3人になると、順番にマンコを押し付ける窒息系顔騎に攻めのパターンが変わっていきます。
 chika姉様が不意に1人の患者の首を、折り曲げた脚の裏に挟んで絞首プレイに持ち込みます。
 患者も驚いたが、こっちもびっくりしました。
 こんなプレイは見たことがありません。
 勿論、これはchika姉様のアドリブです。
 さらに別の患者には指でイラマチオ。
 その2人のチンポをまとめて濃厚フェラと激しい手コキでchika姉様がせめて行きます。
 1人は呆気なく発射しました。
 するとchika姉様は「オシッコしたくなった」と、許可を取るでもなくその患者の顔に自然放尿するのです。
 これもアドリブです。
 とにかく本能の赴くままの男責めでした。
 最後は残った2人のチンポを同時にしごいて、順番に発射させました。
 これでザーメン搾りゴックン8連発完了です。

8h_995bokd00039ps

 3番目のステージは痴女オナニーです。
 指2本をケツマンコにズボズボと突っ込みます。
 指についた本気汁を舐め、さらに変態モードに入っていくchika姉様。
 ぐっしょり濡れたケツマンコにバイブを突っ込み、たちまちアクメに達してしまいます。
 ここで、男達のぶっかけが開始されるのです。
 chika姉様はまたベロで“皿”を作ってそこにザーメンをもらっています。
 ザーメンがまるで皿に盛られた白い濃厚スープのようです。
 “皿”からザーメンが溢れると、chika姉様はそれをカクテルグラスに垂らしますす。
 ベロを皿状態から一気に伸ばすから、まるでザーメンの滑り台みたいです。
 この光景が実にエロいのです。
 ザーメンは額や頬や鼻もにもぶっかけられました。

7h_995bokd00039ps

 小麦粉のだまみたいなザーメンのカタマリがchika姉様のこめかみにへばり付いています。
 chika姉様はそれを指で取って口に入れます。
 まるでグルメを味わうような表情です。
 本当に嬉しそうに、顔のザーメンを指でカクテルグラスに垂らしていくのです。
 一度口に入れたザーメンもベロを滑り台にカクテルグラスに注ぎこまれ続けます。
 胸や腕に飛び散ったザーメンも指で取って口に運びます。
 本当にザーメンが好きなのでしょうね。
 chika姉様は「もう我慢出来ないの。飲んじゃうよ」と言うと、カクテルグラスを静かに口に運び、じっくりと飲み始めました。
 ザーメンを賞味しつつ、バイブの快感も味わうchika姉様です。

6h_995bokd00039ps

 まるでザーメン酔いしたように興奮が高まり「ザーメンてスゴイわぁ」の言葉を残してイッってしまいました。 
 でもここで終わらないのがchika姉様の凄いところです。
 騎乗位の体勢で極太バイブをマンコに突っ込み腰を使い、またグラスのワインを味わうのです。
 一気飲みすると、空のグラスをしつこく舐めつつ、バイブでもマックスへ。
 「これだからザーメンて最高」と笑顔で決め言葉です。
 美しく華麗なるザーメンジャンキーchika。溜め飲み39連発が完了しました。

5h_995bokd00039ps

 最後のステージは痴女セックスです。
 男のチンポをしゃぶる音が凄いのです。
 chika姉様の情熱の音です。
 根元まで咥え込むディープフェラ。
 ねぶり倒すような唇の動き。
 そんな強烈なフェラをする自分に酔っているようなchika姉様。
 騎乗位で男に深く腰を沈めました。
 上下動に前後動にグラインド。
 chika姉様のヒップが激しく揺れます。

4h_995bokd00039ps

 まるで尻が男を犯しているようです。
 額を汗まみれにし、髪を振り乱しての猛烈な騎乗位です。
 男が下からも突き上げます。
 ケツマンコとチンポが擦れる音が聞こえるような激ファック。
 アクメしてもchika姉様の悶えはおさまらずファックは続行されます。
 長く突き出したエロ舌にザーメンが滴ります。
 またもや連続ぶっかけが開始されたのです。
 ネバスペしつつも騎乗位の腰の動きは忘れない淫欲なchika姉様。
 唇の周りに付着したザーメンを舌なめずりしつつ、さらにザーメンを欲しがります。
 その浅ましいほどの貪欲さに圧倒されます。
 chika姉様の鼻に飛んだザーメンも、引き付けられるようにベロに落ちていきます。

3h_995bokd00039ps

 「いっぱいちょうだい!」
 chika姉様の期待を裏切らないザーメンの連射が始まりました。
 顔中に散ったザーメンを求めて、chika姉様のベロがいやらしく動き続けます。
 正常位になると、濃厚ザーメンの集中砲火です。
 chika姉様の欲しがり様が、EX男優たちを興奮させていることは間違いありません。
 chika姉様が、かけられればかけられるほど、綺麗に、そして優しい表情になっていくのは、心底ザーメンが好きだからでしょう。
 セックスの快楽の極みで、顔面にザーメンを求める欲求は少しも後退することがないようです。
 「もっとザーメンちょうだい!」
 痴女の欲望が迸るようです。
 次の瞬間アクメです。
 ファッカーのラストザーメンが顔面に飛びました。
 その精子の一匹も残すまいとする執念すら感じるお掃除フェラが始まります。
 潤んだ無垢な瞳。
 至福の笑顔。
 chika姉様の心が震えているようでした。

2h_995bokd00039ps







84tkbokd087pl【数量限定】キレイすぎる男の娘AVデビュー! アナルとチ●コに媚薬を塗られて絶頂SEX まゆり パンティとチェキ付き

まさにクールビューティーなまゆりちゃん。ど緊張しているはずなのに尿道に媚薬を塗り込まれ開始早々からフル勃起!ケツマ●コにもたっぷり媚薬を塗り込んで、淫乱変態女装娘の出来上がり。ぺニクリもケツマ●コも気持ちよすぎて理性もぶっ飛び悶絶しながら大絶叫!初めてのAV撮影なのに乱れすぎちゃった男の娘を是非お楽しみください!


















dasd00386plキャットラバーズ 水野朝陽

キャットラバーズ第八弾はGカップ爆乳女優「水野朝陽」が登場。キャットスーツを着用した彼女は、黒い球体が出る漫画のキャラクターに近い卑猥な肉体美。巨乳、クビレ、デカ尻の究極肉体に舌鼓。ゴムマンコの肉厚感も必見です。



















36doks00082pl顔面ひでぶアクメ

万引き女子校生に天罰を!華麗なボディコンダンサーの顔面崩壊!変顔面接で羞恥心を煽る!素人ドMな人妻モデルさんを騙す!見られるだけでも恥ずかしい顔をさらす彼女達の股間を電マの刺激が襲い、羞恥と恍惚の入り混じった『ひでぶな顔面』がさらに歪んでいく…。普段の美しいイキ顔も収録されておりますので、その絶妙なコントラストをお楽しみ下さい。


















1vspds00665pl究極の羞恥と屈辱 変顔に顔射

突然フェラ中に女優さんの顔をいじりまくって史上最高の変顔に顔射強要してみたら…見たこともない変顔でいやらしくジュポジュポしちゃう子や、恥ずかしくて出来なくて泣きじゃくる子に大量のザーメンを顔面ぶちまけろ!稲川なつめ、このは、結城みさ、橘ひなた他、錚々たるメンツの史上最高の屈辱フェラにご期待あれ!


















mism00064pl吐き出すまで突きまくる、史上最狂のイラマチオ 神納花

生ヌルいニセ物イラマに憤りを感じているガチンコ口内凌辱ファンの皆様、前作を超えるハード作品が出来上がりました!究極真正イラマシリーズ第2弾は前作よりリバース量500%UPの地獄の鬼もハダシで逃げ出す口内暴姦!手加減一切ナシ、全力で奥まで犯して胃液を全て吐き出させます!























































第2幕 先読み「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」2

500fjyfdduyuydddff

 さあ今度のブログ原稿は、どんなのにしようかと考えていたら、chika姉様から、前の回の時のように「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」の未公開原稿と言うのか下原稿を渡されました。
 今回は完全にmayuがブログを書くつもりでいたので、少し意外でした。
 それに2回も続けて未公開原稿を公開して大丈夫なのかと思って、その事を聞いてみました。

「ゴースト・イン・ザシェルも随分沢山、予告映像が流れてじゃない。こんなに見せて大丈夫?みたいな感じだったけど、本編見たら全然、大丈夫だったでしょ。あのトレーラーじゃ本当の中身は判らないようになってるの、それでいて見たいって思わせる刺激的な美味しいとこだけ流してさ。上手い方法だったわ。アタシのが、そうだとは言わないけど、あんな感じよ。」との事でした。
 この調子だとchika姉様の「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」は、前回連載時より2倍ぐらいボリュームアップしてるのじゃないかと思います。
 そういう事ですので、mayuが、予定していた原稿は又、別の機会に。

16h_1169blmc00005ps


 その日は掲示板に予告していたとおり、前日の深夜にドールへの仕掛けを終えて、ハッテンバへは午前中に入った。
 身体の準備を念入りに済ませて、まだ清掃が終わっていなかった「白い部屋」で、掲示板に書いた通りのゴーグルに赤のTバックで寝待ちをした。
 暗がりに微かに見える人の身体は官能的だった。
 ついこの間まで私は、人間の身体を醜い物と見なし、ドールを愛していたのが不思議だった。
 この国にやって来てから、私の中で起こった、この変化は何なのだろう?

 すると多分9時を過ぎた頃だったと思う。
 人の気配がした。
 薄暗がりに目にはゴーグルだから、その容姿ははっきり見えない。
 でも、私をジックリと観察して、「弄くってやる」っていう“気”がひしひしと伝わってくる。
 そして、私の横でしゃがみ込んだその人が、ついに触って来た。
 乳首責め。ペニス責め。上手い。
 私はどんどん淫らな声を漏らして、喘いだ。
 私は責められながら、その人のペニスに手を出した。
 手の平の中で、その形が判った。
 ・・・凄い。エラが張ってる。・・・
 「これ」で刺し貫かれると思うと、その人の絶妙な愛撫も作用して、もう耐えきれない程勃起してしまった。

15h_1169blmc00005ps

 その人は膝建ちで私の顔の方に寄ってくる。
 私はまず、そのエラの張ったペニスの臭いを嗅覚に染みこませるくらいに目一杯吸い込んだ。
 そして、カポッとむしゃぶりついた。
「ムグググ。スゴイです。エラ張ってマス。ペニス、美味しい。」
 私がそんなこと言いながらフェラしていると、その人は絶妙な指遣いで、乳首責めとペニス弄り、さらにはケツマンコへの指責めを仕掛けてくる。
 私は「アァ、乳首・・イイです。アア。チンコいいです・・。」などと淫らに喘ぐ。
 その人のエラが私の口の中で膨張した。
 ・・・ペニス、欲しい。ズコズコ犯されたい。・・・
 そんな淫乱な欲望のままに、その人のエラの張ったペニスを唾液いっぱいにしてジュルジュルとしゃぶった。
 その人の私への乳首弄りとケツ穴弄りで、私のケツマンコも「チンコ欲しいです。チンコ欲しくて堪りません。」って泣きながら疼きまくりだった。

 指がズンズンと前立腺を刺激して、私のエロチックな気分をどんどん高める。
 ケツ穴も程よくかき回してほぐされ、ケツマンコがスケベ汁でトロトロになる。
 私の淫乱な欲望は底知らずだった。
『これ言うと、ひょっとしたら、“ひかれちゃうかも”知れない』と一瞬ためらいがよぎったが、思い切って切り出す。

14h_1169blmc00005ps

「アァァ・・・金玉・・・急所・・・痛めつけて下さい・・・。」
 するとその人は、「こんな風にか?」と、私の急所をグリッと握る。
 あの、男ならではの痛みが、ズンズン襲ってくる。
 これが痛いけど、気持ちいい。
 私の勃起したペニスはビクッと反応し、固さが増す。

「アアア。イイ。アアア。急所。アアア。チンコ・・・。乳首・・・ケツマンコ・・・。イイ・・イイ。」
 散々、私の身体を弄くって、身も心も受け入れ体勢万全にした頃合いで、その人が私の股の方に移動した。
 そしてツーと、オイルを私のジュクジュクのケツマンコに垂らす。

・・・あああ。あのエラの張ったヤツが入ってくる。欲しい。・・・

 私は心の中で、叫んだ。
 すると、その人が私のアナルの口にあのエラの張った亀頭をあてがったかと思うと、ズブズブと一気に私のケツマンコの中に勃起チンコを突っ込んできた。

13h_1169blmc00005ps

「ウァ。」
 私は思わず呻いて腰を少し引いた。
 待望の雄交尾に加えて、エラの張った固いチンコが一気に侵入したのだ。
 ケツ穴のいきなり開いた痛みが、襲った。
 ただ、その人は私の両腰骨を、ガッチリと掴んで逃さずじっとしてる。
 だkら仰け反りようもない。
 というか、もともと犯されたくて、犯されたくて、どうしようもなくて来たのだ。
 それが念願叶って今犯されるのだ。だから、痛みなどすぐに消え失せた。

 そんな私の状態を理解したのだろう、その人が腰を動かし出す。
 あのエラ張り亀頭が、ゴリゴリと私のケツマンコを犯しだす。
 私は、思わずその人のケツタブを掴んで喘ぎの声を漏らしてしまう。
「アァァ。イイ。アアア。ケツマンコ・・・イィ・・・。」
 そんな私の反応に、その人は交尾を加速させたり減速させたりする。
 腰をグッと入れて、私の前立腺をグイグイ刺激する。
 私は身悶えしてよがりまくる。

12h_1169blmc00005ps

 さらにその人は、乳首を弄くる、ペニスをなで回す、急所を握る。
 腰をグラインドさせて、エラ張り亀頭チンコで私のケツマンコをかき回す。
 感じまくりの私は「アア。イイ。ケツマンコ。イイ。チンコ。イイ。」などと淫らな声を上げながら、よがり狂う。
 そして思わずその人の首を掴む。
 その人が私に顔を近づけてキスをする。
 私も、ムチュムチュと、音を立ててその人の唇に吸い付く。
 舌が私の口の中に入る。
 私もそれに応えて舌を絡める。

 すると、その部屋の入り口に人の気配がした。
 このハッテンバのスタッフだ。
「・・・あの。この部屋、清掃するんで。別の部屋に移ってもらっていいですか。もう掃除は済んでいるんで。」との声。
 その人が私から離れて、「あっちでやろう。」と言う。
 私はもちろん、まだまだその人に犯されたかったから、ゴーグル装着に、赤いTバックを改めてはき直した恰好のまま廊下に出て、その人の後を追った。

11h_1169blmc00005ps

 今度は「赤いライトの部屋」だ。
 部屋には、その人の他は誰もいない。
 私は犯されるために、布団に座っているその人の横に仰向けになって寝た。
 その人がキスをしてきた。
 顎髭と口髭が程よくあたり、私の欲情を高める。
 その人は、キス責めと同時に、乳首とチンコ責め、さらにケツ穴を指でこねくり回すのを忘れない。
 すぐさま私の赤のTバックを脱がせて、挿入。

 ズコズコヌチョヌチョ、いやらしい雄交尾の音が部屋に響き渡る。
 それに私の「アア。アア。イイ。イイ。ケツマンコ。アア。イイ。」などという喘ぎの声も響き渡る。
 いつの間にか、ギャラリーが2・3人、私たちの雄交尾の周りに集まっている。
 何しろ、雄の感じるところを熟知したテクニックだ。
 私は燃え尽きるように悶え、その熱がギャラリーを吸い寄せるのだろう。 
 ギャラリーを得て、そのテクニックはますますさえ渡り、しかも、時々私のコアな嗜好の急所責めも織り交ぜてくれる。
 何度も何度もキスをする。
 欲情はますます高まる。
 淫らな声を上げまくり、感じまくりの中、多分30分以上の雄交尾の果てに、その人が、「イク。」と言うや否や、グイッと私のケツマンコの中でドクドクっとザーメンを放出して、交尾はしばらく静止状態になった。

10h_1169blmc00005ps

 ・・・私。犯されたんだ。凄く嬉しい。・・・
 幸福感で思わずその人にキュッと抱きついた。
 そしてキス。
 マッタリと互いの身体を触り合ったり、唇を重ね合ったりした後、その人が二人の身体に毛布を掛けた。
 私に腕枕を差し出してきたので、その人のチンコを握ってその腕枕に身を任せた。
 まだその人に犯されたいと思った。
 髭が私の額に当たって、それが程よく心地よい。
 しばらくすると、その人の身体の力が抜けてきた。
 深い眠りに陥ったみたいだ。

 ・・・私を犯すために全力を出してくれたんだ・・・
 私は、自分のケツ穴に指を当ててみた。
 指先にヌルヌルとしたその人の雄汁が付着した。
 私はそのネバネバを鼻に近づけ、臭いを吸い込んだ。
 さらに自分の鼻の穴の周りに塗りつけた。何という幸福感・・・。
 私はその人の身体にぴったりと寄り添って、その人が“蘇生”して、また犯してくれるのを待ち望んだ。

9h_1169blmc00005ps

 でも激しい雄交尾の程よい消耗と、犯されたという満足感からか、そのうち私もうとうとし出した。
 ウトウトして2,3分も経っただろうか。
 横向きに寝ていて自然とケツが毛布から突き出している恰好だったからだろう、誰かが私のケツに指を2本3本と突っ込んでこねくり回しているのに気づいた。

 この部屋は「赤いライトの部屋」だ。
 このハッテンバでは「フィスト部屋」としても知られている。
 私は、フィストプレーはNGだが、まだ“はじまったばかり”なのをよいことに、そのケツ穴責めにしばらく身を任せることにした。
 人差し指と中指をズルッとケツマンコに突っ込まれる。
 クチュクチュと腸壁を擦り、時々ズイズイと前立腺を責め立てられる。
 そして、時々、人差し指と中指をパッと横に開いて私のケツ穴を広げようとしている。
 それが「痛い」と感じる寸前のところまで続く。

8h_1169blmc00005ps

 ・・・あああ。この人、フィストやる気だ。危ない。でも、悪くない・・。・・・
 “未体験ゾーン”に、このまま踏み込んで行くかどうかわからないが、その人のエロテクに身を任せることにした。
 私は最初に犯してくれた人の腕枕から少し離れ、布団から出てTバック姿を晒した。
 最初に犯してくれた人は、それでもスヤスヤと深い眠りに入ったままだ。
 すると、そんなアナル責めを見ていたギャラリーの一人が、膝立ち歩きで私の顔の処までやってきて、身をかがめた。
 その股間を触ると、その人のペニスは半立ち状態だ。
 私は躊躇なく、そのペニスにカプッとむしゃぶりついた。
 その人もフェラされたい、私もフェラしたい。
 あうんの呼吸みたいなものだ。
 私の口の中で、ムクムクと膨れあがるもう一人の男のペニス。
 ケツマンコを指で解され、チンコを弄くりまわされて身悶えしてしまう私。
 二人がかりの強姦。

 と、私がフェラしている男の様子が少しおかしい。
 腰を引き出して、どうも、私のケツマンコに指責めしている男にモーションをかけているみたいだ。
 やがて、私のケツマンコを責めている男は、私がフェラしている男のケツマンコも同時に指で犯すようになった。
 そして、ついには私に強制フェラをさせている男が、私のケツマンコを犯している男を奪うような恰好で、二人の乳繰り愛に突入してしまった。
 ちょっぴり悔しい気分もなくはなかったが、未体験のフィストをされずに済んだ安堵感を同時に抱いた。

7h_1169blmc00005ps

 最初に犯してくれた髭の人はまだ熟睡中だ。
 私は、身も心もまだまだ犯されたくてしょうがなかったから、その部屋を出ることにした。
 ただ、もちろんまた戻って最初の髭の人が起きていたら、また犯してもらおうと思っていた。
 部屋を出るときに、私のケツマンコを弄っていた男が、ジッと私のことを見ながら、別の男を犯していた。
 ・・・きっと、後から来た男がいなければ、私を犯してくれる気だったのかな・・・などという多少の未練を残して、私は部屋を出た。

6h_1169blmc00005ps

58:パート

 再び「白いライトの部屋」に戻ってみた。
 少し“寝待ち”していたら、何とも言えない威圧感を漂わせたガッチリ体型の男が、私のことを見ているのを感じた。
 ジロジロと私の身体を下から上までジックリと品定めしていた男は、いきなり私の横に座ったかと思うと、乳首をきつくつまみ上げだした。
 噂に聞く憧れの、ドSタチの責めだ。

「ッテエエ。イタッ。」
 私は思わず唸ってしまう。
「痛いだあ?」
 男はそんな私の反応に、むしろ責めのスイッチが入ったのだろう。
 男はますます遠慮なく私の身体に痛み刺激を加えてきた。
 もともと、スカトロやフィスト以外は何をされても構わない私だ。
 その人のSM責めを受け入れないわけがない。
 男は、むんずと赤いTバックから私の勃起チンコを無造作に取り出す。
 そして私の勃起をギュッときつく握り締める。
「ウアアア。ペ。ペニス。・・・潰れる・・・。」
 すると今度は勃起チンコを思い切り何度も何度も私の腹に打ち付ける。
 バチバチと勃起チンコが腹を打つ音が響く。


・・・もっと痛めつけて欲しい。もっと。・・・と心の中で叫ぶ。
 すると男は私のケツマンコにいきなり人差し指と中指2本を乱暴にねじ込んでくる。
 しかも奥深く、前立腺に当たるようにしてガツガツと指で私のケツマンコを痛めつけるように犯すのだ。

「アアア。ッテエエエ。壊れちゃう。壊れちゃう。ケツマンコ。壊れちゃう。」
 私は身体を仰け反らせながら悶えた。
 実際、本当にケツ穴が裂かれるような痛みだった。
 でも、その痛みに私は感じていた。
 そんなSMプレーに、もう一人の男が加わってきた。
 その男は私の真横に来て、しゃがみ込むなり、私の左側の乳首をガブリと噛みついたのだ。

5h_1169blmc00005ps

「イタ。アァァ。乳首。噛まないで。」
 もちろん、そんな言葉は誘い水でしかない。
 その男は、今度は右側の乳首に顔を埋めて噛みついた。
 私の股間では、ドSタチがチンコの皮と急所の皮に夢を立てて抓り出した。
 皮はさすがに痛い。
「アア。痛い。」と言って思わず腰を引いてしまった。
 するとドSタチのその男は、グイッと私の両腰骨を引っつかんで私の身体を引き寄せた。
 そして、「痛いだって?痛いのがいいんだろ?こんなスケベな恰好して。」
「・・・ハイ・・・。」
「どうして欲しいんだ?」
 私は少し躊躇したが、「急所を・・・金玉を痛めつけてください。・・・あと・・・ケツマンコ・・・犯してください・・・・。」と答えた。
 そう言うと、ドSタチは、いきなり私をチングリ返しの状態にしながら、平手でバンバンと急所を連続殴打し始め、周りに見せつけるようにして私のアナルを指でぐちゃぐちゃにかき回しだした。


「アアア。アアア。スッゲ。アアア。アアア。もっと。アアア。急所。アアア。ケツマンコ。」
 チングリ返しが一旦中断したと思ったら、もう一人の男が、私の顔面に自分の股間をこすりつけて、私のチンコと急所を口の中に頬張った。
 そしてガジリと噛み出すのだ。
 痛いけれど、この上ない理想の状況。
 私が責められている。
 男責めされているのだ。
 ドSタチのケツマンコへの責めは執拗で、乱暴で、それでいて“雄のつぼ”を的確に突いてくる。
 ケツ穴を指3本でグチャグチャにかき回して、ズイズイと前立腺を刺激して快感をどんどん増させる一方で、ときどき指をパッと開く。
 ケツ穴が開いて肛括筋に痛みが走る。
 乳首に爪が食い込むほどに指を立てて捻る。
 痛みが走ったかと思うと、指の腹で乳首の先端を転がす。
 だから思わず、「アア。アアンンン・・・。イイ。イイ。・・・乳首。乳首。・・イイ。」というようなスケベな声を上げてしまう。
 この痛みと快楽の絶妙なバランス。
 そして不意にチングリ返しにしながらの急所への平手連打。

4h_1169blmc00005ps

「アア・・。チンコ・・。チンコ・・ください・・。」
 私は何度も何度も、その人のチンコをケツマンコにぶち込んで欲しいと懇願した。
 ただ、その人にとって、私という相手は、その人のドS嗜好には物足りなかったのかも知れない。
 「また、やってやるからな。」と言い残して、部屋を出て行ってしまった。
 もっと私が痛みに耐えられたらよかったのかも知れない。
 (あとでわかったことだけど、私のチンコの竿部分と右睾丸に爪痕が残っていた。2日ばかり僅かな痛みを感じた。)

 ただ、「もっと犯されたい。」という私の欲望は、“掘られなかった”ことで余計にましていた。
 そこで、あの最初の「髭の人」にやられたいと思って、「赤い部屋」に行ってみたが、さすがにそこにはあの人の姿はなかった。
 「悪いことをしたな」と思いながら、まだ「犯されたい」私は、ゴーグルに赤のTバックのまま歩いて、そのハッテンバの薄暗い2段ベッドの部屋の下の段中央で、再び寝待ちすることにした。



 薄暗い2段ベッドの部屋の下の段中央で寝待ちしていると、入れ替わり立ち替わり3・4人ほどの男が私を弄ってきた。
 いろいろなペニスがあった。
 先端は小さいけれど、付け根に行くほど太いのもあった。
 「ケツに突っ込まれたら、どんな感じかな。」などと期待を少ししていたけど、その人の挿入はなかった。
 そうやって、正午を過ぎた頃だろうか。
 まるでプロレスでもやっているかのような、ガタイのイイ短髪の人が、私のところにやってきた。

 大の字に寝ている私の乳首に指を這わせる。
 電気が走るような快感が突き抜ける。
「ハアァァァ。・・・イィ・・・。」
 私はすぐさま感じまくりの喘ぎ声。
 ガタイがデカイのに、この細やかで優しい指遣い。
 そして舐めテクニック。
「イィ。気持ち・・イィ。」
 めくるめく快感に、喘ぎまくる。
 そして「この人のチンコが欲しい。」という欲望が沸き起こり、愛撫され身をよじらされる中で、私は手を這わせてその人のチンコを握りしめた。

3h_1169blmc00005ps

 ・・・勃起してる。・・・と、思った途端、その人が私の胸に顔を埋めて乳首舐めを始めた。
 同時に指を、私のケツマンコに差し入れてクチュクチュとこねくり回し出す。
「ワァァ。アァァ。イィ。イィ。乳首・・・乳首・・・。アァァ。ケツマンコ。」
 慈しむような官能的なテクニック。
 私みたいなヤツを“愛してくれてる”と感じさせる、その技。
 幸福感と犯されたい願望で、私はその人に抱きつく。
 そんな私に呼応して、その人はムチュムチュと音を立てて、私の首筋やら耳たぶ、さらには乳首を甘噛みしつつ舐めまくり、ケツマンコこねくり回しと亀頭責めを絶妙な指遣いで仕掛けてくる。

「アアア。イイ。アアア。アアア。ペニス。ペニス。欲しい。」
 私は身悶えしながら、その人に懇願する。
 と、その人がスクッと膝立ち状態になり、巧みに自分の勃起にコンドームを装着しオイルを塗りたくり、さらに自分の指と私のアナルの口にタップリ垂らして、また指をズブッと私のケツマンコに突っ込んでほぐしにかかって来る。

「ハアアアア。ハアアアア。イイイ。イイイ。ペニス。ペニス。ペニス。突っ込んで・・ください・・。」
 私はワナワナと身体を震わせて、足を開き腰を突き出し、さらにアナルの口の両側を自分の手で捲って待ち構えるド変態ぶりで狂いだしていた。
 ズブ。
 その人の太いペニスが一気に私のケツマンコを貫く。

「カアアア。イイイイ。ケツマンコ。イイイイ。」
 その人は時にガツガツと激しく、時に静止する、それもアナルの口ギリギリまで引いて、亀頭部分をケツマンコから抜くか抜かないかの際のところまでで静止したりする。
 私は一層激しく犯されたいものだから、身体を震わせて、その人の腰骨をガッシリつかみ勃起チンコをケツマンコに入れようと身をよじる。

2h_1169blmc00005ps

「アア。掘って。アァァ。イイイイイイ。掘って。」
 すると、その人が一気にズンとチンコを、私の中にめり込ませる。
 そして一層激しくグチョグチョ音を立てて私のケツマンコを犯すのだ。
 汗だくになったその人の汗が、ポタリポタリと私頬や首筋に滴り落ちる。
 ・・・こんなに一生懸命、私のこと犯してくれるんだ。・・・と私は心底嬉しさでいっぱいになった。
 首筋にギュッと抱きついて唇を求める。
 その人の舌と、私の舌をヌチャヌチャと音を立てて絡めあう。
 彼の逞しい二の腕を掴む。

「スゴイです。何かスポーツやってますか。?格好いいです・・・」
 掘られながら、そう言うと、その人が「・・・んなことないよ。ただのデブだよ。」などと苦笑交じりに謙遜して、犯しまくりを続ける。
 間で何度か中断しては雄交尾、中断しては雄交尾のエッチが続いた。
 3時間は交わったと思う。
 心底その人のザーメンが欲しかった。
 ただ、私の帰りの時間が近づいて来てしまった。
 ドール化の適正な処置をしなければ、門戸さんから譲り受けた、あの女装の若者が死んでしまう。

 「もっとやりたい」とその人は言ってくれたけど、わけありで時間に限りのあることを告げると、「またいつかやろうな」と言ってくれて、私から離れていった。
 その人が出ていた後、少しの間、幸福感とケツの中のペニスの感じにしばし酔いしれていた。
 「腰が立たない」という感覚に満たされた感覚を味わっていた。
 そして、シャワーを浴びようかと思ったところに、中肉中背の短髪と思われる人が私のチンコと乳首をまさぐってきた。
 どうやら、私とあのプロレスラー体型の人との淫乱エッチを眺めていたようなのだ。
 雄の快楽のつぼを心得たエロ攻め。
 私は、さっきの人に悪いなと思いながらも、その中肉中背短髪男の責めに身を委ねた。
 門戸屋敷のあの若者の事は、あまり気にはならなかった。
 もし何かがあれば、門戸さんには「事故」だったと言うつもりになっていた。
 男がグチュグチュと私のケツマンコを指攻めしてくれる。

1h_1169blmc00005ps

「ハアア。イイ。」
 エッチな声で身をよじる私。
 その人のチンコに手を伸ばして握ってみる。
 ゴツゴツとして亀頭から根元までがぶっとい。
・・・スゴイ。犯されたい。・・・
 私の気持ちはその人にも伝わったのだろう。
 すぐさまその極太をズブズブと突っ込んできた。
「グアアアアアア。イイイイイイイイ。イイイイイ。スッゲエチンコ。アアアア。急所。急所、痛めつけて。・・・」
 するとその人は、ズコズコ掘りながら、「こんな風にか?」と私の急所に拳で連続パンチしながらケツ堀を続けてくれる。
 急所を責められながらのケツマンコを陵虐された。
 脳天を突き抜ける痛気持ちよさと、ケツマンコを貫き沸き起こる目くるめく快感。
 私の新しい理想のエッチ。
 すると、その人の腰の動きが早くなった。
 気持ちがいいのか・・・。
 そして、「ガアアア。アアアア。気持ちイイ。アア。イク。。」と言うや否や、私のケツマンコから極太を引き抜いて、私の急所とチンコにザーメンをビショビショとぶっ掛けてくれた。

「気持ちよかったゼ・・・。またいつかやろうな・・・。」
 そういい残して、その人は出て行った。

 時間は4時を回った。さすがに出なければならない。
 やっぱり、あの若者は見捨てられない。
 元はといえば、私が門戸さんにねだって手に入れた身体なのだから。
 人も増えて、まだ残っていたらもっともっと犯されるだろうなと、口惜しさいっぱいながら、我慢してシャワーを浴びて、そのハッテンバを後にして、電車に乗り込み門戸さんの屋敷に向かった。
 電車に座っていると、ケツマンコがひくつきっぱなしだった。
 私は、ぶち込まれたチンコの感触の余韻に浸っていた。









h_1169blmc00004plBe My Bride... ウェディングドレスに憧れ続けた美少年 女装子DEBUT 葵23歳

ブライダルのスタッフとして働く美少年、葵君(23)。彼が幼少期より心に秘めていた願望は、ウェディングドレスを着てみたいという事。ブライダルの仕事もその願望が高じて始めたとの事。女装願望があるわけでもないらしい。スタッフは彼の夢を叶えることにした。ただし、女装AVに出演するという条件と引き換えに…。


















lboy00041pl「子供の頃から女装に興味があったんです」東京六大学現役エリート大学生の告白 育ちの良い気品漂う男の娘 MAO 20才 鮮烈AVデビュー

物静かでクールな印象の美少年だった。高学歴の現役大学生で、実家も豪邸の正真正銘のお坊ちゃまである。そんな彼がなぜ女装子にといえば、実は昔から興味があったらしいのだが、もちろん言い出せるような環境でもなく、二十歳を記念に思い立ったのだという。恥じらう漂うデビュー作、どうぞご覧下さい。




















h_1169blmc00001pl生まれ変わり…。純真少年SUBARU 掘られてみて初めて知った女の悦び

美少年SUBARU君のお悩みは、予てから女性よりも男性が好きだという事。誰にも言えないまま、女性とだけ付き合ってきた彼。いよいよこの日、彼は自身が‘女’になる事によって矛盾を取り除き、男と肉体関係を持つのだった。誰もが二度見するほどの美少年、華々しく女装子に大変身!!



















btis00077pl女装美少年46 ハルカ

ハルカくん、20才。女性経験も男性経験も無し。中学に通う頃から女装してみたいと思っていた。インタビューも早々に中年男たちが視姦。身体をまさぐられ初キス、初フェラ。男たちによるアナル弄り。前立腺を弄られ軽くイクと、本格的なカラミへ。シックスナイン、兜合わせ、そして破瓜。「もうホントの女の子になっちゃうよ。いい?」長身のおしとやか美人となったハルカが、プロの男たちから性の手ほどきを受けます!














Twitter プロフィール
 ニューハーフなケバいメイクで生きてます。このツィッターはWeb小説等の創作メモ代わりに使っています。メイクビッチなう・な「つぶやき」も時々あるかもー?
ブログ内記事検索 フェチな単語でネ
chikaの一押し
note.mu


アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA


line





ウィークエンダー
極上男子
漆黒の蝦頭貴婦人が舐める世界
漆黒の蝦頭貴婦人が舐める世界
Pinterest
saienji Pinterest
saienji Pinterest


見放題ch プレミアム
009-1

Amazonライブリンク
アダルトブログランキングへ
プロフィール

chika

ニューハーフ女王様の日常には、更衣ロッカーの中に唾液でガビガビになったレザーパンツあり。
グロスレッドな蝦頭。昨日の深夜、お客に誘われて伊勢エビを食べた。でっかい尾頭付きのボイルしたやつ。
 トゲトゲでやけに真っ赤な殻、飛び出した目玉、長い髭、、意味もなく分解してやった。 指先が生臭くなった。
・・・・「豊穣と空虚」さが綯い交ぜになった腐乱文化の行き着く先、あるいはその片隅で咲くchikaという人工花の意味が見えそうで見えない、その歯がゆさ。
 『クールビューティなシーメール・ボンデージクィーンchika。貴方の肌にまとわりつく黒いゴムの肌』倶楽部の指名用カタログに書かれた酷いキャッチコピー、、愚痴垂れながら今日も風俗の片隅で文を編む。

 「スルカは一つのルールのもとに人体を完全な性的オブジェに変身させられている。まるでポリエステルとファイバーグラスで型を取って固め、その上に精巧な塗料で多彩色をほどこしたような、ブロンドのかつらをぶり、ゴムでできた女の顔をしたマスクをつけ、皮膚に似たラバー・スーツを頭からすっぽり身につけているような、、。」
 かの国のシーメール、スルカを描写した文章だ。はやくスルカになりたい、、。どうせ浅ましい人間家業を続けなきゃならないんならいっその事、人を捨て「突き抜け」たい、、。

衝撃スクープ


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ