Shrimp head

ニューハーフ女王様が展開するフェチ世界フィールドワーク。

偽造オンナchikaの憂鬱 しゃぶれどもしゃぶれども 

友達以上?友達異常?

8wul4o2_1280

 中学1年生の学年末テストが終わり、午前中で学校もおわって、これでテストととも当分おさらばだと友達の家に数人であそびに行きました。
 くだらない話で盛り上がっていたんですが、腹が減ったから帰ると言う友達がいてmayuも彼と一緒に帰る事にしたんです。
 でも彼とは話が尽きなかったので、なら俺の家に寄って行けと言う流れになり、一緒にカップ麺を食べて話し続け、部屋に上げてもらったんです。
 その日、彼の家には初めていったので、好きなアイドルの写真とかを見せてもらったりして過ごしながら、初めて見る友達の部屋での会話は話題のネタが尽きませんでした。
 友達は楽しそうに「ア~、話し疲れた」とベッドに転がりました。
「お前どうする?俺もうなんか眠いわ」
 友達はそう言って目をこすりました。
「うん…」
 疲れちゃったのは確かなんですが、mayuはまだ話し足りない気分です。

b118prp00005pl

 でもまた、話に来れば良いかなって一度はそう思って立ち上がったんですが、一緒に寝ちゃえば目が覚めた後、また話せるんじゃないかとmayuは本気でそう考えたんです。
 それで「俺、寝てく」と言って、友達の隣に転がったんです。
 友達は「バカじゃねぇの?」みたいに笑って布団の中に招き入れてくれました。
 なんかホモみてって言いながら二人で爆笑してました。
 寝っ転がったら寝っ転がったで、話はするもので、今までよりゆっくりしたスピードでmayuらはまた男二人で話し始めました。
 そしてmayuは何気なく友達を見たんですが、彼も振り向いたmayuを何気なく見返しました。
 すると二人の距離は息がかかりそうなほど、顔が近かったんです。
 mayuらは気まずかったんですが、何か何時もと違う感覚になり、「やべえ」と友達が言いました。
「何?」
「何でもねえよ」
「何」
「……」

f118prb00013ps

 友達は伏目がちになりmayuの顔を見ようとしませんでした。
 女の子が照れてるようだとmayuは思いました。
「何だよ、お前何か可愛い感じになってるぞ」
 mayuはそう何となく言ってみただけです。
 でも友達はパッと目を上げてmayuをじっと見つめていました。
 熱くmayuを見つめて、初めモジモジしていたその目を、今は決して逸らさず、真剣な、でも変な感じでmayuを見つめて、ごそごそしてるんです。
「どうした?」
 mayuが、ごそごそしながらやがて眼を閉じた友達が何をしてるか悟った瞬間と、友達が口を開いたのは同時でした。
「ちんちん勃って来た」
 友達はズボンの上からペニスをいじってたんです。
「誤解すんなよ、俺ホモじゃねえから」
 そう言いながら友達は眼を閉じて自分の世界に入っています。
 友達が口を半開きにして眼を閉じているエロい表情。
 そんな友達が、自分の側にいてオナニーに感じながら息を吸ってるという事実が衝撃的でした。

e118prb00013ps

「バカじゃねぇの?男見て、なに勃たせてんだよ」
「知らねえよ、キスできそうに近いと思った途端に勃ったんだよ」
「お前、まさか、俺の前でオナニーする気?」
 友達は少し息を上がらせながら目を開いてmayuの金ボタンを外し始めました。
 でもmayuは抵抗しませんでした。
 こいつとどうなんだろう?と好奇心が先に立ったのです。
 自分の体がどう反応するのかの好奇心と、こいつならいやじゃないと思いました。
 友達は自分の金ボタンも外して体を合わせて来ました。
 ゆっくり胸を合わせたからかカッターシャツとランニング越しに伝わる友達の体温が気持ち良く感じました。
「やべえ ほんとやべえ」
 友達が言ったほんと、やばいは、ほんとにやばかったのです。

d118prb00013ps

 学生服着たままで一緒に布団に入ってこんなになるなんて、こんなにやばくてエロいことなのか、友達の胸もmayuの胸もドキドキしていた。
 恥ずかしかったと同時に、何も話さないでも相手が何を考えてるのか分かったmayuたちは、かなりしっかりお互いを抱きしめあいました。
 大きくなった友達のがmayuの股間に当たりました。
 mayuは足を開いて誘い込むように友達に足をからめました。
 友達が掛け布団を引っ張り、スッポリmayu達を包んだ薄手の掛け布団からすこーし入ってくる光と薄暗さとが更にmayu達を二人だけの気分にさせました。
 お互いの吐息が近い、その世界で友達はグッと股間をmayuの股間に押し付けて来ます。
 友達は、mayuの背中に回していた腕を滑らせてmayuの尻を抱え込んで女に入れている時みたいに股間を押し付けてきました。
 mayuは友達に回していた腕の力が抜けて、自分のペニスの上で硬くなった友達のペニスの感触に抱かれている気分になってきました。

c118prb00013ps

 友達はもう切ない息を吐きながら無言で、一生懸命腰を動かしています。
 狭い布団の中でその吐息が大きく聞こえて、彼のそのウットリした顔を見ていたらmayuの乳首がやばい感じになってきました。
 自分のチンコが大きくなり始めて、これはやばいと思って眼を閉じたんですが友達が小さい声で、囁くんです。
「大きく なって来た」
 恥ずかしくってカッとなった時に、友達を突き飛ばそうと思って目を開けたら、友達が真っ直ぐこちらを見てて逆にキスしたい衝動に駆られました。
 気がついたら彼の鼻先が触れるくらい近く、mayuのほうから近づいていました。
 それでもmayuは自分を抑えることに必死になっていたので友達に負けないほど息が上がり始めていました。
 友達の目はもうじっとmayuの口元を見ています。
 はぁはぁ言いながら、mayuの唇をじっと見ているのです。

b118prb00013ps

 しかも、それは口を半開きに喘ぐように興奮した顔で、その唇から見える舌が、すごくエロく見えました。
 友達が少し汗ばみ始めて、はぁはぁとエロい呼吸になりながらトロンとしたエロい目でmayuの唇を見ています。
 その緊張感と官能の中でmayuは酸欠状態です。
 唇を近づけて来た友達はmayuの唇から目を離さず、口を更に開いて、自分の舌を見せました。
 mayuはペニスがギンギンになってきてもう出そうでした。
 mayuたちは目を閉じてお互いに開いた口を重ねて、それぞれの上唇と下唇をくっつけました。
 友達と息を交換するようにもう喘ぐとしか言えない状態になり、二人しておかしくなったように喘いでいます。
 友達は相変わらず腰を動かしているのに唇をくっつけたまま口を開いていて、それはもうキスじゃありませんでした。

a118prb00013ps

 こいつのこと、好きだとか付き合いたいとかホモ、ゲイみたいなことを一切考えたことは無いけど、こいつがこの後どうなるか、見たい。
 こいつに何かされて自分がどんなエッチな声を出して喜ぶのかすごく知りたいって思ったんです。
 つまりmayuはこの時、確実に、友達に何かされることを望んでいて、それに喜ぶ自分に確信を持っていたし、友達もそれをしてやればきっと喜ぶと確信していました。
 このまますごく、エッチな事がしたい。
 でも、どこかで止めよう思うんだけど、ここまで来て恥ずかしがるとか、いまさらとかとか考えて目を開けたら友達も目を開けました。
 こいつも今、同じことを考えてるんだ、と思いました。
 友達が喘いで、腰まで動かしてるのにそれ以上のことしてこないのは、同じ気持ちだったんでしょう。
 でもその時、友達が恐る恐る伸ばした舌がmayuの舌に届いたんです。
 mayuは硬直して、初めての感覚が電流みたいに体を突き抜けるのを経験しました。
 友達は、自分の遠慮がちに伸ばした舌がmayuの舌に触れると、mayuと同じように体を硬くさせました。
 そして友達は眼を閉じ、mayuの開けっ放しの口の間から、舌先で拙くmayuの舌を舐めたんです。
 mayuはその舌先で舐められるのが返って興奮し、体をえびぞらせて反応しました。

o118prb00013ps

「あふ はぁふ」
 感じてますと言わんばかりのだらしない声を漏らせて、激しく喘いでるmayuを、友達は突く様に腰をぶつけ始めて、その振動がすごく良くて、友達の腰が激しく動くのに合わせて本当に喘ぎ声を出し始めました。
 まるでアダルトビデオみたいな息を弾ませて友達が、「イク イクイク ん。出る!」と小さく叫んで、腰を動かすのを止めた途端、mayuも射精してしまいました。
 後悔をしているmayuの額に汗で貼り付いた前髪を掻き揚げてくれながら友達は囁いて来ます。
 「大丈夫。新品のパンツくらいあるからウェットもあるから風呂とか行かなくて良いから」
 まるでmayuが下着を汚してうろたえてることも風呂場を借りて家族が戻ってきたらと考えてることも全部見抜かれていました。
 そっと目を見ると、「俺も同じだろ」と言う目で見て来て友達が笑いました。
「……はは(笑)」
 おかしくて二人で笑い合いました。
 そうしてもう一度顔を近づけて、お互いの舌を伸ばして舐め合いました。

n118prb00013ps

「な、ちゃんとキスとかしてみねぇ?」
「え?」言うや否や、友達が恋人のように唇を重ねてきました。
 唇がくっついた時も微妙に気持ちが良かったんですが、舌も入れられてみると、悪くありませんでした。
 mayuのほうからも舌を舐め返してやりました。
 さっきまでmayuが漏らしてたのと同じ息を漏らして、友達がmayuの舌に感じていました。
 夢中でキスをしました。
 誰でもそうなのかな?と思いました。
 さっきまであんなにしゃべってたのに、ほとんど無言なんです。
 べっとりとしたパンツの中で、友達はまた大きくなって、それをmayuに触らせました。
 誘った手に手を重ねて、こうやれって命じるのです。
 mayuは友達の舌に夢中になりながら言う事を聞きました。
 mayuは揉むようにさすっていたけど、友達はmayuのをしごき始めました。

m118prb00013ps

「あ……」
 mayuは全部の動きを止めて、ズボンの上からしごかれる快感に身をゆだねていました。
 仰向けになったmayuに覆いかぶさるように友達がキスをしてきます。
 mayuのが大きくなると友達はファスナーを降ろして、ブリーフの上から触り始めました。
 精液でぬるっと濡れたブリーフの上から他人に触られ、友達の腕をつかんで、堪えるように感じるのを楽しみました。
 乳首に友達の手を誘ったのはほとんど無意識だったけど、もっと気持ちよくなりたいと思ったのです。
 友達の指がシャツの上からmayuの乳首を弾いた瞬間に、mayuは、みっともない声を出して、体を撥ねさせました。
 その声を聞くと、友達は器用に片手の指先でmayuの乳首をいじり、反対の手で股間をしごきながら、窒息しそうなほど舌を入れて、いやらしく動かしては抜いて、入れて、動かして、もう完全にmayuを支配しました。
 いつの間にか、ブリーフから引っ張り出されたペニスを激しくしごかれながらmayuは憐れなほど切ない声を出して言ったのです。

l118prb00013ps

「出る 出るよ」
 mayuのが出る寸前でなんと友達は、mayuのペニスに口をあてがいそれを飛び散らないようにしたのです。
 そして当たり前のようにそれをmayuのペニスに吐き出していました。
 とっくの昔に二人を覆う掛け布団はどこかに行っていましたから、mayuは明るい部屋で、前を開かれたズボンの中のぐっしょり濡れたブリーフから引きずり出されたペニスを友達につかまれたまま足を開いて、その姿を友達に見下ろされていました。
 友達は無言でmayuのシャツを捲り上げ、mayuの胸を見えるようにした。
「すげえな。女子が食べたくなりそうな体ー」
 そう言いながら自分のズボンをブリーフごと下ろしました。
 友達のは男のmayuが惚れ惚れするほど大きく立っていて、mayuは見とれてしまいました。
 友達は、2回も射精したのにまだ半立ちのmayuのペニスに自分のペニスをこすりつけて、最初やったように丸く腰を動かしました。
 友達の毛とmayuの毛がベトベトに擦れ合って、たまにヌチャッと音を立てました。
 友達はmayuのズボンとブリーフを剥ぎ取って、片足を抱え上げて、入れてないのに入れたように突くように腰を動かし始めます。

k118prb00013ps

 袋に伝わる感触と振動がまた気持ちよくて、mayuが眼を閉じたら、友達がmayuの乳首を舐め始めました。
 女のように腰を突かれ当て動かされて、乳首を舐めたり吸われたりされながらmayuは、想像内の犯されている女の子の様に体をくねらせて抱かれる声を出していました。
 3回目はさすがにmayuもなかなかイきません。
 友達は上も脱ぐとmayuに覆いかぶさって、顔の前に胸を持ってきました。
「女子が触りたくなりそうなふっきーん」そう言いながらmayuは腹筋をさすって下から友達の胸を舐め、乳首を転がし吸いましった。
 友達は喜ぶように切なく息を吐きながら自分のをしごきまくって、どんどん小刻みに動かし、小刻みに喘ぎながらmayuの胸の上にそれを出しました。
 mayuたちは休憩しませんでした。
 止めちゃいけないんだ。
 いつ家族が帰ってくるか分からない。

j118prb00013ps

 mayuたちは次に会った時にこんなに刺激的なセックスをしないかもしれないし、しようともしないかもしれない。
 mayuたちは何も話し合わなくても同じことを考えていたはずだと思います。
 友達は弾んだ息が収まる間はハアハア言いながらmayuを見つめたまま、ティッシュで胸の上の精液を始末していたけれど、きれいにし終わるとmayuの上も脱がせて、顔の上に跨ってきました。
 もしいきなりこれをされたら、飛んで逃げたはずだけど、もうmayuたちはお互いがよがる姿を見ることと、その声や反応が見たくて何も迷いがありませんでした。
 mayuは友達のを含んで、友達の動かす腰の動きにあわせて、舌を一生懸命動かしました。
 友達が乳首をいじるので、mayuは自分でしごきながら友達のを口で愛撫し続けました。
 友達が立っていられなくなり始めたら、mayuもイかせるために激しくしゃぶりました。
「出る……」
 友達はそう言って腰を引き、またmayuの胸の上に出しました。
 胸を拭かれながらmayuたちは始めて一息ついました。

h118prb00013ps

 汗で光る体で恐る恐る抱きしめ合った時には周りは少し暗くなり始めていました。
 じっとりとした気持ち悪い肌で密着しあい、精液の匂いを嗅ぎながら、こうやってmayuたちは秘密を作ったのです。
 その後も、恋人のようにキスを続け、乳首を刺激しあい、暗くなる頃には友達もmayuを口の中でイかせてくれました。
 その後、風呂場からしっかり濡らせたバスタオルを持って来てもらって子供のように全身を拭いてもらいました。
 お返しのように拭いてあげているところで友達の携帯が鳴りました。
 「おっけー。そのまま泊まって来いよ。バカ、女連れ込んでねーよ」
 そう言って友達は携帯を切りました。
「俺んちのパパママはお出かけついでにレストランで夕食済ませるみたい。」
 友達はmayuのうなじに唇を這わせながら「10時くらいまで遊べるな」と囁いてきました。









avsa00037pl~淫獄なるニューハーフ~ 巨根の女スパイ絶頂 凛花アナスタシア

男たちに捕らわれた女スパイは長身美形の巨根ニューハーフ。イヤラシイ身体を拘束され為す術のない女スパイは、最初こそ強気で男たちを睨んでいたものの、あられもない痴態を晒してゆく。強烈な寸止め地獄、全身性感嬲り、ケツマンコ炎上の昇天責め、クリチンポをいたぶられながら肉棒挿入され完全陥落。


















118prp00005pl私立オトコノ娘学園

そこはオトコノ娘だけが入学を許された秘密の花園…。制服に身を包んだオトコノ娘がその中性的な魅力で貴方を誘惑する…。『究極巨根オトコノ娘。2』で衝撃的なデビューを飾った理紗に加え、3人の新人オトコノ娘が繰り広げる魅惑の世界。



















118prb00006plいいなりオトコノ娘制服調教 2

Mの本性に覚醒したREINAがアナルの快楽の虜となってゆく…。同級生に脅され、教室で強淫交尾開始…!!極上TOPオトコノ娘・レイナが本当の快楽に目覚め、極太チ○ポの奴隷に墜ちてゆく…。テストの成績が悪かったレイナ。教師から内申点と引き換えにカラダを求められ、応じてしまう…。嫌だったはずなのに、ペニクリが勝手に反応し、淫らな汁を垂れ流す…。教師との行為を密かに見ていた同級生に脅され、放課後の教室でされるがままに…。尻穴の奥まで舐め尽くされ、後ろから激しく犯される…。制服姿のレイナの主観視点オナニーSHOW!














104shed00055plニューハーフVSニューハーフ 不純同性肛遊 2 魅惑のニューハーフレズビアン・バージョン

女教師と女子生徒、女子校生カップル2組が激しく交わすベロチュー、淫らに重ねるペニクリ合わせ、互いの性感帯を責め続けるほど見つめ合う時間が増してゆく…ニューハーフとレズが高度に融合した禁断の作品!!

















104shed00054plニューハーフVSニューハーフ 不純同性肛遊 学ランニューハーフと女子校生ニューハーフ

学校で禁止されている男女間のいけない交際の「不純異性交遊」をニューハーフ同士がしていたらという妄想を映像化。学ランを着たニューハーフと女子校の制服を着たニューハーフが互いのペニクリと肛門を使って「挿れて挿れられ」イケない事を沢山しちゃいます!!完全撮り下ろしで人気ニューハーフ6名収録!!射精シーンも多数収録されてます!!














女装ブログを作って自撮り写真をアップしてたらバレちやって

d37ccjjjcc


 最近、このブログは結構さぼり気味で、舎弟のmayuに丸投げって事も多々あり、ここらでchikaの近況をお伝えして、言い訳を(笑)。
 いえ本業の方は、相変わらず忙しくさせてもらって有り難いんですが、問題はchikaのセカンドライフワークであるWEB小説の方なんですね。
 この前、書き上げた「シーメール精神鑑定医・指尻ゑ梨花」の続編を書こうと思って前のを読み返したら、勢いで書いた奴なので、あちこち穴だらけで、これは放置できないなーと書き直し中なんですね。
 おまけにその作業中にまったく新しい小説のアイデアが浮かんでそっちも手を付けだしたら、もう抜け出せなくて(笑)。
 それに、そんな状況なのに、他にも動画ウォッチを中心にしたブログにも手を出ししゃったし、、、なんだろう、この自滅的な性格は?
でもちゃんとこのブログに帰ってきますから、見捨てないでー(笑)。


 そうそう、ブログと言えば、こんなメールがあったので紹介しときますね。
 (ってかchikaちゃんのブログで「晒して」ってゆー注文があったので)

10dasd00381ps

 僕は165cmの50キロ弱で身長低いガリガリの華奢な男なんですが、実は・・女装癖があって女装ブログを作り、そこに自撮りした女装画像をネットにアップしていたんです。
 今思えば、それが全ての過ちでした。
 何と、学校の先輩にその女装ブログが見つかり、中身の人間が僕とバレたんです。
 先輩も女装ブログを見るぐらいだから、当然、そっち方面に興味があり、それで、先輩に「バラされたくなかったらヤラせろ」みたいな呼び出しの脅迫メールがきたんです。
 まさか自分がこんな被害に合うとは思ってもみませんでした。
 まぁ自業自得なんですが、、。
 それで仕方なく先輩の家に行く事になったんです。
 今思えば、女装姿を見せるだけでいいからって、誤魔化しにのって、甘い気持ちで家に行ったのが間違いでした。

9dasd00381ps

 「とりあえず上がって」って言われて先輩の部屋に入って、部屋で着替えさせられて写真撮られまくりました。
 そのうち脚とか触ってくるようになって「ちょマジでやめてください」「いいじゃんwwバラしちゃうよ?」「・・・はい」みたいな感じで、10分くらい身体触られまくってました。
 これから先、何をされるのか考えてマジでびびってたんですが、そのうち、脚から太もも→スカートの中に手入れてきて、「いやいやちょっとマジで無理ですって!」「なんだよ、勃ってんの分かってんだぞ」みたいな感じになりました。
 でもその時は、内心興奮してて、あそこはフルボッキしてました。
 それからパンツの上からペニスを掴まれて揉まれたり擦られたりしてましたた。
「もう我慢汁滲んでるよ?」
「やめて・・・」と言ったら、とうとう手首を掴まれて、押し倒されました。
「やべえ、僕も興奮してきた」
「興奮なんかしてないよ・・・え、ちょっと!」
 先輩はそのまま覆い被さるようにして来て、男同士でキスをされました。
 先輩の舌は柔らかくて暖かかったけど、男にやられてると思うとすごく複雑な気持ちでした。
「やめてっ!」

8dasd00381ps

 先輩を押し返してダッシュで逃げようとしたら、後ろから抱きつかれてそのまま馬乗りにされて、「なんで逃げるんだよ。逃さないけどな」って笑われました。
 その後、先輩が持ってた縄(?)みたいなやつで、後ろ手に緊縛され抵抗できなくされたんです。
 ちなみに腕縛られた次の日はめっちゃ筋肉痛になってました。
 そのままベッドに座らせられて、先輩に前に立たれたと思ったら、先輩が脱ぎ始めて、「女装して緊縛されたお前を見たら勃っちゃったよ、舐めてくれるよな。」って言ってきました。
 それだけはマジで回避したかったから頑なに拒んでたら、先輩がスマホ取り出してフラッシュ。
「この写真送っちゃうよ?いいの?」
「舐め・・・ます」
 泣きそうになりながら舌で亀頭を舐めました。
 先輩のは我慢汁が出ててちょっとしょっぱかったです。
 早く終わらせたくて、唇で亀頭を含んで先っぽを舐めたり、竿の方まで咥えたりしてAVで見たテクニックをフル活用しました。

7dasd00381ps

 五分くらいして顎が疲れてきたら、先輩に頭掴まれて腰を振られました。
 喉の方まで突かれて死ぬかと思うくらい苦しくて、マジで涙目になりながら止めてって言ったんですが止めてくれずに腰振られ続けました。
 ついに本当に吐きそうになった時に、先輩が「ごめん出るわ」と言って精液を口の中にぶちまけられました。
 凄い喉に引っかかる味で、想像してたのと全く違った気持ち悪い感触でした。
 すぐ吐き出そうとしたんですけどペニス抜かれたと思った瞬間、手で口を塞がれて飲むように言ってきたので、どうせ抵抗しても無駄だろうし、ここは大人しく飲んでおこうと思って、思い切って飲み込みました。
 めっちゃめちゃ気持ち悪い味で変な匂いだし、とにかく不味かったです。
 こんなものを仕事で飲んでいるAV女優の方々はマジで凄いなって妙なタイミングで感心してました。
 放心状態でそのままベッドに倒れ込んだら縄が解かれて、「大丈夫?服脱げるか?」「あ・・・うん・・・」みたいな流れになり結局裸にされてて風呂に入れられました。
 なんで今頃シャワー浴びるんだろうと思ってたら、風呂の床に四つん這いになるように言われ、言われたとおりにしたらシャワー浣腸するからと言われて血の気が引きました。

6dasd00381ps

「え?なんで?っていうか、何それ?」
「お尻の中を綺麗にするんだよ。お湯浣腸してやるから、いいからケツ出して」
「ちょっと待ってそれはマジで無理。痛いのだけは勘弁して下さい」
「ちゃんとやれば痛くないんだってば」
 とかなんとか言われて結局押し切られちゃって、シャワーヘッド外してお尻に当てられ強制浣腸です。
 お腹にお湯が入ってくる感覚が凄く気持ち悪くて嫌で、我慢出来ないって伝えたら、トイレで出してくるように言われました。
 トイレ行ってる間に先輩は色々と準備してたみたいで、出たら色んな物がベッドに置いてありました。
「じゃとりあえず服きてくれ」
「はい・・」
 さっき脱いだ制服をもう一回着てたんですが、ブレザーのボタンが閉まりにくくて奮闘してたら、いつのまにか先輩が後ろに立ってて、また緊縛されうつ伏せに倒されました。
 何されるかは大体もう分かってたけど、「何する気?」と一応、抵抗じみた事はしてみました。

5dasd00381ps

「今に分かるって」
 脚を開いた状態で固定され、ローションを塗りたくられて小指を入れられました。
「ッ痛い・・・」
「そのうち慣れるからさ」と言ってしばらく指を入れたままにされました。
 徐々に痛みも和らいできた頃、ゆっくり指を動かされたり曲げたりされて、違和感が凄かったけど、お尻にある出っ張った部分を触られるとちょっとだけ気持ちが良くなりました。
 ちょっとずつ指が入るようになって、気づいたら二本はいるくらいまでアナルが解れていました。
 さすがにまだ先輩のペニスは入らないようで、代わりに小さいディルドーみたいな物を入れられて、抜けないように縛られて、放置プレイされました。
 入れられて放置されたまま三十分くらいして、「そろそろいいかな」と先輩が言ってきました。

「なっ・・・何がですか・・・?」
「分かってんだろ」と言って、入れられてたディルドを抜き、四つん這いにされて、ゆっくりお尻を揉んできました。
「入れるよ?」
「やめて」

4dasd00381ps

 僕は泣きそうになりながら懇願したけど、先輩が許してくれるはずもなく、ペニスを当ててきました。
 僕の人生初のゲイSEXです。
 ちんこだけは入れられまいと肛門括約筋をフルパワーで締めてたけど、乳首摘まれて一瞬力が緩んじゃった隙に、亀頭を入れられてしまいました。
 実際言うほど痛くなかったけど、「痛い痛い!マジで痛い!!」て叫びました。
「嘘つけこんなに柔らかくなってるぞ」
「なっ・・・」
「こっちは硬くなってるじゃん」と言って、先輩は後ろから僕のペニスを握ってきました。
 違和感が凄かったけど、ペニスの奥をぎゅーってされる感覚が少し気持よくて勝手にペニスは勃ってました。
 ほんとうは、ゆっくり突かれながら扱かれるのは凄い気持よかったんです。
 こんな恥ずかしいことされてる背徳感と、感じた事のない快感に我慢できなくて声にならない声が出ました。
「はぁはん」
「男の喘ぎ方じゃないなー」

3dasd00381ps

 先輩は段々挿れるスピードが早くなって少し痛かったけど、やっぱり気持ちがよかった。
 ペニスを扱くペースも早くなってきて射精しそうな限界になって「先輩・・・イキそう」と呟きました。
 「出していいよ」そう言われたのと我慢できなくなったタイミングが一緒で、ベッドの上のタオルにいっぱいにザーメンを出しました。
「あっ~う~はぁはぁ」
「うわめっちゃ出るじゃん。気持ちよかったんだ?」
「・・・・」
「じゃ俺も気持ちよくさせて」と言って先輩がすごい速さで奥まで突いてきました。
 一回イッて賢者タイムこそありませんでしたが、さすがに気持ちよくはなりませんでした。
 でも先輩は結構射精しそうだったらしくて
「やっべ、マジで気持ちいいーこのまま出すよー」
「はぁはぁ・うん」と言い終わるか終わらないかのうちにお尻に生温い液体が入ってきました。
「ふぅ・・・やばいわ。お前の中、気持ちよ過ぎ。」
「・・・(自分じゃ分からんわ)」

2dasd00381ps

 ちなみにこの時がアナル処女で初アナルSEXでした。
 先輩が「とりあえずシャワー浴びようぜ」と言いました。
「うん・・・」
 腰に力が入らなくて一人じゃ立てなかったから、支えてもらいながら風呂に入りました。
「お前初めてなんだろ?にしちゃ感じ方凄かったな、才能あるかもよ」
「そんな事言われても・・・」
 初Hで男の人に扱かれてイクなんて事に、ましてや中出しまでされるなんて思ってもみなかったんです。
 ただ気持ちよかったのは事実だし、元から女装して犯されてみたい願望があったかもしれません。
 風呂上がって服着てたら抱きつかれてキスされました。
「次はもっと激しくするよ」
「は・・・?次って、これっきりじゃないんですか!?」
 僕は、マジで何言ってんだこいつ状態でした。
「そのつもりだったけどお前可愛いからっていうか、もう付き合ってくれ」
「いやいや無理ですって!これ以上は本当に嫌です。」

1dasd00381ps

「そんな事言うなって、付き合うのは周りからの視線もあるだろうし、さすがに冗談だよ」
「冗談って・・・笑えないですよ」
「彼女は無理か・・・じゃ性奴隷でいいや」
 そう言いながらまたキスをしてくるキチガイな先輩です。
 そしてそれで勃起する僕もキチガイな変態なんだと思いましたが。













migd00776plAV史上最も美しいニューハーフデビュー 月島アンナ

AV史上最も美しいニューハーフ月島アンナちゃんのデビュー作です!!どこからどう見ても女の子にしか見えない!8頭身のモデル級スタイルに可愛いペニクリちゃんというギャップがたまりません!恥ずかしがり屋さんなのに、アソコをビンビンにするスケベちゃん!赤面でイキまくる姿が可愛すぎます!ニューハーフ好きの方も、初めて見る方にも大満足していただけること間違いなし!天使があなたを待ってます!

















h_995bokd00079plペニクリもアナルもトロけちゃうほど気持ちイイSEX 橘芹那

ヌルヌルになったオチ●ポを無限にしごかれて、感覚がマヒ。イッてるのかわからないくらい気持ちイイが続いたとき、トロける感覚が味わえるという究極のSEXを芹にゃんにプレゼント。芹にゃんのアヘ顔連発。今回もドピ×2とザーメンを吐き出すぺニクリにも大注目!



















h_1074fsg00004pl夜のスリップ劇場 瑠依ママぶっかけ淫乱スリップ

ボディコンドレスの裾からちらつくスリップを見て大興奮した男達が、セクシーな瑠依ママに変態プレイを妄想!常連客は他の客がいる店内でフェラやSEXを強要。団体でやってきた男達もお好みのシチュエーションで好き放題!教育指導の先生に見立てた瑠依の顔にスリップを被せてSEX・顔射。女装好きな男は瑠依を女捜査官に見立て激しい女装レズで責められる。若い男達は瑠依を自分の母親にみたて近親相姦!そして…ついには瑠依までも客達にぶっかけられる妄想を……夜の時間は淫らに燃え上がる‘夜のスリップ劇場’でお楽しみ下さい。
















h_1074fjl00002pl女装レズ兄妹 お兄ちゃん何やってるの!妹のパンティーでオナニーしてたら見つかって女装レズ

ある日、美穂が家に帰ってくると、自分の制服を着てオナニーをしているお兄ちゃんを発見。慌てふためくお兄ちゃんだったが、以前からお兄ちゃんに思いを寄せていた美穂は、これはチャンスと女装レズで迫る!今回の女装レズは痴女妹・美穂のインタビューで展開する告白手記!そして女装レズだけでなく、巨乳妹・美穂がGカップを揺らして悶える‘ふたなりチンポオナニー’等、交錯するトランスセクシャル巨編!グラマーでカワイイ妹があなたのパンティーからチンポを取り出し、女の絶頂に誘います!!















dasd00367plロリっ娘美少女ニューハーフDebut 桜ひめな

ダスッ!に新人のニューハーフがAVデビュー!見た目はロリっ娘、ありありの彼女は射精力と勃起力が凄い!ギンギンに勃起するおちんぽとおちんぽが絡みつくのは必見!



































試し読み 「リベンジャーズ 勃起する女」

cyaurwRSz1qdwvv

13: 男娼少年をインストールする

「インストール?」
「ある男性の情報をMSSにインストールする、研究も進んでいるから以前と違って半日もあれば済む。後は不二子がそれをフィッテングしてくれればいい。」
 Qは自分の後退した額を撫で上げながら、どこか私に媚びるように言った。
 面長のキュウピー人形のような顔がだらしなく緩んでいる。
 おまけに言葉の終わりに、右手で目に見えない注射器の針から薬剤を噴出させるマネをして見せた。
 ここがQの研究室でなく、そしてこの私が普通の若い女性なら、心の中できっと彼のことを、「この変態!」と嘲っていたに違いない。
 開発部部長のQに初めて出会った時には、もっと取っ付きが悪く、その代わりにそれなりの権威を少しは感じさせる男だったのだが、、、。
「もう少し、そのインストールとやらを詳しく説明してくれないかな。それと俺の事を美衣と呼ぶのはかまわないけど、さすがに不二子は不味いんじゃない?」
 Qは少し不満げな表情を見せる。
 私が質問したからではない。
 Qは「説明」をするのが大好きだから。
 彼は私の事を不二子と呼べなくしている外圧に苛立っているのだ。
 今の私の外見は完全に男性だが、その中身は女性だ、その倒錯を不二子という呼び名でQは楽しんでいる。
 不二子の命名者はこのQであり、私の呼称に男性名の制限をかけたのは検死官だった。
 この組織に入って数ヶ月経つというのに、私にはいまだに組織のヒエラルキーが把握できない。
 Qは飛び抜けた能力を持っていても、単なる技官の筈だ。
 「殺人」の数で人間の値打ちを計るような組織の中ではそれほど力があるとは思えない。
 だが目の前のQは、ちょっと刺激するだけでも検死官への不満を爆発させかねないでいる。
 一方、検死官は口には出さないが、ハマーの事をライバル視しているのはあきらかだった。
 だがハマーは検死官に対して常にへりくだっている。
 チーは、組織の中でも孤高の人のように思えるが、いざとなれば組織ごと巻き込んで自爆してしまいそうな凄みを持っている。
 結局、Qだけが大人になりきれないオタクという見栄えなのだろうか、、。

8cmn00173ps

「情報があればMSSは被着用者の皮膚を情報元通りに再現出来る。元は医療用なんだから当たり前だな。重度の火傷でも、ある程度の面積を持ったリアルで無傷な皮膚さえ残っていれば、それをMSSがコピーする。そういう原情報を与えてやる事を、インストールと呼んでいる訳だ。」
 私の脳裏に、ミナがリッパーから取り戻してくれた私の皮膚の存在がちらりと浮かんだが、即座にその思いを振り払った。
 それは、まさに何の役にも立たない「未練」そのものだった。
「じゃ、俺が今着ていこの皮膚も、インストール元となる人物が存在する訳だね。」
「いや、いない。不二、、美衣の場合は、元となる君の皮膚が全部剥ぎ取られていたから復元が出来なかった訳だ。そこで他人の皮膚の情報をインストールする必要があった、、、良識的に見れば、以前の君に一番よく似た女性の皮膚の情報をインストールしてやれば、MSSの着用者である君のフィッテングと相まって、かなり元の姿に近くなって、、。」
 あの時の事は余り思い出したくはなかった。
 それに要所を誘導してやらないとQの話は際限なくダラダラと続く。
「それは最初にハマーに聞かされたよ。リベンジャーズに入る前なら普通の女にだって戻れるんだとね。今ならよく判る。でもあんな目に遭わされた後で普通の女に戻ろうとする人間はいない。ましてや切り刻まれたオンナにはね。」
 私の口調は露骨に苛立たしさを含んでいたに違いない。
 Qの顔が困惑気味になる。
 Qはこういった人間の心理の動きに追随する能力が乏しい。

7cmn00173ps

「正確に言うと君のMSSにインストールされたのは、ある固有の人間の情報ではない。あの頃、私が開発していたカメレオンスーツ機能そのものなんだよ。それは医療部が開発した最初のMSSとは別物なんだ。私のカメレオンは鋳型と寿鉄機能を同時に備えていて、それで他人に成り済ます事が出来る。私はプロトMSSみたいな、医療用のお優しい発明はしないからね、かなりハードなやつだよ。だが私は着用者が男性であることを基本に考えていた。私の中ではスーパーヒロインよりスーパーヒーローの方が強いからね。まあそれが組織にとっては好都合だった訳だ。女性にでも何にでも変身できる新しい男性スタッフが一人増える訳だからね。要は、私が上に医療用プロトMSSの改造を押しつけられた時に、タイミング良く、いや失敬、運悪く、美衣がやって来たということさ。」
 Qの説明は、ジョー・ハマーが最初に私にしたそれと微妙な違いがあるような気がしたが、私にはその差が具体的に何処にあるのかが判らなかった。
 当時、ジョー・ハマーも、MSSを良く理解していなかったのかも知れない。
「よく判らないが、今の美衣としての容姿は、あんたがMSSにインストールしたカメレオン機能とやらが、俺の中のナナセ(七瀬)・レズリー・ローの容姿を捜し当てて、それを元に男性化したものだってことか?」
「うむ、そこの所が複雑なんだが、君は私が想定していた以上にMSSに対する適合性を見せている。君のMSSをプロトタイプとして同じモノを何着か作って、数人の女性に着用して貰ったが、君のMSSほどの能力を見せたものは一着もない。」

6cmn00173ps

 カメレオンスーツだって?
 男性タイプだって?
 この天才オタクめ、天は二物を与えず、、。
 おまけに殺人組織のスタッフと来た。
 Qに、自分の作り出した兵器が人殺しに使われているのだという自覚は本当にあるのだろうか、、。
 こんなQに、リアルな女性タイプMSSが設計出来る筈がない。
 私の視線に何かを感じ取ったのかQは取り繕うように言った。
「だから、、そのなんだ、美男の今の君が、凄くハンサムなのは、女性であった頃の君がとっても綺麗な美女だったという証明なんだな。肉体の奥深くから情報を汲み出しそしてもう一度それを元の場所に差し戻す、フィッテングとはそういう事なんだ。」
「なあQ。綺麗じゃない美女はいないんだよ。ハンサムじゃない美男もいないしね。でも、いいか、、。インストールの意味もフィッテイングの意味も何となく判ったよ。要は そ れ ら し く なるって事だな。」 
「ああ、、理解してくれたんだね、そりゃ良かった。」
 Qの顔色が悪い。
 恐らく今頃になって自分自身が、美衣不二子という人間に対して配慮に欠けた言動を取り続けた事に気付き始めたのだろう。


「とこでQ。師範から聞いたよ。俺の事、心配してくれてたんだって?」
「、、、ああ。」
 Qの声がぶっきらぼうになっていく。
 私はQとの会話を切り上げる事にした、、Qの漏らした私のMSSに対する特別な適合性という話は気にはなったが、ここら辺りがQとの会話の限界というものだろう。

5cmn00173ps

 Qのいう「二度目のインストール」で、手に入れた新しい身体の名前は賢治にした。
 今度は、ちゃんとした「変身先」の対象者データがあるインストールだそうだ。
 検死官が思いつきで私に銘々したのがジョウジだから、二人揃って「丈治と賢治」。
 丈治と言う漢字は私が後から宛てた。
 お手軽な語呂合わせだが、いかにも兄弟という感じで気に入っている。
 つまり、この仮想の兄弟の「両親」は、物事を深く突っ込んで考えないタイプの人間だということだ。
 トレーニングルームにある控え室の姿見にかけてある覆いをはらって、全裸の全身をチェックする。
 組織のトレーニングルームはいつ利用しても空いている。
 ほとんど一人用の状態だ。
 リベンジャーズの活動内容は暗殺だから、メンバーの多くはある程度の技量を身につけると、体技そのものの鍛錬よりも、最新兵器の習熟などに関心が移っていくのだと師範チーが淋しげに語っていたのを思い出す。
 でもトレーニングルームには男達の汗の匂いがこびり付いていて、この設備がまったく見捨てられたものではないことを語っていた。
 そして私はその匂いに囲まれているのが好きだった。
 控え室の大きな姿見に映った私の新しい姿はなかなかキュートだった。
 筋肉が在るようなないような。
 男の中に女が内在しているような、、丈治あるいは不二子としての私もそんな存在なのだが、賢治の場合はその内に秘められているのは「女」というより「少女」に近い。
 「少女」が好きな男にとっては、こたえられない味わいだろう。
 もっとも正真正銘、元少女であった私にとって、賢治の姿は、ややうんざり気味の演出だったが。

3cmn00173ps

 私のMSSには、「ブラックパール」がインストールされている。
 ブラックパールはジェィドが過去に愛した「お稚児さん」らしい。
 勿論、本名じゃない。
 黒真珠と名付けられた少年、、ジェィドがフォンコングで買ってきた掘り出し物の男娼だったらしいのだが、彼の溺愛にも関わらずその命は短かったとか、、。
 「ブラックパール」も、ジェィドに捧げられた生け贄の一人ではなかったのかと聞くと、Qはそれは違うだろうと答えた。
 Qはそう言った情報にほとんど執着しない男なので、信憑性は薄いのだが「インストールする為の生体情報が我々の手元にある事がなによりの証拠だろう?」という彼の説明には珍しく説得力があった。
 もしブラックパールが、ジェィドの暗い欲望の対象になったのなら、例えほんの少しでも「無傷な肉体部分」が他人の手に渡る筈がないのだ。
 鏡の前で、両腕を頭の後ろで組んで脇の下を映してみる。
 無毛だ。
 私は処理をした覚えはないし、MSSが情報を再現できなかったとも思えない。
 腕にも脚にも産毛程度の体毛しかない。
 なめらかで艶のある肌。
「なるほどね。これで黒真珠ってわけ、、。」
 今度は鏡に映った自分の顔を角度を変えて検分してみる。

2cmn00173ps

 睫が長い。
 私の前の顔より丸顔で幼い、、が、、目が猫のように見える。
 前の私の顔が女性に好かれる顔だとすると、今度のブラックパール君は嫌われる顔なのではないかと思う。
 嫉妬されるというのか、「男のくせにそんな顔、必要ないでしょ」という感じだろうか、、つまり、ブラックパールの顔には、何処か男を誘惑する為のパーツが揃いすぎているのだ。
 そうこうしている内にペニスが勃起しはじめた。
 鏡の中の自分を見て感じているのだ。
 元来のオンナである私の意識が引き金になったのか、美衣になった男の私がブラックパールに情欲を感じたのか、、それは定かではない。
 美衣のペニス造形は工芸品にしたいほど素晴らしいが、どこか作り物めいていた。
 今度のブラックパールのペニスは確かに自然のものらしく、右に反って中ぶとりだった。
 とにかくその顔に似合わず、太くて大きい。
 そのペニスを見ている内に私はあの忌まわしいインストール作業を思い出してしまった。
 卑猥で残酷な作業、施術して来る相手が人間ではないから心に傷を負わないだけの話だ。
 リッパーによる想像を超える恥辱と暴力を受けたこの私でさえ、あの恥ずかしさに慣れる事ができない、、。
 まあいい。
 忘れる事だ。

1cmn00173ps

 元の美衣には放っておいても三週間後には復元するらしいから、急ぐ必要がない限りアンイストールにあたる行為は受けなくて良いとの事だ。
 自慰の為、ペニスに伸びそうになる手を我慢して、私は鏡にお尻を突き出し肛門を広げてMSSのフィッテンッグの様子をみる。
 完璧だった。
 私は私自に、ご褒美をあげる事にした。
 埋め立てられたウィメンズホールと人造ペニスと無傷のアナルを同時に刺激するという、私だけにしか許されない究極のオナニーを、、。
 ・・・そう、実をいうと私はこのオナニーを、あのインストール中に覚えたのだ。
 もしこんな事を、私の部屋でやれば、ミナが、さかりの付いた「オオカミ女」のように興奮して、私を喰い殺してしまうことだろう。

1cma00048ps

 身体の中に先程の淫行の余韻を残したまま私は街に出た。
 賢治らしい服装を買い整える為だ。
 丈治のスーツは不思議な事にサイズが大きくなっていて、似合っているという状態からはかけ離れてしまっている。
 身長そのものは変わらないのに 、、MSSの威力は大したものだった。
 MSSの素材で体形補正用女性下着を作れば大ヒット間違いなしなのに、リベンジャーズは、MSSを殺しの道具にしておくために、そのテクノロジーを封印し続けるのだろう。商品で稼ぐ金も、殺しで稼ぐ金も同じだというのに。
 それともMSSには、商品化出来ない何か決定的な欠陥があるのだろうか。
 それを考えると少し怖くなったが、、どうせ一度は死んだ身だ。
 どれもこれも、下らない感情の揺らぎに過ぎない。
 買い物の途中で、ショーウィンドウに映し出されたスポーツウェア姿の自分を確認する。
 ウェアは組織のトレーニングルームのロッカーにあったものだ。
 それらしい重ね着をして来たから、今風の若者に見える。


 ウィンドウの中の賢治は、元の私だったら幾ら可愛いくても拒絶反応を起こしてしまうタイプの男の子だった。
 色々な意味で丈治とは正反対の存在だった。
 周りの人間達の反応も違う。
 丈治が街を歩いて集める感情の多くは、男からも女からも「羨望」と「憧れ」だった。
 だが賢治の場合は驚くべき事に、その殆どが賢治に対する「欲望」だった。
 しかも、それはまだ性に目覚めぬ年齢の子ども達以外の全ての人間達から放たれていたのだ。
 恐らくブラックパールは、自分に向けられた「欲望」と渡り合いながら、その短い人生を送ってきたに違いない。

 そして私はこの日、ブラックパールの凄惨な生き様を追体験する事になった。

2cma00048ps

 新しい身体を飾るためのワードローブがなかなか見つからず、休憩がてらに、カフェのテラス席でラテを啜っていたら、一人の中年親父が、どたどたまっすぐ私の方にやってきて、なんの断りもなくドッカと目の前の席に座った。
「ぼく、なんぼや?」
 人種の「三段重ね」と言われるこの都市では、純血は勿論、方言を喋る人間は極少数になっている。
 方言を使うのは、そういった生活史を持つ人間、、あるいは方言のアクの強さを意識的に利用しようとする人間のどちらかだ。
 中年男の肥満体をはち切れそうに包むスーツは灰色、ループタイをぶら下げたワイシャツの首元はだらしなく開いている。
 混血が進んで美形が多いこの国の人間にしては、珍しい姿形だった。
 本人は、多分に倒錯的な気分で今の姿を維持しているのかも知れなかった。
「はあ?」
 私は本当に面食らって、そう言った。
「とぼけなや。わしらみたいな人間はお互いが匂いで判る。」
 困ったのは、私には「わしらみたいな人間」がまったく理解できないというのに、私の外見は恐らく「わしらみたいな」そのものなのだろうと予測が付いた事だ。
 私はとりあえず自分の想像力を働かせて、「中年のホモ男に金で買われようとする少年男娼」を演じてみることにした。
 どのみちウィルソンに対しても似たような演技をしなくてはならないのだ。
練習がてらに丁度いい。

3cma00048ps

tumblr_mrcnkz3FpI1qadwmuo1_400「なあ。わしもう我慢でけへんのや。そこで、先にちょっとさせてなぁ、、」
 中年男は脂ぎった手で突然私の手を握ると、ビルとビルの隙間に私を連れ込んだ。
 その空間は入り口は狭いのに、一旦中に入り込んでしまうと、ゴミを集積するためのコンテナが数台置いてあったりと、結構広かった。
 ひょっとするとこの中年男、この界隈の地理に通じているのかも知れなかった。
「ちょっとまってよ、、。ホテルでやるって約束じゃん。」
 私は怯えた表情を作ってみせた。
 ウィルソンと逢う前に出来るだけ色々な「役回り」の練習をしておいた方がいい。
 中年男は私の手首を掴んだまま、それを自分の股間に引っ張っていった。
 脂肪の塊のような身体からは信じられないような力だ。
 中年男はこの怪力と強引さで、今までかなり阿漕な所行を働いて来たに違いない。
「な、、ぶっといやろ。わしのはええで、ケツマンコしてから、お金いらん、その代わりボクと付きおうてて、泣いて頼んだん何人もおるんや。」
「けっ!冗談!おっさん、破滅させたるよ。まだまだ世の中、ホモへの風当たり厳しいねんで。」
 私もついつられて中年男の口調を真似しながら、周囲に轟き渡らせるべく、悲鳴を上げる準備をした。
 中年男は直感的に、私が何をしでかすかが判ったようで、空いた手で私の口を塞ごうとした。
 私たち二人は、揉み合いになったが、最終的に私の腕が捻り上げられた時点でケリがついた。
 勿論、わざと腕を捻り上げられてやったのだ。
 ついでに唇を嫌らしく歪めて見せてもやった。
 サディストに対するサービスショットと言うわけだ。
 相手を逆上せ上がらせて置いてから、突き落としてやる方が、与えるダメージが大きい。
 何故か目の前の中年男は、そうされるのがふさわしい人物のように思えたのだ。
 それにブラックパールの被虐の表情が、どれほど男達に媚薬的な効果をあげるのかを見届けておく必要もあった。
 ゴミコンテナと中年男の腰に挟まれ腕をねじり上げられる。
 おまけに私の口は中年男の分厚い手でふさがれている。
 私の耳元に、熱い息が吹きかけられる。
「なっ、なっ、その可愛らしい顔のままで、ここから出ていきたかったら言うこときくんや。」
 私のお尻に密着している中年男の股間のものが膨れ上がってくるのが判る。
 私は首を横に振る。
 中年男は、さらに私の腕をねじ上げようとしたが、その動きが突然止まった。
 MSSの外骨格機能が働きだしたのだ。
 MSSは関節の可動範囲を超える力が外部から働いた時、内側の肉体を守るために、その皮膚を極薄の外骨格化する。
 中年男は自らがからめ取ったひ弱な肉体が、反逆し始めるを感じていた。
 中年男の判断が遅れた。
 単純な事だったのだ。
 獲物をこの瞬間に、手放せばそうはならなかった筈だ。
 逆関節に決めた筈の相手の身体を中心にして、中年男の身体は、風車のように一回転し、地面に叩き付けられた。
 私は皮下脂肪で緩んだ胸を皮膚ごと鷲掴みにして、男を地面から引き起こすと、そのまま手近な壁に押しつけた。
 男の顔は苦悶に歪んだが、その口からは悲鳴さえ上がらず、カハッ!という乾いたえづきの音が絞り出されただけだった。
 男の脚は数センチ地面から浮いている。
 もっと吊し上げてやりたかったが、男との身長差を考えるとこれが精一杯だった。

4cma00048ps
 
「おっさんが買えるようなボクじゃないんだけど。気が付かなかったかなぁ、、、。」
 中年男の顔は苦痛のあまり沁み出た鼻水や涙でぐじゃぐじゃだった。
 そんな顔の中から、「・・反省してます。」という哀れっぽい声が押し出されてくる。
 だがそれは偽装だった。
 いつか師範チーが、「ゲス人間の攻撃パターンは読みやすい」と言っていたが、まさにその通りだった。
 男の手は自分の背中に回り込み、何かをまさぐっている様子だった。
 私の視野の中で、男が背中から引きずりだして来た獲物の一端が見えた。
 護身用のスタンガンだった。
 出来る限り細身に作られてある所と、その色使いから見てスタンガンは女性用のものだろう。
 (おまえみたいな男から身を守る為にそれがあるのよ。なのにお前は。)
 私の中で得たいの知れない怒りが爆発した。
 私の左手がスタンガンを握りしめた男の右手を迎え撃つ。
 いつもならそれを手早く払い落として次の攻撃に転じる所だ。
 だが私の手は、スタンガンを持った男の手を丸ごと包み込んだ後、それを思いっきりねじり上げた。
 ボギッという鈍い音と、再びの悲鳴が男の口から迸った。
 私は左手の中指の山が飛び出すような形で握り拳を作ると、それを男の喉に突き込んだ。
 MSSのお陰でバックスイングなどしなくても、私の全ての打突の威力は常人の数倍はある。
 この中年男が上げるべき本物の悲鳴は、ひゅーひゅーという異音に変わった、、。
 これで中年男はこれ以上騒げなくなる。
 助けも呼べないわけだ、、だが、そろそろケリをつけてやっても良い頃だった。
 私の買い物はまだ終わっていない。
 こんな男の為に、丸一日を潰すのはやりきれなかった。
 私は周りを見回した。
 路地の中に、先程私が押しつけられていたゴミコンテナがもう一度目に飛び込んでくる。
 コンテナからは折れたモップの杖が飛び出して見えた。
 私はコンテナまで中年男の胸を掴んだまま彼を引きずって行き、さっきまで私が取らされていた屈辱的なポーズを彼に強いた。
「おっさんよう。あんたやられるのも好きそうだよね。今日は初めての出会いなんだ。サービスしてあげるよ。お金はいらない。」
 私は中年男の腕をねじりあげたまま、彼のズボンを片手で脱がそうとした。
 あまり旨くいかない。突き出た腹の中にベルトがめり込んでいたからだ。
 どうして男って奴はこんな格好の悪いベルトなんてものを、いつもするんだろう。
 むかついて来たので、最後はズボンを引きちぎってしまった。
 私がMSSの力の制御を失うのは珍しい事だった。
 中年男の目の前にモップの折れた杖があった。
 それを私が引き抜いた時、中年男はすべてを理解したのだろう。
 中年男は最後の抵抗と助けを求める悲鳴を上げようとしたが、そのどれもが無駄に終わった。

 私は身繕いをして路地から大通りに出た。
 なんだか空気の味が違う。
 私は会った事もないブラックパールの気持ちを少しだけ理解したような気がした。 

 8ujnb






cmn00173pl悲嘆の肉弾女警護官4 爆乳SPカミソリ班長の恥部 児玉るみ

るみは捜査局内最強と言われる「児玉班」の鬼班長。しかしSPという男社会の中で無理に無理を重ねてきた事の反動として表向きのドSこわもて巨乳SPの顔とは裏腹に、激しいドM女の性格を隠し持っていた。その間隙に近づいて来たのは謎の心理カウンセラー、るみの心の隙間に巧妙に入り込み適性検査という名の過激なSMプレイに落とされてゆく。


















cmn00171pl非日常的投稿動画スーパーヒロイン 巨乳牝ハメ落し生中継 高瀬杏

私立●校の化学教師高瀬杏は密かに始めた自撮り動画が投稿サイトでいきなりランキングトップに。ユーザー名は[オンナ教師・フェアウェル]理性的な表の顔とは裏腹の変質的な性癖を持つド変態マゾ牝。しかしその正体をある極悪マニアに嗅ぎつけられて、やがてネットのシンデレラから奈落の底に一気に叩き落される…。





















cmn00170pl義姉、帰る 首輪隷嬢10年後の完全崩壊 雪見ほのか

あの名作「首輪の美少女」が時空を超えて甦る!10年前、今は亡き兄恭介に奪われて兄嫁となったほのか。弟和真は兄夫婦の爛れた性生活を密かに覗くことによって、ほのかに対する強い欲望を一層募らせていた…そして10年後、長い療養生活を終えて美しく成熟したほのかは突然和真の前に現れた。


















cmn00168plミスコン女王の激醜悪夢 顔面破壊願望の女 花咲いあん 加藤ツバキ

ミスコン日本代表いあんは自分の美しさに100%の自信を持つ超ナルシスト。だがそのプライドはドM願望を秘めた自分を隠すための仮面にすぎなかった。そして自己破壊願望の秘密は暴かれ、闇の人買いの手によっておぞましい性調教を仕込まれた後に奴隷オークションに送り込まれてしまった。



















cma00048plラヴァー奴隷牝肉市場 ゴムの匂いに繋がれた獲物たち


完全ラヴァー拘束、呼吸制御、エナメルな光沢…炸裂する超変態レベルの嗜虐プレイ。ラヴァーマニアが今なお語り継ぐ名作、歴代上位14作品をピックアップした。ラヴァー、ゴム、エナメル、ガスマスク、鼻フック、前頭マスクで水責め、ゴムロープで身動きが取れない拘束をされる姿はハードだ。だがハードだけがウリではない。そう、その光沢こそ眩しいほど美しく我々愛好家のフェティシズムにうったえかけリビドーを誘うのだ。





















ゴールデンウィークのmayuのニャンニャン体験談2

7gfffghnngbftttt

ゴールデンウィークのmayuのニャンニャン体験談2


 GWで会った淫乱な男性と派手にプレイしたんで、それもご紹介しておきます。
 場所はどちらかというと、あまり知られてないmayuの近所にある発展場トイレです。
 深夜遊んだ帰りに車で通りかかると、めずらしく人影が見えました。
 Uターンして、車を止めて入ってみると、20代前半あたりの長髪のジャニーズ系です。
 mayuが入るとタバコを消し、出ていく様子もなく、チラチラこっちを見ながら、手洗いの鏡で髪を整えるフリをします。
 一瞬目が合ったんですが、声をかけずに素通りし、便器に向かってペニスを出し、扱いて見せつけると、すかさず男性もすぐ横に並ぶんです。
 ジーンズからサオを出そうとするが、おっ起ってるせいで、なかなか出ないようです。
 ハデ柄のビキニっぽいのが見え隠れしていたが、やっと取り出したサオはドス黒いデカマラ。
 素っ裸で見せ合うのもいいけれど、着衣のままチンポだけ見せ合うのも妙にそそるんです。
 互いにビンビンになったデカマラを見せつけ合いながら目を合わすと、男性がスケベそうな目でニヤリと笑いました。
 mayuが個室の方を目で合図したんですが、男性は動きません。

18btis00078ps

 「ここでやりたいの?」と言うと、それには答えず、「しゃぶりたい」と言いながら、mayuの横で男性がしゃがみました。
 1日洗ってないmayuの極太チンポを、舌でベロベロ旨そうに舐め始めるんです。
 根本まで何度も顔を押しつけてしゃぶるんで、頭を掴んで派手に腰を振ると、放さずに吸い付いて来ます。
 すごいテクで、mayuも思わず声が出ました。
 10分程たっぷり口マンを使い、1発イキそうになったので、男性の唾とガマン汁まみれになったサオを無理やり引き抜き、頬をチンポで2、3回ぶっ叩きました。
 「発射して欲しい? 顔にだよ。 たっぷり出してやるけど」とぶっ叩きながら言うと、「はい」と口を開けて、舌を出してきました。
 mayuの特濃のザーメンが、男性の顔面と舌にビシャビシャ降りかかします。
 しゃがんで、顔にかかった種汁を顔に擦り付けてやろうと手を出すと、男性がmayuの手を掴んで、自分から顔面に塗りたくります。
 いい根性してる、、。
 mayuがトイレでやった中じゃ、最近一番のノリのよさです。

16btis00078ps

 mayuが「種汁好き?」と聞くと、虚ろな目でmayuを見つめながら、「すっごく好き」とスケベな声で言います。
 口にベトベトになった手を持っていくと、ザーメンまみれのmayuの指を旨そうに舐めました。
 顔や服に垂れた臭ぇ汁をすくい取っては、何度も旨そうにしゃぶるんです。
「まだ飲み込まないで」
 男性を立ち上がらせて、抱き合いながら舌を絡ませディープキス。
 男性の少しタバコ臭い唾と、mayuの特濃ザーメンが混じった味と匂いが鼻に抜けます。
 顎の周りに付いたザーメンも舐めとって、mayuの唾とブレンドして男性の口に返してやります。
 男性がそれに唾を混ぜてmayuに返してきます。
 それを何回か繰り返しながら、唾の味になるまで互いに飲み合うんです。
 mayuのサオはビンビンのまま。
 そうしている内に、男性がmayuのケツを掴んで、チンポをmayuのサオに擦りつけてきました。
 mayuも男性のコリコリしたケツをジーンズの上から掴んで腰を押しつけます。
 男性のチンポの熱さがmayuのチンポに伝わってきて、先走りが止まらないんです。
 男性の手でチンポを2本重ねてグリグリぶつけ合わせました。
 互いのガマン汁で、ヌチャヌチャスケベな音が響きます。

15btis00078ps

「mayuも君の汁飲んでやるよ」と言うと、また男性がニヤリと笑いました。
 mayuがしゃがむと、男性がジッパーから玉まで出し、汗と雄くさいペニスをmayuの口マンに突っ込んできます。
 ガマン汁のスケベな味が口の中に充満し、mayuはそれを喉を鳴らして飲み込みました。
 男性も洗っていないようで、雄臭い匂いが鼻に抜けました。
 男性は暫くmayuの頭を押さえて腰を振っていましたが、手を放し、ポケットから○○○○を取り出し、mayuの鼻に近づけてきました。
 男性のまだ種汁臭い手がmayuの鼻を片方押さえます。
 深く吸い込んだ後、男性も自分でも吸い込みました。
 男性のケツを片手で掴み、服をたくし上げ、片手で乳首を攻めると、凄い声でよがり出します。
 おっ起った乳首を指で弾いてやりながら、大きなチンポを根本まで深くしゃぶりました。
 亀頭の裏から付け根まで舐め回してやっていると、ガマン汁が口の中に溢れだしました。
 ○○○○と洗ってないサオと発展トイレの淫乱な臭いでたまりません。
 ○○○○でかなりラリってきます。

13btis00078ps

「臭ぇサオすっげーおいしい」
「汁たっぷり注いで」と言いながら、臭い玉までキレイに舐め上げてやりました。
 上目遣いで男性を見ると、顎がザーメンと唾で光っています。
 男性のヨガリ声が更に大きくなったかと思うと、mayuの口マンに1発目をドバドバ発射しました。
 ジーンズから突き出したドス黒いペニスから、甘めの雄汁が大量にmayuの口の中に注ぎ込まれました。
 あまりの量に半分は胃に流し込み、半分は口に残して、男性のペニスを吸い上げながらゆっくり飲もうとしたんですが、男性がサオを引き抜いてしゃがみ、顔を近づけてキスしてきました。
 ねっとりした舌を突っ込んではかき出しして、男性の唾液と混ざった液をmayuの口にたっぷり戻してきます。
 少し手に出し、ガマン汁が糸を引くmayuのペニスに擦り付けてきました。
 残りはゆっくり味わって飲んでいたようです。
 男性がまた○○○○を取り出し、タイマン張るように、互いの淫乱な目を見つめ合いながら、一呼吸ごと○○○○を手渡しして、嗅ぎ合ってラリっていると、男性が「ショ○ベンかけあわない?」と言い出しました。
 男性もmayuも完全にラリって声が変わっていました。
 mayuが「やりたい」と低い声で言うと、男性がジーンズを脱ぎ捨て、ビキニを少し下げ、便器に向かってジョロジョロとショ○ベンをしだしました。
 まだ勃起したサオから飛び出したショ○ベンは、最初残ったザーメンと混じって糸を引いていましたが、次第に勢いが増してきました。

12btis00078ps

 mayuが片手を便器の前に出して、男性のショ○ベン手で受けてやりました。
 暖かいショ○ベンまみれになった手を自分の口へ持っていき、旨そうに舐めてやると、男性がスケベな笑みを浮かべながら、mayuの起ったペニスを掴み、便器の方へ引っぱりました。
 mayuもジーンズを下げ、ショ○ベンをジョロジョロ同じ便器に飛ばしました。
 男性は、自分の勃起したペニスを、mayuのショ○ベンがかかるように動かしました。
「すげぇ、すげぇよ」と言いながら、男性はmayuのショ○ベンまみれになったペニスを、手で扱いては、舐めていました。
 男性の太股とずり下げたド派手な柄ビキニが、mayuのショ○ベンで濡れてゆきます。
 男性が銜えさせろと言うんで、残りのショ○ベンを口の中に飛ばしました。
 旨そうにゴクゴク音をたててmayuのショ○ベンを飲み、mayuも男性のペニスから直接飲みたくなって、残りのショ○ベンをゴクゴク飲んでやりました。
 またディープキスをして、互いの味を混ぜ合い味わいました。

11btis00078ps

「個室でケツ掘ってやるぜ」とmayuが言うと、男性が別の場所へ行きたがります。
 ならってことで、mayuの部屋に場所を移すことにしました。
 男性はビキニを脱ぎジーンズを穿き、車へ。
 男性は、運転中もmayuの勃起したチンポをジーンズの上から手で扱いていました。
 汗と先走りで、ジーンズの表面まで湿ってくるのがわかる。
 車内は男性が持ち込んだショ○ベンまみれのビキニの臭いがしました。
 部屋に入るなり、貪り食うようにキスし、唾液を飲みまくり、チンポを扱き合った後、ベッドへ行きました。
 トイレで見た時よりさらに若く見える。
 歳を聞くと、22…いい根性です…。

10btis00078ps

 部屋の電気を全部点け、互いに脱がしあって、全裸で第2ラウンド。
 トイレでは気がつかなかったが、スイマー体型で吸い付くような白い肌。
 後で聞くと、インストラクターのバイトをやってるとか。
 胡座をかいて向き合い、互いの鼻に○○○○をあてる。
 吸い合うだけで、男性もmayuも乳首がおっ起ち、ペニスがヒクヒク反応するのがわかります。
 男性は、自分から俯せになり、膝を立てケツをmayuの目の前に持ってきました。
 すごくコリコリと締まったケツ。ケツ毛がなく、アナル丸見えです。
 ペニスと玉も生白く、余計に淫乱に見える。
 ヌルヌルのペニスを扱いてやりながら、mayuの指を男性の口に持って行き、たっぷり湿らせました。
 男性がmayuの指をペニスのように、付け根まで旨そうにしゃぶります。

1btis00078ps

 サオを扱く度にアナルが収縮、男性の唾液まみれになった指を、剥き出しになったアナルに突っ込んでやると、吸い付くように沈んでいきました。
 ヨガリ声が前に増して大きい。
 トイレでは出ないような大声です。
 ケツが相当好きに違いないなと直感しました。
「これ何?」と指をこねくりまわしながら耳元で囁くと、「ケツマンコ」と素直に言います。
「種付けされたい?」
「たっぷり種付けされたいっす」
 このケツなら、2発でも、3発でも、好きなだけ出してやると思いました。

9btis00078ps

 2本目の指を奥まで突っ込むと、ローション不要、唾もいらないほど、中はじっとり汗のようなケツマン汁で濡れまくりです。
 あまりによがるんで、アナルを舐め回し、今更、用のない唾を舌を突っ込んで注入、更によがらせました。
 女にもてそうな顔に似合わず、喘ぎ声が凄いのなんの。
 ○○○○をたっぷり吸い込み、瓶を男性の手元に渡し、深く吸い込んだのを確認して、mayuのサオを一気に挿入しました。
 腰を動かす度に、バシバシ音がするほど激しくぶち込むのです。 
 締まりもいいのですが、今までにないすごい名器、直腸の奥の奥まで粘膜が纏わり付くっていう感じですか。
 男性もオンオンよがるだけよがって、淫乱ぶりを見せつけてきます。
 男性の肩を掴み、更に激しく腰を振り、2発目をケツマン奥深くに大量発射。
 男性も種付けされてんのがわかるらしく、「あ~すげー、すげーよ」を連発します。

8btis00078ps

 ひさしぶりに脳天まで痺れるような射精の感覚を味わいながら、一度ゆっくり引き抜きました。
 抜く瞬間、かすかなスケベな音と共に、種付けしたばかりの汁が少し漏れました。
 仰向けに転がし、放心状態の男性に種汁と男性のマン汁まみれのペニスをしゃぶらせました。
 飴でも舐めるかのように、旨そうにいつまでもしゃぶり続ける男性。
 これじゃ、mayuのチンポは萎えてる暇なんてありません。
 真っ赤な舌を出し亀頭から、再び溢れるガマン汁を指ですくっては舐め、すくっては舐めてくれるです。
 サオを抜きたっぷりとディープキス。
 普通これだけケツを掘れば、相手のペニスは萎えるものですが、男性のペニスは、トコロテンしそうなほどガマン汁漏らして、サオもビンビンです。

7btis00078ps

 舌を絡ませ合ってる間も、mayuの腹筋が男性のガマン汁でまみれていくのがわかりました。
 再度足を持ち上げ、肩に乗せてぶち込みます。
 今度は腰を前よりゆっくり動かしながら、男性の汗まみれの乳首や腕、顔や耳を舐めてやります。
 よがりながら、男性が「唾欲しいっす。唾、俺の体中にぶっかけて欲しいっす」と、ラリった目でmayuを見つめながら甘えてくるんです。
 その顔に向かって2~3回、体にも数回、音を立ててぶっかけてやると、女みてぇにアンアンよがります。
 Mっ気もたっぷりで、超かわいかたです。
 男性の唾まみれになった顔に手を持っていき広げてやりました。
 男性の尖った顎の皮膚が吸い付くように柔らかい。
 唾まみれの指で男性の口の中をかきまわし、ヌメった乳首を摘んで弾いてやります。
 男性は動物のような声をあげてよがり狂って喜んでます。

6btis00078ps

 腰の動きを増すと、舌を突き出して、mayuの舌を催促しました。
 真っ赤な舌の先を絡めながら、頭を持ち上げ、再び○○○○。
 相当ラリってきて、男性のヨガリ声がmayuの頭の芯まで響き、mayuのあえぎ声と区別がつかない状態です。
 部屋がケツからしみ出す種汁と、男性とmayuの雄臭い汗の香りで充満しているのがわかりました。
 擦れ合う体は汗とガマン汁と唾でヌメって最高に気持ちいいんです。

「舐めたぃ、兄貴のサオ」男性が思い出したかのように言います。
 mayuはチンポをゆっくり引き抜き、男性の口マンにぶち込みます。
 mayuも男性のサオを扱いては、溢れるガマン汁を指ですくって、○○○○代わりに舌で味わいました。
 舌で転がしては、ねっとりした男性の味を楽しむんです。
「すっげー、君のケツたまんねー。3発目たっぷり注いでやるし。 欲しい? 欲しいか? オラ。もっと泣け、オラ」
 腰の動きが2発目と同じくらい速くなります。

4btis00078ps

 男性は言葉にならない呻き声を上げながら、目で必死にねだって来ます。
 ガマン汁まみれになった腹筋に、男性の超膨れ上がった亀頭が何回もぶち当たりました。
「あーイクっ。俺イクっすよ、イクイクイクイク、いくいくいくいく」
 いきなり男性が叫んだかと思うと、mayuの腹と胸に凄い勢いでザーメンをぶっ放しました。
「うぉあああ~っうあああ~」
 mayuが掘りながら体を少し持ち上げると、自分の顔まで何発も飛ばし続けました。
 凄い強烈なザーメンの匂いが漂うのと同時に、男性のアナルがmayuのサオを強烈に締め上げました。
 体中雄汁まみれになりながら、大声で泣き叫ぶ男性の中に、mayuは3発目とは思えない大量の汁をぶっ放しました。
 汁まみれになった男性の体と顔をベロベロ舐めてやった後、サオを引き抜きました。
 赤くなったケツマンコから、2回分の液体が流れ出していました。
 男性が舌を突き出してきて、ディープキスを飽きるまでしました。
 シャワーは浴びずに寝ようと、スケベな目をして男性が笑ってました。

3btis00078ps

 男性もmayuも昼すぎまで爆睡し、気づいたら体を舐められていました。
 ショ○ベンを○○○○代わりに飲み合って、69で一発ずつ種汁をぶっぱなし、口の中でミックスして飲み干しました。
 遅い昼飯を食いながら携帯の番号を交換し、またトイレで再会する約束をしました。
 部屋に戻り、男性の思いつきで、多分もう殆ど透明な液体しかでないだろうなと言いながら、乳首とケツとチンポを攻め合い、互いに1発ずつザーメンをコンドームに出して、交換することにしました。
「ここまで変態に徹すんのも悪くないな」とmayuが言うと、「まだまだやりたいことあるっすけどね」と男性が言うので、笑ってしまいました。
 ほとんど透明な汁がピンクのゴムに溢れ出ました。
 男性は○○○○とともにそれをポケットにしまい、今日は夕方からちょっとしたバイトがあると言って、mayuのショ○ベンまみれになったくさいビキニを穿きました。
 男性を例の公園まで送ると、「洗わないで、来週まで穿いておくっすから」と去り際に言いました。

2btis00078ps












118prd023plREINA 3時間コンプリートBEST

タチウケ自在の極上SEX195分8.5等身超絶美女装子・REINAの麗しきエロスを3時間超収録!こんな子、見たことない!制服エッチにガン見オナニー、主観視点フェラetc.様々な体位&プレイでその美しい裸体を魅せつけるッ!




















lboy00021pl絶対無敵の究極ニューハーフPREMIUM BEST4時間

レディーボーイが厳選したニューハーフプレミアムBEST版。珠玉のシーメールのあらゆるエロが詰まった超お買い得作品。これを見れば彼女たちのすべてがわかります。





















sal00186pl露恥裏シーメールBEST4時間vol.2


太陽光の降り注ぐ野外で極上ペニクリニューハーフ達が全裸でアナルファック性交を繰り広げる露恥裏シリーズベスト第2弾!!一般客のいる中華料理屋内で無理矢理ハレンチ行為!エロDVDショップ内でのモロ出し羞恥オナニー!誰が来るかわからない川原での豪快アナルファック快楽!大自然に囲まれた山道でアナルを犯されたニューハーフ美女が咆哮絶頂射精する濃厚作品!!
































ゴールデンウィークのmayuのニャンニャン体験談


500rmresize


 お約束だったゴールデンウィーク中のmayuのニャンニャン体験談です。

 ラブホテルの一室に入った叔父様とmayu。
 交わす言葉も無く目を合わす事も無く服を脱ぎ始めた。
 薄暗くタバコ臭い部屋の中で、素っ裸になった叔父様とmayu。
 叔父様の黒ずんだチンポは既に弧を描く様に反り返り、血管が浮き出ている。
 叔父様は手を伸ばし、mayuの体に触れた。
 mayuの体を確認するかの様に、mayuの体に手を這わす叔父様。
 頬から首筋。
 そして肩から胸・脇腹・腰・腹、そしてお尻へとゆっくりとゆっくりとmayuの体に手を纏わり付かせる叔父様。
 マメだらけでゴツゴツした叔父様の手が、mayuの性感帯に触れる度に、mayuは体をビクっと痙攣させた。
 叔父様と目が会ったmayu。

19h_995bokd00076ps

 微かな微笑を浮かべていた叔父様は 「mayuの弱点分かってきたぞ」っと悪戯っぽく囁き唇を重ねてきた。
 照れくさかったな、、叔父様に性感帯を知られるのは。
  「mayuも何か言い返さない気が済まない」と思たmayuは、唇を重ね合わせお互いの舌を絡ませながら叔父様のチンポに手を伸ばした。
 mayuが叔父様のいきり立ったチンポを握り前後にゆっくりとしごくと、 「おお・・・・・」と擦れた声を上げ全身を痙攣させた叔父様。 「エエ年こいたおっちゃんがビンビン。エロイわー」と叔父様をおちょくる。
 唇を重ね合わせたまま、鼻でフフンと笑た叔父様は 「どつくで」と言いながらmayuの脇腹をこそばしてきた。
 mayu、脇腹だけはアカン。感じるとか通り越して只こそばいだけ。
 ビクンっと体を捩じらせたmayuをベットに押し倒した叔父様。
 叔父様はmayuの腹の上に乗っかって容赦なく脇腹を攻撃してきた。
 mayuにとっては拷問。
 息が出来ないようになるまで、口から泡吹きそうになるまで、こそばして来る。
 自分もゲラゲラ笑いながら。
 呆れた。

18h_995bokd00076ps

 チンポしゃぶりに行ってんのに、大の大人がベットでコチョコチョしてるなんて。
 10代のカップルじゃあるまいし・・・。
 失神1歩手前までこそばされたmayuは、 「止めて。何でも言う事聞くから、頼むからもう止めて」と叫んだ。
 叔父様は手を止め「ホンマやの?」と眉間にしわを寄せながら聞いてきた。
 叔父様の手は未だmayuの脇腹に置かれたままだった。
 mayuが「ホンマやし止めて」と言うと叔父様はmayuにキスしてから耳元で「ケツ掘ってエエか?」と低い声で聞いてきた。
 mayuが「ええよ」と答えると暫く見つめ会った後、全身を重ね、唇を重ね合わせた。
 mayuの上に重なって来た叔父様。
 mayuの舌を求め激しく吸い付いてくる叔父様。
 叔父様の鼻息とお互いの舌に吸い付くいやらしい音だけが薄暗い部屋に響いてる。
 不規則に腰を振た叔父様。
 いきり立ったチンポをmayuの腹に擦り付ける様にゆっくりと腰を振てる叔父様。
 叔父様は、叔父様とmayuのカチカチになったチンポが触れ合う度に、 「ああ・・」と微かにタバコ臭い擦れた吐息を漏らした。

17h_995bokd00076ps

 叔父様は顔をmayuの耳元に埋めると、手に唾液を取り重なり合った腹の辺りに手を入れ、2本のチンポを握った。
 チンポの裏筋を重ねる合わせる様に2本のチンポを握った叔父様は、ヌチャヌチャと音を立てながら体を上下させた。
 叔父様の生温い吐息と無精髭の感触を首筋に感じながら喘ぎ声を上げとったmayu。
 叔父様は喉の奥から搾り出すような、鼻息交じりのくぐもった喘ぎ声を上げながら、 「クッ・・ゥ・気持ちエエ。お前はどや?気持ちエエんか?フン?」と擦れた声で聞いてきた。
 mayuが「ああ、叔父様。気持ちいい」と答えると腰を振りながら叔父様は、mayuの顔を見つめて「ヤラシイ顔すんの、お前。男をそそる表情や・・。」と切なげに呟いた。
 「お前○○使うんか?」と叔父様が聞いてきた。
 mayuが「使うよ」と答えると叔父様は立ち上がり荷物の所に行きポーチの様な物を取り出した。
 ポーチを手にベットに戻ってくる叔父様。
 叔父様が足を前に進める度に、叔父様のいきり立ち天を仰いでいたチンポがブラブラと上下左右に揺れた。
 黒の革のポーチから数本の○○とスキン・ラブオイルを取り出した叔父様は、○○を1本mayuに手渡し、mayuの腹の上にまたがり膝立ちし自分の○○を手にした。

16h_995bokd00076ps

 叔父様はいきり立ったチンポをヒクヒクとひくつかせながら、目を閉じ何回もゆっくりと長く深く○○を吸っていた。
 男がチンポをおっ立てて○○を吸うてる姿なんか今まで何回も見てきた。
 それでも、今日は違う。
 自分の叔父様が、男、それもmayuと盛るために吸ってる。
 理性をなくして獣のように盛り合う為に○○を吸ってる。
 やっぱりそれは凄くイヤラシイ光景やった。
 ○○を3・4回吸った叔父様は目を閉じうつむいた。
 2・3秒して頭を上げた叔父様は顎をクッと上げ、mayuに○○を吸うよう促した。
 虚ろな目でmayuを見つめていた叔父様。
 mayuの腹の上で口を半開きにしながハアハアと言いながら、いきり立ったちんぽをゆっくりとしごいていた叔父様。
 mayuは叔父様の虚ろな目を見ら○○を深く深く吸い込んだ。

15h_995bokd00076ps

 「たまらんわ」と吐き捨てる様に呟きmayuに覆い被さってきた叔父様は、mayuの喉仏に吸い付いてきた。
 チュパチュパと音を立てながら、舌先を使って口の中でmayuの喉仏を転がす叔父様。
 mayuの首筋に顔を擦り付ける様にして吸い付きまくる叔父様。
 叔父様の髭がジョリジョリと音を立ててmayuの首筋を刺激した。
 首筋も弱いmayu。
 mayuは歯を食い縛り、体を仰け反らす様にして叔父様の頭を抱え込んだ。
 それに気づいた叔父様はmayuの顔を覗き込み、 「おお?何や?ここ感じんのかお前?」と囁くとフンと笑ってmayuの首筋に吸い付いた。

14h_995bokd00076ps

 髭を擦りつけたり、吸い付いたり、舌先で嘗め回したりしてmayuの首筋を攻める叔父様。
 mayuは食い縛った歯の隙間から「・・クッゥ・・」と言う声にならない喘ぎ声を漏らした。
 叔父様は更に激しくmayuの首筋を責めながら、 「気持ちエエんか?どや?感じとんねやろ?感じとんやったらもっと声出せ」 と低く纏わり付く様な声で囁いた。
  「ここはどないや?」と言いながらmayuの耳の裏辺りをベロベロと舐め上げる叔父様。
 mayuは体を痙攣させながら声を上げた。
 叔父様はmayuのコメカミの辺りと肩を押さえつけ、更に激しくネットリとmayuの耳の裏を舐め上げた。
 押さえつけられ抵抗できないmayuは 「・クッゥ・・叔父様・・」と声を上げた。
  「ほら、もっと声出せ。恥ずかしがらんとエエ声出さんかい。」と言いながら叔父様は無精髭の生えた頬をmayuの耳元に擦り付けてきた。

13h_995bokd00076ps

 たまらなくなったmayuは、体を悶えさせながら絶叫に近い喘ぎ声を上げた。
 叔父様は満足げに「おお、エエぞ。エエ声や。もっと気持ちようしたるさかいにの」 と言いながら、mayuの上半身の方へと舌を滑らせた。
 ハアハアと息をしながらmayuの乳首に吸い付いてくる叔父様。
 舌先でmayuの乳首の周りをゆっくりと舐め、吸い付き舌先で乳首を突く叔父様。
 mayuの反応を確かめるようにゆっくりネットリとmayuの乳首に貪り付いとった叔父様は、○○を手に取りmayuに手渡した。
 mayuの乳首を舐めながら目でサインを送る叔父様。
 mayuは再び○○を深く吸った。
 叔父様も狂った様に○○を吸ってた。
 全身が熱くなって心臓が激しく脈打っているmayu。
 薄暗い部屋がより薄暗く感じられた。
 狂った様にmayuの体に吸い付いて来る叔父様。
 叔父様は、顔をmayuの股間の辺りに移した。
 mayuの陰毛に鼻を埋め大きく息をしながら土手に歯を立てた叔父様は、ゆっくりとmayuの陰茎を舐めた。
 レロレロと舌先を使い時折口から垂れる涎を吸いながらmayuの陰茎全体を、じらす様に舐め上げていた叔父様。

12h_995bokd00076ps

 叔父様はmayuのチンポを力強く握り2・3回ブルブルと振りながら、 「おお・・ビンビンやんけ・・オヤジにしゃぶられて・・スケベやのお前・・」 チンポ越しにmayuの顔を見つめるように囁いた。
  「どないして欲しんや、言うてみ?」と叔父様は続けた。
  「・・・て」と言葉にならないmayu。
  「なんやて?聞こえんぞ?」と叔父様。
 mayuのチンポをギュッギュッと握りながら「ほら、どないして欲しいんや?」 と低く擦れた声でイケズそうに囁く叔父様。
 mayuは「チンポしゃぶって!」と叫んだ。
 叔父様は「よっしゃ」と言うとmayuの鈴口に口を近づけた。
  「ようさん先走り垂らしやがって」と言いながら、舌先で舐め取るようにmayuの亀頭を舐める叔父様。
 mayuの亀頭を口に含み舌先でmayuの鈴口を攻めながらチューチューと音を立て始めた叔父様。
 mayuは全身を小刻みに震わせていた。
 mayuの先走りを全部吸い取った叔父様は、mayuの陰茎全部を口に含んだ。

11h_995bokd00076ps

 mayuのチンポに舌を纏わり付かせながら頭を上下させる叔父様。
 荒い鼻息を漏らしながら激しくリズミカルにmayuのチンポをしゃぶる叔父様。
 叔父様は「たまらんわ・・」と言いながら自分のチンポをしごきながら、mayuのチンポに貪り付く。
 mayuのチンポをしゃぶりながら体を回転させ横伏せになった叔父様は、チンポをmayuの顔に近づけ、しゃぶる様に促した。
 赤黒くパンパンになった叔父様の亀頭は、先走り汁でヤラシく光っている。
 mayuは叔父様のチンポを握り親指の腹で叔父様の亀頭の先を撫でた。
 先走り汁でヌルヌルになっとった叔父様の亀頭。
 mayuは先走り汁をヌチャヌチャと音を立てながら亀頭全体に塗りつけた。
 叔父様はmayuのチンポを咥えた口から「おお・・」と唸るような喘ぎ声を漏らした。
 mayuは叔父様の先走り汁でヌルヌルになった親指を口元に近づけ舐めた。
 叔父様の先走り汁の味・・。
 塩気を含んだ舌に纏わり付く様な味やった。

10h_995bokd00076ps

 「どや?わしの?旨いか?」と聞く叔父様。
  「わしにも舐めさせ」と続けた叔父様。
 mayuは叔父様の亀頭の先走り汁を指に擦り付け叔父様の口元に運んだ。
 叔父様は舌を纏わり付かす様にmayuの指を舐めた。
 mayuの指を咥えしゃぶっとった叔父様は、 「おお。お前のんと同じ味や」と囁いた。
 荒い鼻息を漏らしながらお互いのチンポに貪り付く叔父様とmayu。
 薄暗い部屋の中に、ヤラシイ音だけが響いている。
 グボっとチンポを喉の奥まで咥え込みえづく音。
 ジュパとチンポに吸い付く音。
 ぺチャぺチャと裏筋を舐め上げる音。
 ジャリジャリと毛むくじゃらの玉袋を舐める音。
 それらの音と叔父様の鼻息、そして低く唸る様な叔父様の喘ぎ声が、mayuのチンポを一層堅くさせた。

9h_995bokd00076ps

 叔父様は、○○を吸いながらmayuに覆い被さって来た。
 mayuのチンポをしゃぶりながら、腰を振りパンパンになった亀頭でmayuの喉を突く叔父様。
  「ああ・・エエど・気狂いそうや・・」と腰を振りながら体を捩じらせる叔父様。
  「ああ・・mayuも・・・」と叔父様に喉を突かれながら声を漏らすmayu。
 「お前のチンポ喰うてしまいたい」とmayuのチンポの根元に歯を立てる叔父様。
 ホンマに喰い千切られてもおかしくない程の雰囲気だった。
 それ程興奮して気が狂っていた叔父様とmayu。
 「ああ・・・」と叫び声を上げ腰を突き上げたmayu。
 叔父様は一層きつくmayuのチンポに歯を立てた。
  「叔父様・・痛い。止めて」と漏らすmayu。
 叔父様は「これは、わしのもんや。どないしょーとわしの勝手や」と言いながら、mayuのチンポに歯を立て続けた。
 叔父様はmayuが苦痛で悶え苦しんでいるのを楽しむかの様に、mayuのチンポに噛み付き続けていた。
 かなり痛かった。
 それでもmayuのチンポは萎えなかった。
 mayuは食い縛った歯の隙間から苦しげな声を漏らした。

8h_995bokd00076ps

 「叔父様、お願い。止めて」と頼んだmayu。
 叔父様は最後に一番キツク歯を立てた。
 mayuは叫び声を上げ、肩で息をしていた。
 mayuのチンポを喉の奥まで咥え込んでいた叔父様。
 グボグボと音を鳴らしてmayuのチンポをしゃぶってい叔父様は、mayuの足を押し広げてmayuのまたぐらに顔を埋めた。
 ジョリジョリと音を立てながらmayuの玉袋に舌を這わす叔父様。
 叔父様はmayuの金玉に吸い付くと口に含み舌先で転がした。
 mayuの金玉を口の中で転がした叔父様は、舌先をmayuのケツの穴へと滑らせた。
 mayuのケツの穴の回りをレロレロと舐め回す叔父様。
 「おお・・・・」と低く擦れた声を漏らした叔父様は、舌先をmayuのケツの穴に押し付けた。
 両手でmayuのケツを広げながらmayuの穴に舌を挿入してくる叔父様。
 ぺチョぺチョと音を立てながら舌先でmayuの穴を突く叔父様。
  「ああ・・」と声を漏らしたmayu。
 」ケツエエんか?ケツん穴感じるんか?」と吐息混じりに囁いた叔父様は、中指を咥え舌を絡み付かせるとmayuの穴に向けてペッと唾を吐きかけた。

7h_995bokd00076ps

 叔父様の唾液でべチョべチョになった中指でmayuの穴の周りをネットリとした動きで撫で付ける叔父様。
 mayuの穴に中指をあてがった叔父様は、ゆっくりとmayuのケツ穴に指を挿入した。
 叔父様のチンポを咥えた口から「ああ・・叔父様・・」と声を漏らすmayu。
 叔父様はそれに答えるかの様にmayuの前立腺にグッグっと指の腹を押し付けた。
 「く・・ゥ」と噛み締めた奥歯の隙間から吐息を漏らしたmayuのチンポから先走り汁がダラーと溢れ出て来た。
 「おお・・ぎょうさん出てきょったぞ」と言いながらmayuの亀頭に吸い付く叔父様。
 体を震わせながら「叔父様・・早やく来て」と囁いたmayu。
 叔父様は無言のまま体を起こしmayuの両足の間に腰を下ろした。
 mayuの股の間に腰を下ろした叔父様は、mayuの腰の下に枕をあてがった。
 叔父様はmayuのケツの穴に両方の親指をあてがいケツの穴をギューっと広げ、シゲシゲとヤラシイ目つきでmayuのケツの穴を眺めていた。
  「エエ色しとる」と叔父様。
 恥ずかしかった、叔父様にケツの穴見られるやなんて。

6h_995bokd00076ps

 でも、恥じらいを感じれば感じる程より大胆になって行くmayu。
 mayuは腰を持ち上げ股を思い切り広げて、 「早よ入れて。叔父様のチンポ」と叫んだ。
 叔父様は傍にあったラブオイルを手に取った。
 ヌチャヌチャと全部の指にラブオイルを馴染ませた叔父様は中指を立てた。
 mayuのケツの穴の周りをゆっくりと撫でる叔父様の中指。
 その中指がゆっくりゆっくりとmayuの中に入って来た。
 ねじ込む様にニュチャリとmayuの中に入って来る叔父様の中指。
 叔父様は第二関節位までmayuのケツに中指を挿入すると、小刻みに素早く中指を振動させた。
 ネチャネチャネチャ・・・と音を立てながらmayuの肉壁を刺激する叔父様の中指。
 mayuは腰を突き上げ体を捩じらせながら「あああ・・・」と湿った吐息を漏らした。
 更に奥までねじ込められた叔父様の中指。
 叔父様はmayuのケツの穴の中で中指を2・3回左右に反転させると、指の腹をmayuの前立腺に擦り付けた。
 チンポがビクンと自然に脈打ち「おう・・」と喘ぎ声を上げるmayu。

5h_995bokd00076ps

  「おお・・まだ出よるやんけ」と言いながらmayuの亀頭に吸い付きチューチューと音を立てながらmayuの先走り汁を吸う叔父様。 mayuの先走り汁を吸い取った叔父様は、ぺチャぺチャと口を鳴らしながらmayuの中の中指をゆっくりと出し入れさせた。
 ねじ込む様に左右に反転させながら中指を出し入れする叔父様は、 「おお。すごいぞ・・指に吸い付いて来よる」と囁いた。
 ハアハアと肩で息をしながら体を捩じらせとったmayu。
 叔父様は中指でmayuのケツの穴を掻き回しながら、mayuの上に覆い被さり唇を求めた。
 叔父様の口に吸い付くmayu。
 ウーンと息を漏らしながらお互いの舌を絡め合わせとった叔父様とmayu。
 叔父様はmayuの耳の裏を舌と無精髭の生えた頬で刺激してきた。
 体を激しく痙攣させながら「アンアン」と女の様に鳴いていたmayu。
  「エエんか?感じとんか?おお?」と耳元で囁いた叔父様は、 「どないして欲しいんや?」と続けた。
  「アカン。早よ!早よ入れて叔父様のチンポ。頼む・・早よっ!!」と途切れがちな声で答えたmayu。
 叔父様はフンと鼻で笑うと、 「そんなせかすなや。ゆっくりやろやないか、まだ時間たっぷりあるさかいに」 と囁きながら中指に人差し指を加えた。

4h_995bokd00076ps

 眉間にシワを寄せながら「ウ・・ウ・・」と声を漏らすmayu。
  「大丈夫か?痛いんか、mayu?」と尋ねてくる叔父様に、 「いいや。エエよ叔父様。もっとして」と答えたmayu。
 徐々にスピードを速めてmayuのケツの穴に出入りする叔父様の中指と人差し指。
 その2本の指が時折mayuの肉壁を押し広げる。
 mayuのケツの穴をゆっくりと拡張しとった叔父様は薬指を加えた。
 ゆっくりとmayuの表情を見ながら3本の指をねじ込める叔父様。
 根元までねじ込んだ叔父様はその3本の指を広げmayuのアナルを更に拡張した。
 ちょっと痛かった。
 「うう・・」と顔をしかめ歯を食い縛ったmayu。
 「痛いんか?○○吸え」と囁く叔父様。
 mayuは○○を手に取り胸の奥深くまで何回も何回も○○を吸い込んだ。
 顔がカーッと熱うなって頭がボーっとして来た。
 心臓もドキドキと激しく脈打った。
 ケツの穴もカーッと熱なってヒクヒクと痙攣してんのが自分でも分かった。
 ハアハアと口で息をしながら「ああ・・叔父様」と囁くmayu。
 3本の指をネチャネチャと音を立てながらゆっくりとmayuのケツの穴に出し入れさせる叔父様。
 「ああ・・」と喘ぎ声を上げるmayu。
  「ようなって来たか?」と囁く叔父様。

3h_995bokd00076ps

  「おお、いい。気持ちエエ、叔父様。」とmayuが答えると叔父様は、激しく指を出し入れさせた。
 mayuは腰をくねらせ雄叫びを上げた。
 3本の指をmayuのケツの中で広げmayuの肉壁を拡張した叔父様は、小刻みに腕を振動させた。
 「うおお・・叔父様ー」と叫んだmayu。
 グチョと音を立てながらmayuのケツから指を引き抜いた叔父様は、 「ええか?いけるか?」と聞いてきた。
 「、、、いける思う」とmayuが答えると、叔父様は「よっしゃ」と言いながらコンドームに手を伸ばした。
 コンドームを手にした叔父様は、ラブオイルでヌルヌルになった手でネチャネチャとチンポをしごいた。
 叔父様は自分のチンポをしごきながらコンドームの袋の端を咥え顎を引き上げる様にして封を噛み切った。
 プッと音を立て口から切れ端を吐き出した叔父様は、薄緑色のコンドームを取り出した。
 裏表を確認し精液溜りを指で摘みながらゆっくりと亀頭の先にあてがう叔父様。
 ラブオイルでヌラヌラとヤラシク黒光りしてた叔父様の陰茎。
 パンパンになって赤黒く光を放ってた叔父様の亀頭。
 血管が浮き出て反り返ってた叔父様のチンポ。
 叔父様は亀頭の先を摘みながら、もう一方の手で黒光りする陰茎にコンドームを纏わり付かせた。
 両手で2.3回コンドームを付け根の方にたぐり寄せた叔父様。
 精液溜りが無くなる程パンパンになってた叔父様の亀頭。
 破けそうなほど伸びきった薄緑色のコンドームがイヤラシイ光を放ってた。
 mayuに○○を手渡した叔父様は、片手にたっぷりとラブオイルを取りチンポ全体に塗り付けながら○○を吸った。
 目を閉じ眉間にシワを寄せながらゆっくり長く肺の奥深くまで○○を吸い込む叔父様。
 最後に一際大きく長く○○を吸い込んだ叔父様は、mayuの両足を小脇に抱えてmayuを引き寄せた。

2h_995bokd00076ps

 腰を浮かせ前に突き出しながらチンポに手を添える叔父様。
 ゆっくりとmayuに覆い被さってきた叔父様。
 叔父様のチンポの先がmayuの穴の入り口に触れた。
 亀頭の先をmayuのケツの穴に擦り付けるように腰を振る叔父様。
 叔父様が腰を振る度に少しずつ少しずつmayuの肉壁を押し広げる叔父様の亀頭。
「ああ・・・mayu、感じるか?mayuのチンポの先。お前のケツん中に入っとるど」 と擦れた声で囁く叔父様。
 mayuは叔父様の汗ばみ血管の浮き出た腕を握りしめながら、 「お、叔父様・・・キツイわ、痛い。ゴム無しでアカン・・?叔父様の亀頭ゴツ過ぎてゴムが引っ掛る・・。」と顔をしかめたmayu。
 叔父様は溜息をつきながら目を閉じうつむいた。
 暫くして叔父様は溜息交じりに「よっしゃ。お前上になれ」 と言いながらゴムを引き抜くとベットにゴロンと仰向けに寝転んだ。
 片手で腕枕をしながネチャネチャと音を立てながらチンポをしごいとった叔父様。
 mayuは叔父様の腹の上にまたがり叔父様のネチャネチャしたチンポを握りながら腰を下ろした。
 片方の膝を立てながら叔父様のチンポの先をmayuのケツの穴にあてがったmayu。
 mayuは立てた膝をゆっくりと下ろしながら叔父様の腹に腰を下ろした。
 ケツの穴に圧迫感を感じながら歯を食い縛ったmayu。

1h_995bokd00076ps

 mayuが腰を深く落とすに連れ「おおおお・・・・」と擦れた声を荒げる叔父様。
 叔父様の亀頭を全部くわえ込んだ辺りでケツに微かな痛みを感じたmayuは腰を止めた。
  「mayu、痛いんか?無理すんなよ。かまわんぞ・・」と囁いた叔父様。
 でも行けない事の無い痛みだった。
  「大丈夫や叔父様・・ちょっと待って」と食い縛った奥歯の隙間から、擦れた声を出したmayuは○○を手に取った。
 交互に両方の鼻の穴に○○の瓶を押し付け○○を吸ったmayu。
 最後に「スー」と思い切り音を立てながら気化した○○で肺を満タンにして息を止めた。
 ドクンドクンと大きくなる心臓の鼓動を聞きながらmayuはケツを下ろした。
 腹の皮を突き破るような圧迫感を下半身に感じたmayuは、 「ッアー・・・・」と擦れた吐息交じりの喘ぎ声を上げた。
 叔父様はmayuの腰をギュとつかみ顔をしかめ体を退け反らし、 「おお・・あったかいぞお前の中。エエ気持ちや」と言いながら、mayuのケツの中のチンポをビクンビクンと反り返らせた。









lboy00043pl☆細マッチョ☆某ファッション誌現役読モの超絶イケメン男の娘 AVデビュー

現れたのは、瞳が色っぽくクールな印象のイケメン君。某雑誌の現役読モで体も鍛えているらしく、スタイルも抜群。そんなコが化粧をしたら、女性も真っ青のめちゃめちゃ色気のある男の娘に大変身。もちろん男性相手は初体験で、恥じらいとともに痛みから快楽へと成長していく様がキュンとくるデビュー作になってます。


















h_697shem07pl黒GALニューハーフ美蘭8時間BEST

イキまくり発情シーメールの淫乱アナルにフル勃起チンポを丸呑みする史上最強の極上ニューハーフ美蘭ちゃん降臨。猥褻ファックでアナルの奥深くまで責められたまらず連続絶頂。ちんぽは常にびんびんフル勃起シーメール。メーテルホルモン未公開映像収録。完全コンプリート8時間2枚組。


















h_1156blmc005plど素人ノンケ男の娘!処女ケツ穴はキツキツでガマン汁は、塩っぽくておいしいぞ!女より男とセックスしたくなるような体にさせてみる…

超絶イケメンの後輩・秀美クンが求職中と知り、スタッフは急遽彼に「AV男優をやってみないか」と会社に呼び出した。ノリノリでやって来た秀美クンは、何故かメイクされウィッグをかぶせられそのまま男の娘に。何がなんだかわからないまま撮影は進む。実はこの撮影の本当の目的は、秀美クンを女装させて犯す事だった…。

















84tkbokd080pl【数量限定】衝撃の本名デビュー! アナルとチ●コに媚薬を塗られて絶頂SEX 荒金さとみ パンティとチェキ付き

ずっとAV撮影を夢みていた清楚系女装娘がついにデビュー決定!しかもなんと…あまりに衝撃の本名で出演!これはガチです!気合の入り方はハンパないです!あまりの緊張と興奮で前夜は眠れなかったと告白!しかし、下半身は完全準備万端!ギンギンのペニクリからは大量のオチ●ポ・ミルクを放出!淫乱な本性をすぐに発揮!


















172xrw00306pl近親相姦 ニューハーフの義母や息子のデカチンを見て欲情してしまう母、息子、兄、父は…

新しく母になったのは、何とデカチンなニューハーフ。何年か振りに帰って来た息子は可愛いニューハーフになって帰って来た。NHデリヘル嬢は、息子だった!そんなNHたちを見て驚き、何故か欲情してしまい禁断な近親セックス、近親アナルセックスをしてしまう変態な家族たちの近親ドラマ4話!

































 

フェイクレズショー

5000SdRo1_1280ffff

 長かったゴールデンウィーク、皆様はいかかがお過ごしだったでしょう。
 mayuは、ここぞとばかり女装ライフを楽しみましたよ!
 その話は、このブログをお借りして、いずれまたタップリと報告していきたいと思います。
 (一度、自分用のブログを開設しかけたんですけど、chika姉様のこのブログがやっぱり一番住み心地が良いです。)
 今日は、例によってchika姉様のクラブレポートなんですが、最近、chika姉様のクラブにM女のニューフェイスが登場しました。
 chika姉様も泣いて見てたというテレビドラマ、『重版出来!』の主人公を演じた黒木華ちゃんそっくりな娘です。
 そんな彼女のお披露目も兼ねての、レズステージショウだったんですが、chika姉様、かなりこの黒木華ちゃんがお気に入りのようです。

17b00030ps

 脱ぎさえしなければ地味目の華ちゃんと、レズをやれせば“男前”の格好良いchika姉様。
 見た目も含めて極めて対照的な二人なので、この共演は凄く面白いんです。
 かなり深い同性愛的パートナーシップが生まれる可能性もあるのかな、という期待もありました。
 ステージに上がる待機中から、chika姉様は華ちゃんの乳首をいじって遊んでいます。
 リハーサルのキスでも、なかなか唇を放そうとしなかったそうです。
 chika姉様、華ちゃんをたいそうお気に召したんじゃないでしょうか。
 華ちゃんのほうも、そんなchika姉様の気持ちを受け止めるように、どんどん気持ちを入れていっているようです。
 乳首合わせ。
 指イラマ。
 クンニに指マン。
 軽いプレステージだというのに完全にプレイにのめり込んだ二人。
 この時点でほとんどガチの状態です。

16ab00030ps

 最初の本番のステージはガチンコのレズ調教です。
 二人がステージに上がった瞬間、思わずニンマリしてしまいました。
 ポップでセクシーなボンテージ風のコスチュームのchika姉様。
 それに対して華ちゃんと言えば地味なワンピース姿なんです。
 この服のまま街に出ても、誰もこういった職業とは気が付かないでしょう。
 近未来のファッショナブルなキャリアガールと、昭和の時代に集団就職で上京してきた田舎娘の精一杯のおしゃれ、というくらいのギャップに絶妙な味わいを感じました。
 スタンバイのときからジッと見つめ合って来た二人です。
 伝え聞くところによると「華ちゃんに初めて会ったときから、ずっとエッチしたいと思ってた」とchika姉様が漏らしたそうです。
 コレ、本心じゃないでしょうか。

16b00030ps

 chika姉様ってもう普通の恋愛感情を飛び越して、性愛が精神愛に直結し始めてますから。
 そして華ちゃんのスケベ度や変態性を見抜いたchika姉様に対して反応するように、華ちゃんも「はい。chikaさん見てるとオナニーがとまらなくなっちゃったり、chikaさんを触りたいと思ったりしました」と言ってました。
 本心や事実に裏打ちされたレズ行為は、たとえステージ上でも、もう仮想プレイじゃないような気がします。
 そういうリアルエロがステージに見透せて、早くも観客席はムラムラしてきたようです。
 そんな華ちゃんへのchika姉様のご褒美は、ステージ上の小芝居の飾りみたいな台詞に挟まれた得意技の不意打ビンタ。
 何発ビンタされても、打ち手から眼をそらさない華ちゃん。
 涙ぐんでも強い光が眼に宿っています。
 キスしたくてチョロッと出した華ちゃんのベロを噛むことで、彼女の気持ちに応えるchika姉様。
 そして濃厚なべロチューが始まります。
 早くも阿吽の呼吸みたいなものが感じられるナイスコンビの登場です。
 ワンピースの裾を咥えさせられた華ちゃん。
 chika姉様が搾ったショーツがワレメに食い込みます。
 その股間へのスパンキング。

15b00030ps

 まだプレイ開始早々なのに、絶叫するほど感じてしまう華ちゃん。
 なんとchika姉様の乳首つねりでイッってしまいました。
 華ちゃんは耳を噛まれるのがよほど好きなのか、立っていられないようです。
 華ちゃんはしゃがみ込むと、chika姉様の求めに応じてオナニーを始めます。
 chika姉様は華ちゃんのショーツを脱がすと、彼女マン臭を嗅いで、ショーツを彼女の口に詰め込みました。
 chika姉様に秘所を指責めされると、イキたい一心でショーツを咥えたままわめく、華ちゃん。
「イクときはちゃんと言いなさい」というchika姉様の躾けどおり、アクメを哀願して達しました。
 所がイケたことが嬉しくて仕方ない華ちゃんの口に、イラマ用の瓶が押し込まれるんです。
 そしてchika姉様も瓶の一端を咥えての相互イラマごっこが始まります。

14b00030ps

 瓶を通って唾液の交換です。
 ヨダレを溢れさせる華ちゃんが可愛くて仕方ないchika姉様は、巧みな指責めで激しいアクメ状態に華ちゃんを追い込みます。
 イッた瞬間、華ちゃんが思い切り噴射失禁します。
 そのオシッコを美味しそうに飲むchika姉様。
 喉を枯らした水飲み場の子供みたいな飲み方です。
 それを見て華ちゃんも嬉しそうです。
 そうなんです。二人はもう見えない“絆”で結ばれていたんです。

13b00030ps

 M字開脚で宙吊りにされた華ちゃん。
 実は彼女が吊られている間、暇を持て余したchika姉様は、本番前から勃起してしまった華ちゃんの乳首いじりを愉しんでいました。
 観客席に向かって「この子、今日は私のオモチャです」とか言いながらの事です。
 察するに、華ちゃんはchika姉様のタイプなんじゃないかな。
 恋愛対象というより愛玩用M女の、、。
 chika姉様は、まるでそこに味がついているかのように華ちゃんの足指を舐め尽します。
 股下に潜ると、パイパンまんこをじっくり眺め、いじくり回し、吸いまくるのです。
 chika姉様がローターを手に持つと、M女の華ちゃんは物欲しそうな嬉しそうな表情を見せました。
 やっぱりまるでペットです。
 ローターを飲み込んだまんこがスパンキングされ、よがりまくる華ちゃん。
 乳首もつねられ、たちまち絶頂へ。

12b00030ps

 次は男なら一生に一度はやりたい、自分の目線の高さに浮いている空中美女の性器を弄ぶ行為が始まります。
 その「やってる」快感がchika姉様のプレイに同化してヒシヒシと伝わってくるのですからたまりません。
 レズでのchika姉様は、観客席の“代理人”でもあるのですね。
 chika姉様がボールに手を入れローションをこねるだけで、見ている方は昂奮気味になるのですから、凄いステージショウです。
 chika姉様の5本の指が吸い込まれるようにして華ちゃんに侵入します。
 そしてchika姉様の指の第二関節がヌルっとめり込みました。
 フィストファックです!
 何処から見ても一般的な社会人であり、外見も清楚な華ちゃんのまんこに拳がズッポリなんです。
 信じられない光景です。
 でもだからこそ価値があるんですよね。
 今まで聞いたこともないような響きの、華ちゃんのMAXなよがり声が耳をつんざきます。
 chika姉様は、容赦なく突きまくります。
 まさにスクリュードライバーです。

11b00030ps

 まるでまんこを壊すような激しいフィスティングに、華ちゃんは絶叫また絶叫。
 chika姉様もノリまくりです。
 chika姉様は怖いくらいの真剣な表情を見せたかと思えば、頬を緩ませる。
 それは自分のサドを全開させるchika姉様にとっても至福の時間なのでしょう。
 そして華ちゃん、chika姉様がピストンを止めるとモゾモゾと膣奥を探り、子宮を掴もうとしているんじゃないかと思えるようなあやしい手の動きをします。
 chika姉様が拳を抜くと、ポッカリと開いた肉穴からオシッコが飛び出しました。
 chika姉様は放尿まんこに口を付け、再び水飲み場の女児になります。
 そんなパートナーを恥ずかしそうに見下ろす華ちゃん。
 めちゃくちゃいいステージです。
 拳を通じて、二人の間には“愛”すら感じられるんです。

9b00030ps

 次のステージは拘束椅子が中心です。
 縛られているときから息が荒い華ちゃん。
 その華ちゃんの喘ぎ顔にchika姉様のビンタが飛びます。
 勝手にchika姉様の指を舐めてしまったお仕置きをしたのです。
 華ちゃんの「ごめんなさい」に対する、chika姉様のご褒美のベロ噛み。
 そして乳首伸ばしに、おっぱいスパンキング。
 でも華ちゃんは、調子に乗って自ら首絞めをおねだりし、またchika姉様からビンタをもらってしまいます。
 それどこか華ちゃん、chika姉様に脇の下を噛みつかれました。
 予測不能のchika姉様のサディスティックプレイにどんどん昂まっていく華ちゃん。
 パイパンまんこを覆った金粉入りデラックス生クリームが溶けだしています。
 そこを舐めまくるchika姉様。

8b00030ps

 そして巧みな指責めとベロ噛み。
 痛いのと気持ちいいので、たちまちイカされてしまう華ちゃん。
「もっとください」と欲しがる華ちゃんのまんこがブッ叩かれます。
 いくら敏感恥帯とはいえ、スパンキングだけでイッてしまうんだから、華ちゃんはどうしようもないM嬢です。
 さらにchika姉様に二の腕を噛みつかれて「それ、いいッ!!」と叫んでいます。
 涙ぐむほど感じ、授乳ポーズでchika姉様の巨乳にかぶりついた赤ちゃんみたいな華ちゃん。
 確かに、chika姉様のSっ気の根底には母性みたいなものすら感じられますものね。
 その母性は躾けのビンタに形を変えて、華ちゃんの頬に何発も何発も打ち込まれました。
 指挿入の段階からひどくフィストを欲しがる華ちゃん。
 もうイキそうです。

7b00030ps

 でもこれではフライングです。
 chika姉様の拳がめり込んだ途端、絶叫して目を剥いて即イキしました。
 前ラウンドのフィスト調教で、完全にフィストマニアになってしまった華ちゃん。
 彼女の狂ったような反応に、chika姉様も昂奮して激しく突きまくります。
 まるで子宮をボーリングするような超高速ピストンなんです。
 そして例の強烈なスクリュードライバー。
 力いっぱいの抜き差しパンチです。
 ドロドロの汁をまんこから溢れさせてイキ狂う華ちゃん。

6b00030ps

 壊れそうなのはまんこじゃなくて、彼女の脳細胞なのかも知れません。 
 さらにアナルにもchika姉様の指が侵入します。
 フィストファックとアナル指ホジのタブル淫穴責めに、とうとう華ちゃんは狂乱状態です。
 ここにいるのは「黒木華」という衣を剥ぎ取られた、名前のない性欲剥き出しの超変態娘なのです。
 これが彼女の “本質”だったのでしょうか。
 chika姉様に自分の糞汁のついた指を口に突っ込まれ、必死に舐めまくる華ちゃん。
 観客席も普段は清楚そうに見える女性のあまりにもはしたない姿に、昂奮し過ぎて唖然茫然です。
 華ちゃんがブッ壊れたのを見届ける余裕を持って、chika姉様が拘束椅子に乗りました。
 華ちゃんの顔面にまたがると、ペニクリから愛情いっぱいの放尿責めです。

5b00030ps

 驚きと嬉しさが混じったような表情で小便を浴びる華ちゃん。
 彼女にとってchika姉様のオシッコはまさに聖水。
 chika姉様がビショビショのペニクリを突き出すと、そこに貪りついて舐めまくります。
「もっと舌使って」と華ちゃんの口に思い切りペニクリビンタをしかけ、合間にペニクリを擦りつけるchika姉様。
 華ちゃんのベロがテッシュにされてしまったのでしょうか!?
 そんな妄想が湧いてゾクゾクしました。
 ここでchika姉様が、聖水の飲み心地に酔ったみたいな華ちゃんに双頭ディルドを咥えさせました。
 その一端を自分も舐めて潤すと、まず華ちゃんのまんこに押し込みました。
 chika姉様は「華ちゃん、おチンチン生えてよかったね」と、騎乗位スタイルで自分のけつまんこにも突っ込むのです。
 chika姉様は燃えるような眼でアイコンタクトを華ちゃんに送ります。

4b00030ps

 心を吸い合うようなキスが始まります。
 全体重をディルドに載せたヘビーなchika姉様の腰使い。
 二人のよがり声がシンクロします。
 そして二人のアクメもシンクロします。
 華ちゃんはとうとう白目を剥いてブッ飛んでしまいました。
 目尻には涙が見えます。
 それを見てchika姉様も、本日一の優しい表情を見せました。
 さらに深まった二人の“愛”。
 mayuのような男まで羨ましくなるような愛です。
 延々と絡み合う二人のベロ。

3b00030ps

 ベロまで性器に見えてくるような濃厚キスを見せつけられます。
 華ちゃんが先にchika姉様の乳首に触れました。
 そして乳首合わせで昂奮した華ちゃんは、chika姉様の巨乳に吸い付きます。
 自分から責められる悦びに満ちているのです。
 chika姉様のショーツを剥ぎ取るように脱がし、けつまんこにも吸い付きます。
 執拗に舐めまくります。
 chika姉様も、華ちゃんからやっと責めてもらえる嬉しさでいっぱいのようです。
 華ちゃんは、どうやら責め手としてのスキルも高いようで、chika姉様は一気に昂まっていきます。
 chika姉様の男達に愛されたけつまんこ味は、華ちゃんにとって最高のグルメなのでしょう。
 それに対して舌の次は、指でまんこを味わうchika姉様。
 指責めする華ちゃんも本当に気持ちよさそうです。

2b00030ps

 この快感は、アナルを知ってる男ならよく分かりますよね。
 「もっと欲しい」とおねだりしてイカされたchika姉様。
 もちろん指だけでは当然不完全燃焼の二人です。
 華ちゃんが作った拳が、chika姉様のけつまんこに吸い込まれるように挿入されます。
 よがりまくるchika姉様。
 華ちゃんも「君の拳はちんぽなの?」 と言いたくなるくらい感じています。
 華ちゃんはchika姉様を四つん這いにさせ、さらに激しく責めまくります。
 華ちゃん、普段はM女やってるから少しはビビッたりするかと思ったら、何なんでしょう、この大胆なフィスティングは。
 まるで男です。
 彼女も女の子の着ぐるみを着たオッサンだったのでしょうか?

1b00030ps

 でも今度は華ちゃんがフィストファックされる番です。
 まんぐりポーズでchika姉様の拳を受け入れます。
 自分の股間から生えたみたいなchika姉様の腕に目を剥き、たちまちイキ狂います。
「気持ちいい! 嬉しい!」
 肉体的快感だけでなく、心が爆発したように溢れ出る感情が伝わって来ます。
「私も入れたい!」と華ちゃんが叫び出しました。
 いよいよ相互フィストファックの始まりです。
 向かい合った二つの肉穴が、互いの拳に突きまくられる衝撃的光景。
 スボズボという音が聞こえてきそうなくらい力のこもった拳の突き合いです。
 まるで二人のボディが相互フィストで一体化してしまったような狂おしい感覚です。
 そして二人揃って絶頂へ。
 いや、アクメも一体となって二人の肉体を駆け抜けたように見えました。

10b00030ps

 最後は秘貝合わせです。
 まんことけつまんこの摩擦熱が、フィストファックの快楽を二人の肉体の中に封じ込めます。
 照明が落ちていっても抱き合い、キスしたまま離れようとしない二人。
 “フィストLOVE”という名の接着剤で、二人の裸体がピッタリとくっついてしまったんじゃないかと思える程です。
 くっついた二人に服を着せ、離れない二人を舞台袖に引き上げるスタッフは大変だな――みたいな馬鹿げた妄想が浮かびました。
 それくらい、このステージの二人のレズの相性はピッタリだったんです。
 互いのキャラクターやプレイのスキルだけでなく、体液までリスペクトし合ったchika姉様と華ちゃんでした。









h_995bokd00074pl夢の競演!こう見えて僕たち男の娘 美人すぎるNHゆきのあかり カワイすぎる女装娘リンドル星川

名実ともにトップクラスの男の娘による夢の共演。美しくイヤらしいオチ●ポの生えたお姉さんゆきのあかり。そんなお姉さんに責められてみたいと願う可愛すぎる男の娘リンドル星川。そんな二人の最高傑作が遂に完成!美人なお姉さんの巨大なペニクリをケツマ●コにねじ込まれ体内にオチ●ポミルクをたっぷり出されたり、シャイで可愛い男の娘にケツマ●コを激ピストンされてヨガる変態お姉さんを楽しんだりと、見どころ満載の作品です!















84bokd077rpl夢の競演!こう見えて僕たち男の娘 カワイすぎる優里×美人すぎる涼香


抜群の人気を誇る女装界の双璧!優里!涼香!2大スターが夢の初競演!これは軽くニュースです!エレガントでチャーミング!女性よりも女性らしく、そして何よりも美しい…!あまりにも豪華すぎる共演!エロさに、さらに磨きのかかる相乗効果!ビンビンにペニクリを大勃起させハメたりハメられたり!しかも中出しまで!!


















b00025pl女装美少年と女 2

人気女装美少年ゆうやが三度登場。今回のお相手はBL好きの変態女優宮村恋!!軽い会話から入り、宮村自らゆうやに化粧を施し、衣装を選んで自分好みに仕立て上げる。女装が完了したら、街を二人で散歩。何処から見ても女性同士の二人、これがプレイである事に気づくものはないだろう。部屋に戻り宮村が濃厚にゆうやを責めゆうやがゆりへと変身、ペニバン合体では心まで女同士のレズ展開ちんまん挿入射精へとなだれ込む!

















b00022pl男の娘◆ レズビアン

以前の作品で人気だった女装子二人が合体!互いに口紅を塗り合う耽美な映像は夢世界。女装が完了した二人の外見は、完璧に女性そのもの。さらに舌を絡ませ、身も心も女となり、レズビアンの世界へと浸って行く。舐めて、舐められ、肛門に指を入れ、美しき二人の世界は二本のそそり立つ男性器をも巨大クリトリスと認識し、大クライマックスへと向かって行く。途中からは男性をWフェラ。最後はレズに戻って挿入大射精。女装を超えた美の人類進化!




































変態のしきい値

500ocs11co

 若い子と話をしてて最近、思うのは「変態のしきい値」が曖昧になって来たなぁって事。
 まあ現状、「男の娘」なんて、楽勝で爆発的に増殖してますから(笑)。
 でもだからと言って、LGBTに対する社会的な差別が、うんと少なくなったのかと言えば、そうでもなくてね。
 そう言えばchika、そういう話を最近、殆どブログなんかでは書かなくなったな、、。
 なーんか、世の中で出回っているその界隈のリベラルな理屈とは、chikaの考えてる事が微妙に合わなくなって来てるんだよねー。
 ・・って事で、chikaは今日も、前回ご紹介したお店のM君から聞き出したエロい話です。
 エロはいいですよー。みんな、それに委ねてしまえば人生争いごとが、ちょっとは少なくなるんだけどなー。


 高2の夏休みの時に友達と二人で海に行った時の体験なんですけどね。
 やっぱりこれもアンダー絡みの話で、自分では、一応、俺は「下着フェチ」なのかなーって思うんですよ。
 それともゲイなのか?でもゲイって人から言われてもピンとこないし、自分でも全然自覚ないんですよね、、。

15btis00077ps

 高校に入ってから知り合った友達と二人で海に遊びに行く事になったんですが、「水着どうしようか?」て話になり、友達が、「なあ…ビキニ穿いてみねえか?」っていきなり言ってき「えっ、マジでビキニなんか穿くのかよ」と言ったものの、俺も例のアレの延長で、密かに一度はビキニを穿いてみたい願望があったんですよね。
 それにダボダボのサーフパンツと見比べれば、ビキニの方が見た目が断然カッコいいですからね。
 前がもっこりしてしまうのは、ちょっと恥ずかしいけど、穿き慣れれば多分気にならなくなるかなと思ってました。
 それで海で穿くビキニを買おうと友達と一緒にPCでメンズビキニを扱う通販サイトを色々と見て廻りました。
 本格的に水泳をするタイプやリゾート系のビキニ、そして際どいセクシー系のビキニまで色々揃っていました。
 俺も友達も気に入ったビキニを選びカートに入れ購入しました。
 友達が選んだのは、単色オレンジのリゾート系ビキニで、俺は淡色のライトブルーでウエストラインやVラインがライムグリーンのバインダー仕立て、ウエストラインの紐は無いタイプのリゾート系ビキニにしました。
 プリント柄のビキニの方がもっこりが目立たなくていいかなと思ったんですが、派手なのはちょっと抵抗があったので、お互い単色カラーのビキニにしました。

14btis00077ps

 注文したビキニが届いたので開封してビキニを見たんですが、思ったよりかなり小さくて「これ本当に穿けるかな?」とちょっとビビリました。
 注文したサイズは、俺も友達も共にちょっと小さめのSサイズで、「小さめの方が見た目カッコいいから」と友達が言うんですが、正直かなり際どい超ビキニで、サイドは1.5cm位の極細なんですよ。

 で、早速試着してみたんですけど、穿き込みがかなり浅いローライズ形状で、少しビッグサイズなのに、俺のチンコを斜め上向きにしないとビキニの中に収まりませんでした。
 洗面台の鏡に映った俺のビキニ姿を見てみると、左斜め上に向いたチンコはくっきりもっこりで、ズル剥けなんで、亀頭の形もくっきりと浮き出て見えてて、ビキニの中にマツタケがあるみたいな感じでかなり気に入りました。

13btis00077ps

 海に行く当日、ビキニからはみ出そうな部分の陰毛を剃り、予め家からビキニを穿きその上にハーフパンツを穿いてTシャツを着て、友達と待ち合わせの場所にチャリで向かいました。
 待ち合わせのコンビニの前で待っていると、チャリに乗った友達が来ました。
 コンビニの店内で、昼飯のサンドウィッチやおにぎり、飲み物を選んでいる時友達が、「またあの岩場のとこでいいだろ?」と言ってきたので俺は、「今回はあそこじゃないと逆に俺、無理だよ」と友達に言ったんです。
 あの岩場と言うのは、人出の多い砂浜から離れた場所の事で、ここは滅多に人が来なくて、少し離れた所に釣りをする人が一人か二人たまに居る位です。
 そんな場所じゃないと、恥ずかしくてビキニパンツ一枚だけの姿になんてなれません。
 買い物が終わってチャリに乗ろうとした時、友達が「M。お前もうビキニ穿いてる?」て聞いてきたので「うん、穿いてきたよ」て言ったら友達が「さっき、飲み物取るのに前屈みになった時、ビキニのパン線見えたぞ」と言ってきたので「お前は?」て聞いたら、友達も穿いてきたみたいでした。
 去年までは、俺も友達も水着はサーフパンツで、いつもの岩場の影で着替えてましたが、今回は、水着がちっちゃいビキニパンツなのでお互い家から水着を穿いてきてたんです。
 チャリで20分程の海岸に到着して早速いつもの岩場に向かいましたが、人影は無く、釣り人も居ませんでした。
「これならおもいっきりビキニで遊べるな」友達とそう話しながら岩場の陰で、いよいよ服を脱ぎ、ビキニ姿になる時が来ました。
 岩場の陰で服を脱ぐ事になったんですけど、俺は友達に背を向ける体勢で、Tシャツを脱いで、ハーフパンツのウエストの紐を解き、ゆっくりとハーフパンツを脱ぎ始めました。
 ハーフパンツを膝下のあたりまで下ろした時、後ろに居る友達が「Mちゃんいいおケツしてんじゃん」と前屈みでお尻をちょっと突き出す姿勢の俺に、ちょっと冷やかすように言ってきたので、後ろを振り向くと、奴は既に真新しいオレンジビキニ一枚の姿で俺の方を見てました。

12btis00077ps

 俺が「えっ…早っ」て言うと友達に「おっせぇなぁ~早く脱げよ」と催促するように言われてしまったので、さっさとハーフパンツを脱いで、前屈みから直立の姿勢になると、「M、こっち向いてみぃ」と友達が言ってきて、ちょっと照れくさそうにゆっくりと友達の方を向きました。
 友達は俺のビキニ姿を見るなり「すげぇかっこいいじゃん。やっぱMももっこりでけぇなぁ」と言い俺の方に歩み寄って来て前屈みになりました。
 俺のもっこりを凝視してくる友達に「何見てんだよ」と言うと、「M、お前剥けチンじゃん。すげぇ亀頭見えてる」とニヤニヤしながら言ってきたので思わず両手でビキニのもっこりを隠してしまいました。
 友達が「恥ずかしがるなよ。俺だって剥けてるぜ」て言いながら、オレンジビキニのもっこりの上のバインダーに指を掛けて、グイッと引っ張り上げるとサオの先端にくっきりとカリのくびれが浮き出てました。

「へぇ~、カズキも剥けてたんだ。」
 実はカズキのチンコは遊びに行った時に風呂で一度見てますが、その時は包茎だったような気がします。
 友達に「お前剥けてたの?」と聞いたら、「最近だよ。色々試したんだ。Mは?」て聞かれたので、「中1」て答えたら「マジで!」とびっくりした表情でまた、俺のもっこりを凝視してきました。
 カズキは「そりゃ亀頭もでかくなるよな。すげぇじゃん」と言いながら、くっきりと浮き出た亀頭を指先でツンツンされました。
「なんだよ!スケベだなぁ」て言うと、「いいじゃん。ちょっと触らせろよ」と笑みを浮かべ、「ビキニ穿いてるけど、なんか今日初めてMのチンコを見たような気がする。」と言われました。
 お互い初めてのビキニパンツで、カズキと一緒の左斜め上向きの大きなもっこりをくっきりさせて、先ずは海で泳ぐ事にしました。

11btis00077ps

 「カズキ、泳ごうぜ!」とカズキを海に誘おうとすると、「M、ちょっと待った!」とカズキがバッグからケータイを取り出し、「Mのビキニ姿ちょっと撮らせろよ」て言ってきたので、「いいけど…撮ったやつ絶対に人に見せるなよ」て言うと、「大丈夫だよ。絶対に見せないから。だから撮らせろよ」カズキは約束した事は必ず守る奴なので、信用して撮らせてやる事にしました。

「M、もっとセクシーなポーズ取れよ」と言ってきましたが、恥ずかしいので、普通に立ちポーズでピースサインのを3~4枚位撮ってもらいました。
 撮ってもらったのを見せてもらいましたが、ビキニ姿で普通に立ちポーズでも十分にセクシーでしたよ。
 自分で言うのもなんですが(笑)…
 今度は、カズキのビキニ姿を撮ろうと俺のケータイを出して撮ろうとすると、注文もしていないのに自らビキニのサイドの細い所を少し下にずらしてみたり、後ろ向きで半ケツでピースサインと積極的にポーズを取ってました。
 撮り終わってようやく海でカズキと一緒に沖まで泳いでは砂浜まで戻ってくるを何回かして、岩場でビニールシートを敷いてその上でうつ伏せになったり仰向けになったりして、日に焼いてまた海で泳ぐ事していました。
 海から上がる時にカズキが「M、お前のもっこりすげぇ~エッチィ~」と言ってきたので見ると、チンコの形や大きさがはっきりと分かる位くっきりと浮き出てました。
 でもそれはカズキも同様で、もっこりがくっきりしていたので、さっき触られたお返しとばかりに、「カズキだってエッチじゃんかよー」とカズキのもっこりを触ってやりました。

9btis00077ps

 腹が減ったので岩場のシートの上に座りコンビニで買った昼飯を食べて、先に食べ終わった俺がシートの上で仰向けに横たわっていると、カズキが急に何かを思い出したかのように再びケータイをバッグから取り出して、「M、お前セクシーなポーズできるじゃん」と言ってきたので「はぁ?」みたいな返事をしたら、「M、そのままでいろよ」と言い俺を撮り始めました。
 足下の方から俺のビキニ姿を撮ってましたが、撮った画像を見せてもらうと、くっきりと主張した大きなもっこりが凄くエロく写ってました。
 「え~なんかこれエロすぎて恥ずかしいよ」て言うとカズキが「でも、お前がこういう姿してるの好きなんだよなぁ」と言いながらカズキも俺のすぐ右隣に仰向けに横たわってきました。
 お互いの腕が触れ合うくらいに。
 するとカズキがちょっと笑みを浮かべてビキニの方を見ながら「もっこりでかいなぁ」と言って来て俺もカズキのもっこりを見ながら「お前だってでかいじゃん」て言い返してやったら、カズキが「そのバインダー捲ったらチンコ見えちゃうんだよな…M、見せてくれねぇ」と言ってきました。
 俺が「なに言ってんだよ」と言ったら、カズキが「俺まだお前のチンコ、マジで見たことねーし…なぁ、見せろよ」とカズキは左手を俺のビキニのもっこりの上に当てがってきました。
 俺のもっこりに手を乗せてきたので、「えー、マジかよー」と言ったもののカズキのビキニの中のチンコがどうなってるのか興味があったので、「じゃあ、カズキのも見せろよ」と言うと、「あぁ、見せてやるよ」と言うと、カズキはもっこりに乗せた手をゆっくりと撫で始めました。

8btis00077ps

 チンコを見せろと言うから、直ぐにビキニのバインダーを捲って中を覗くのだろうと思っていたので、ちょっと意表を突かれる感じでした。
 でも、ビキニの上からもっこりを撫でられるのは、今まで感じた事の無い感触で、とても気持ち良かったので、カズキの行為を拒みませんでした。
 すると、チンコがムクムクと大きくなり、ビキニのもっこりが大きく膨れ上がり、ウエストのバインダーを浮き上がらせちゃったんですよね。
 浮き上がったバインダーと下腹部との間に大きな隙間ができて、今にも飛び出しそうなほど大きくなったチンコの先端が見えてました。
 カズキがもっこりから手を離すと「おぉ~M、すっげぇでっけぇーじゃん。」と大きく膨れ上がったもっこりをまじまじと見てました。
「おっ、見えてる」と隙間から見えるチンコを覗き込むように見てるカズキ「捲っていいか?」と聞くので「うん」と小さく頷くとカズキは、バインダーに指を掛けゆっくりとビキニを捲り始めました。
 すると、亀頭がバインダーに引っ掛かる感じで、辛うじてビキニの中に収まっていたチンコがプルンッと弾けるように飛び出したんです。
 ビキニの締め付けから開放されたチンコは、更にムクムクと大きく勃起して、先端の亀頭が臍の辺りまで来ていました。

 それを見たカズキが「おぉーでっけぇー。Mのチンコって黒いんだな。ズル剥けで、すげぇーカリ高だし…お前やり過ぎだろ」て言うので、「やり過ぎって…俺、彼女いないし初体験まだなんだけど」て言うと、「違うよ、オナニーの事だよ」と言ってきたので、「うっせーなぁ、カズキもチンコ見せろよ」とカズキのビキニの股間を見ると、既にもっこりが大きく膨れ上がっていました。
「カズキ、お前も勃ってるじゃん」と俺もカズキの大きく膨れ上がったビキニのもっこりに手を乗せました。

7btis00077ps

 カズキのオレンジビキニの大きなもっこりに手を乗せ、撫で回していると、浮き出たカリのくびれが大きくなってるのが感触で分かりました。
 そのカリのくびれを指先で撫でるように触っていると、もっこりが更に大きく膨れ上がったんですよね。
 カズキが「うっ」と小さな声を出すと同時に、もっこりがピクッ、ピクッと動きました。
「カズキ、お前もココ感じるんだ?」と聞くと、「うん、すげー感じる。お前触り方エッチだな」そう言われもっこりを見ると、バインダーと下腹部との隙間から、ピンク色の亀頭がはみ出てました。

「カズキ、チンコ出てきたぞ」とバインダーに指を掛け少し持ち上げると、ムクムクと大きなチンコがはみ出てきました。
 ビキニのバインダーをチンコの付け根の辺りまで捲って、サオ全体が丸出しの状態にすると、真っ直ぐに伸びた大きなチンコを見ながら「カズキもでっけぇなぁ、よくビキニの中に収まってたよな」て言うと、「お前だってそうだろ」と言い返されました。
 すると、亀頭の割れ目からトローリとしたヌルヌルのエッチな液が溢れ出てきました。
 カズキに「お前濡れてきたぞ」と言うと、「なんかお前とエッチな事したくなってきた。やらねぇ?」て聞いてきたので、「エッチって、どんな事だよ」と聞くと、「こうだよ」と寝そべってるカズキは俺の方に体を向け、俺のチンコを直接触ってきました。
 カズキは、人差し指と親指の2本で、ライトブルーのビキニからはみ出したサオの部分だけをソフトタッチでなぞる様に触ってきました。
 暫く指をゆっくりと上下に何往復か動かし、その手をビキニの中に入れてきて、玉袋まで触ってきました。
 するとカズキが「気持ちいいのか?腰がヒクヒク動いてるぞ」と言ってきました。

6btis00077ps

 俺は、オナニーしてる時に気持ちいいと、腰を小刻みに動かす癖があって、カズキに触られてる間も腰が動いていたようでした。
 「うん、気持ちいい。お前エッチの時優しいな」と言うと、カズキにしては珍しく照れ臭そうな笑みを浮かべてました。
 「カズキも可愛いトコあんじゃん」て言うと、また照れ臭そうな表情で「なんだよ……M、ビキニ脱いじゃえ」と言うとカズキは起き上がって、俺のビキニの両サイドに手を掛けて、ゆっくり脱がし始めました。
 脱がされたライトブルーのビキニをバッグの方に投げると、今度はカズキが自身で、オレンジビキニを脱ぎ同じバッグの方に投げました。
 もう一度仰向けになってる俺の直ぐ横で寝そべって、チンコを2本の指で優しく触ってきました。
 するとカズキが、「M、お前も濡れてるぞ」とエッチな液を亀頭に馴染ませるように、指先で亀頭を撫で回してきました。
 その指先は、更にカリの方にまで及び、弾くようにカリを触ってきました。
「うっ…あっ」と思わず小さな声を出してしまい、体をカズキとは反対の向きに少し退け反らしてしまったんです。
「M、すげぇー亀頭でかくて、カリ高のスケベなチンコでも敏感なんだな。もっと気持ち良くしてやるよ」ってカズキは2本の指で輪を作り、カリの辺りをゆっくりとやさしく扱き始めました。
 カズキは、俺のチンコのカリを2本の指で作った輪で、ゆっくりと扱き始めると、「どうだ?気持ちいいだろ」と耳元で囁くように言ってきました。
 「気持ち良すぎて直ぐイっちゃうじゃんかよ」と言うと、普通に握り直して、サオ全体にエッチな液をなじませてから、再びチンコを扱き始めました。
 カズキにしてもらってるせいもありますが、カリの辺りを集中的に扱かれてると、俺でオナニーしてる時よりも凄く感じちゃってとても気持ち良かったです。

5btis00077ps

 腰を小刻みに動かしたり、体を大きくくねらせたりもしてしまいました。
 そしてふとカズキのチンコを見てみると、亀頭はエッチな液で濡れていて、糸を引くようにビニールシートに液が落ちていくのが見えました。
「カズキ、チンコ触ってないのにすげぇ濡れてるじゃん」と言うと、「お前の感じてる顔とかでかくなったチンコ見てるとなんか興奮してくる」と言い、チンコを上下に扱く手が段々早くなってきました。
 俺の右手の手のひらで、カズキのチンコの亀頭を包み込むようにして、こね回すように触っていると、カズキは目を閉じて「あっ、あぁー」と小さな声を出して、それまで上げていた顔をビニールシートの上にゆっくりと落としました。

「カズキも気持ちいいか?どっちが先にイっちゃうか勝負しようぜ」と言うと、俺もカズキのチンコを握る手を上下に扱き始めました。
 お互いのチンコを扱き合っていると、お互いのチンコから「ピチャピチャ、クチュクチュ」とエッチな音がしてました。
 お互い興奮してきて、俺も目を閉じていて「ハァハァ」カズキの息遣いが段々荒くなってきてるのが分かりました。
 するとカズキが、俺のチンコを扱く手を止めて、体を起こし始めました。
 同時に、俺の手からカズキのチンコがヌルッと抜けてしまい、カズキに「どうした?」と聞くと、俺の上にいきなり騎乗位のように跨り、体勢を前傾にしてチンコを擦りつけてきました。
 カズキは暫く、擦れ合うチンコを見るように顔をうつむかせたまま、腰を前後左右に小刻みに動かしてました。

「うっ、あぁ…カズキ、お前すっげぇーエッチな事するな。ハァハァ…気持ちいいよ」
 カズキは更に、ヌルヌルの亀頭どうしを擦りつけて腰を動かしていると、まるでチンコでチャンバラし合ってるかのように、お互いのチンコが左右にブルンブルンと揺れ、俺とカズキの亀頭から飛び散るように、エッチな液が糸を引きながら、俺のお腹の上に落ちている様子が見えたんです。

4btis00077ps

 カズキが顔を上げ、目を閉じたまま眉間に皺を寄せ、「ああぁー、M気持ちいいよぉ…お前とヤってるとすげぇー興奮しちゃうよぉ」ってカズキは、触れ合う2本のチンコの亀頭に右の手のひらを被せて、グリグリと撫で始めました。

「M…俺…本当は…お前の事…好きなんだ」
 突然のカズキからの告白でした。
 でも、亀頭を撫で回されて興奮している俺は、「そんな事言ったって俺、男だぞ」と返すのがやっとでした。
 するとカズキは、撫で回す手を止め、俺の上に跨っている体勢から覆いかぶさるように抱きついてきて、「M…」と言いキスをしてきました。
「ううん…カ…うう…カズキ、ちょっと待って」
 俺は、キスを制止するようにカズキの両肩を掴んで言いました。
 カズキは、顔を上げて「M…いきなりこんな真似しちゃって悪かったな」
「…」
 暫く、二人は顔を合わせたまま沈黙していましたが、俺が「カズキ…」と声をかけると、「好きなんだよ…Mが」
「…」
「…やっぱ、ダメか?」
 暫く俺は何も言えませんでした。
 普段から、明るくやんちゃで笑わせる事が好きなカズキが、初めて俺に悲しそうな表情を見せました。
 また、二人の間に沈黙の時間が流れました。

3btis00077ps

 カズキのそんな思いは嬉しかったですが、俺は男だし、その思いを拒むと、カズキを傷つけてしまうし、友情にもひびが入ってしまうと思いました。
 「カズキが俺の事好きでいてくれたの嬉しいけど…カズキ、好きな女いないのか?」と聞くとカズキは、顔を横に振って「Mが好きなんだ。会った時からずっと…」と言ってきたので、俺が改めてカズキに「俺、男だぞ。いいのか?」と聞くとカズキは、俺の目を見つめて「うん、うん」と二回頷き、「Mじゃないとダメだし…Mともっとエッチな事してーよ」と言うと、また、いつものカズキの表情が戻ってきました。
 「俺だってカズキとエッチな事してーよ。カズキのそのエロいデカチンもっと触りてーし」と俺もちょっと笑みを浮かべながら言うと、「なぁM、もう一回キスしていいか?」と言ってきたので、「うん」と頷くと、カズキはまたキスをしてきました。
 カズキが舌を入れてきようとしたので、俺も舌を出し、絡ませるようにディープキスをしました。
 俺にとってのファーストキスの味は、カズキがさっきコンビニで買ってきて食べてたピザパンの味でした…。
 カズキが唇を離すと、ギンギンに勃ったチンコを触りながら首筋から乳首、腋の下から脇腹へと舌で愛撫してきました。
「うっ…ああっ」カズキの愛撫の気持ち良さに思わず小さく喘ぎ声が漏れてしまったくらい興奮してました。
 俺のチンコの亀頭がびしょ濡れなのか、亀頭を撫で回すカズキの手がとてもヌルヌルと滑らかに、「クチュ、ピチャ」みたいな感触まで分かるくらい、手をいやらしく動かしてました。

 「M、気持ちいいか?すげぇ濡れてるじゃん…なあ…お前のチンコ舐めていい?」と言ってきたので、「うん」と頷いて「いいけど、我慢できなくて、お前の口の中に出しちゃうかも」と言うと、「うん、いっぱい出せよ」と言い、お腹や臍の周辺の愛撫からいよいよチンコへ到達しました。
 カズキはチンコに軽く2回程キスをして、脚を広げ玉袋からサオ、そして亀頭へと舌で舐め上げました。
「あっ…ああっ…」
 更に、亀頭やカリを舌先で舐め回してきました。
「ああっ…気持ちいい…カズキ…もっとカリ舐めて…」
 俺も興奮してきて、思わずカズキにエッチな要求をしてしまいました。
「カリ気持ちいいか?すげぇカリ張ってんじゃん。スケベだなーM」
 そう言ってカリを舌先で、いやらしくチロチロと舐め回してきました。
「あああっ…いいよ、すげぇいい…」
 俺は、体をくねらせたり、腰を小刻みに動かして、カズキの愛撫の快楽に浸っていました。
「M、しゃぶるぞ。イかせるまで離さないからな」そう言って、チンコを握って垂直に立て、ゆっくりとチンコを口の中へ入れていきました。

2btis00077ps

 カズキの口の中の温もりがそのままチンコに感じられて、なんとも言えない初めての感触に興奮はピークに達していました。
 カズキは、じっと目を瞑ったまま顔を上下にゆっくりと動かし始めました。
 チンコをくわえた口が上下に動く度に、「ジュポ、ジュポ」とエッチな音がして、その音にカズキも興奮してきたのか、チンコを握った手も上下に動かし、扱き始めました。
「ああっ…あああああっ…カズキ、出そう、出ちゃうよ」
 カズキは、そのまま続けて更に激しくなってきました。
「あああっ、カズキ、口離せよ…もうダメ、出る、出る…あっ!…ああっ!」
 カズキの口の中に出してしまいました。
 直ぐカズキに「カズキ、吐き出しちゃえよ」と言い、カズキは、右手で口を押さえながら砂浜の方に向かい、そこに口から精液を吐き出しました。
 カズキが「すげぇーにげぇー」と言ってきたので、カズキに「これで口濯げよ」と、ペットボトルに半分くらい残ってるコンビニで買ったアイスティーをカズキに差出ました。
 カズキが「くちゅくちゅ、ぺぇー」と口の中を濯いでいる時に、「マジで苦いの?」と聞くと、「マジにげぇーよ。でもM、いっぱい出たじゃん」と言い、また俺にキスをしてきました。

「ううん…チュッ、チュッ」
 カズキの口からは、少し青臭い匂いがしてましたが、舌を絡めてディープなキスをしました。
 俺が「なぁ、カズキのチンコしゃぶっていいか?なんかお前のもしゃぶってみたい」と言うと、「あぁ、だけどイきそうになったら言うから、そしたら離せよ。マジでにげぇーから」と言うと今度はカズキが仰向けになって、俺がカズキに覆い被さるようになり、お互い見詰め合ってキスをしました。

1btis00077ps

 そこまで、やってて、自分がホモじゃないって思ってるM君もおかしいんですが(笑)、でも彼の話を聞いてると、確かに自分たちの頃とは、何かが違うって気もするんですよね。
 罪悪感がないっていうか、もちろん、男が男を好きになって何が悪いって話なんですが、彼ら、その拘りも薄そうだし、、。
 ・・まあ、この辺りの分析はいずれ、又、そういう内容のブログを書く気力が出たときにって事で(笑)。














parat01444pl美人ニューハーフのシ○ウト娘ナンパ(8)「私のチンポ見てみませんか?(ついでにSEXも)」

ニューハーフが正体を隠して街の素●娘をナンパSEX!第8弾!美人ニューハーフ‘月野姫’と高学歴ニューハーフ‘望月ちはや’が女子大生を誘惑!実は男と知った女子大生だが頭とアソコの好奇心は抑えきれず、卒業前に最後の絶頂を果たす!


















13msmd00016plShe Male Jam 16

異色のレズプレイ、タクシードライバーを逆ナンして拘束プレイ、はたまた新人ニューハーフとのソープごっこに激しい接吻、突然の3P、4P、いやらしい腰つきその他諸々…。今度のセナは違います!




















118prb030pl放課後の誘惑

わたしの身体、もっとエッチにしてくれますか…?放課後の教室で性欲を持て余した女装子達がペニクリをフル勃起させながら制服着たままどエロいアナル調教を施される…。『センセ、ボクとエッチなことしたかったの?ぶっといチ○ポがすっごく熱くなってるよ…。』


















dasd00381pl夫の目の前でしゃぶられて 城星凜

夫・こうちゃんと結婚して約1年。何不自由なく幸せな結婚生活を送っている。ひとつだけ不満があるとすればこうちゃんは私のクリを舐めてくれず、挿れて終わるだけの淡泊なSEX。私が求めているのは…。







































「門前の小僧習わぬ経を読む」


500711hhhhbbnnb


 chikaは旅行が好きで、お仕事の隙間を見つけては旅に出るんですが、目的地としては景勝地もいいけれど、やっぱり人が沢山いて面白いお店がいっぱいある場所が良いですね。
 そんな場所って、行き先が近代都市じゃない場合は、大体、大きなお寺や神社の側にありますね。
 所謂、門前町。
 門前町ってwikiなんかで調べると「有力な寺院・神社の周辺に形成された町のこと。大規模で多くの参詣者を集める神社や寺院の前に、社寺関係者および参拝客を相手にする商工業者が集まることによって形成される。」って出てきます。
 ああこれってウチのクラブと一緒だなぁって、だってフェテッシュ神を祭ってある場所に色々な人達があつまって来て、みんな賑やかに「変態」をワイワイやってる訳だから(笑)。
 で今日は、珍しくクラブの内輪話、「門前の小僧習わぬ経を読む」みたいな話です。
 この前、クラブのスタッフの若い子とお酒を飲む機会があったんですが、この子、真面目というか、あんまり変態ぽい部分がない男の子だなぁって思ってたんですが、やっぱり「門前市」でした(笑)

b118prb00025ps


 オナニーっていうか、チンチンを弄って気持ちよくなるっていうのは、小学校の低学年くらいから経験していました。
 何だかよく分からないけどチンチン弄ってたら、こそばいような気持ちになってボーっとしていました。
 中学校に進学し、いつかすっげぇオナニーをしてやろうと、いつも考えていてその機会をじっと待っていたんですよ。
 でも、今から考えたらオナニーなんてどんなオナニーでもいっしょですよね。
 その機会が、中学1年の秋に突然やってきたんです。
 その日、何とパンツが全部洗濯してあって1枚も無かったので、仕方がないから学校の体育の時にはいている短パンをパンツの代りに穿いて行く事になりました。
 俺はブリーフ派でしたから、ただでさえトランクス系は嫌だったし、小学校の時の短パンは白い綿製で柔らかかったのですが、今の中学校の短パンは紺のナイロン製で、パンツを穿かないで直接穿くと、何だかカサカサして気持ちの悪い不思議な気分でした。
 授業中も、眠たくなると俺はよく勃起したのですが、学生ズボンの下の短パンに、大きくなった俺のチンチンの皮が半分剥けた亀頭の先っぽが当たって、ちょっと痛かったりしてやっぱり気持ち悪かったんです。
 トイレに行ってもオシッコをした後も短パンにちょっとついたオシッコがいつまでも濡れていて、それも気持ち悪かったし、とにかく最悪の気分でした。

a118prb00025ps


 でも5時間目が終わる頃になって、またボーっとしているうちに勃起してきた俺のチンチンと、チンチンの先がカサカサ当たる短パンの事を考えていて、その最悪な気持ちを最高のものにするような、俺はあることを思いついたんです。
 6時間目が終わり、クラスメイトは帰るかクラブに行ってしまい、俺は1人で教室に残ってました。
 こんなこと本当にしてもいいんだろうか? バレたらどうしょう?
 そんなうドキドキした気持ちも昂り、その昂りがいつのまにか興奮に変わって来たのを感じた俺は、誰も居ない教室の窓とカーテンを閉めて廊下の扉も全部閉めて自分の席に行くとドキドキしながら、先ず上着とワイシャツを脱ぎ、上半身を体操服の青い裾のついた丸首シャツに着替えました。
 そして増々ドキドキしながら素早くズボンのベルトを緩めてズボンも脱いだんです。
 普段体育の授業に出るときと同じ格好になったんです。
 だけど、短パンの下にはパンツも何も穿いていないんですけどね。
 俺は誰か入って来たらどうしよう?と、もっと々ドキドキしながら、じわっと短パンの上からチンチンを握りにぎりました。
 チンチンは不安な気持ちとは反対にしっかりと勃起してました。
 どうしてそんな格好になったのかよく分かりません。
 パンツを穿かないで直接短パンを穿くという状態に気持ち悪がりながらも実は興奮していたんだろうなと思うんですけど。
 それとも、もし誰かが入って来て何をしているの?かと聞かれても、体育の授業の後だったとか、クラブの後だったとか言って誤魔化せるからだったのかもしれません。
 でも、どんな理由があれ、俺は誰も居ない未だ夕方で外は明るい教室の中で、1人体操服姿になり、ノーパン状態の短パンの上からチンチンをギュッと握りしめるとオナニーを始めたんです。
 変態ですね。

d118prb00025ps

 誰かが入って来たらどうしよう? 誰かに見られたらどうしよう? 
 男子でも女子でも困るし、先生だったらもっと困る。
 だけどそのスリル感が俺を異常に興奮させたのか、俺は大きく足を広げて立ち上がって、短パンの上から右手に力をいっぱい入れてチンチンをシコり始めました。
 大きくなったチンチンは短パンのナイロンの生地の中でズルッと皮も剥けて、最初は痛かったんですが、右手の動きは全然止まらず増々激しくチンチンを扱いたんです。
 短パンを脱いだり横からチンチンを出して直接チンチンを握ったりはしませんでした。
 短パンの上からオナニーをするという、ちょっと変態みたいなオナニーのやり方が俺を最高に興奮させていました。
 夢のようなすっげぇオナニーって奴を俺は初めて経験しているんだ!
 そんな不思議な気持ちでオナニーを続けました。

 そんなに長い間オナニーをしていたわけではないと思います。
 ただ、その短い間に俺は自分ではとても信じられないような恥ずかしいことをいっぱいしました。
 訳の分からないエッチなポーズをしたり、皮の剥けたチンチンのカリに着いたチンカスを短パンに擦り付けたり、丸首シャツを胸まで捲って自分の乳首を指で弄ったり、机やイスにチンチンを押し当てて擦りつけたり、床に寝ころがって悶える様に暴れてみたり全くの変態状態になって俺はチンチンを扱き続けたんです。
 短パンはチンチンから溢れ出る透明のヌルヌルのガマン汁でべっとりしてシャツは汗でびっしょりになっていました。
 そしてフィニッシュですね。
 体中に電気が走る様な今まで経験した事の無い快感に襲われて、それと同時にチンチンが激しく脈打ってドピュドピュって感じで、、、そんな感じで俺は初めて精液をチンチンの先から出したんです。
 最初は何が起きたのか分からずオシッコを漏らしたのかも知れないと思いながらも、でも右手の動きは止めなかったので、初めてにしては大量の精液が出たんじゃないかと思います。
 しかも短パンの中に射精してしまったんです。

c118prb00025ps


 出る瞬間、短パンが汚れる!と思いチンチンを短パンから出そうと思ったんですが、ここまで来たんだからもっともっと短パンを汚してやれ!と思ったんでしょうね、とうとう短パンの中で出してしまいました。
 しかも射精した後も興奮が治まらなくて続けてチンチンを扱いていました。
 精通した俺はグチュグチュとエッチな音を出しながら何回も短パンの中に射精したんです。
 短パンやチンチンは最初は生暖かったんですが、だんだんとベットリした精液が冷たくなっていったのをよく覚えています。

 一通り終わると、俺は満足したのか、その場にへたり込んでしまいました。
 急に我に返り、恐る々短パンを捲ってみると、ナイロン製の短パンにベットリと白い精液がたっぷり付いていて、チンチンも同じように精液でベタベタになってました。
 で、まだちょっと勃起した状態の俺のチンチンは、だんだんと短パンの中で萎えてきました。
 俺は何だか満足と自己嫌悪の複雑な気持ちで、ティッシュをもってきて、短パンとチンチンについた精液をふき取りました。
 ベットリしたその液はちょっと生臭かったです。
 それは俺が初めて見る俺自身の精液でした。
 勃起も治まりチンチンの皮を剥いて精液をしっかりとふき取ると俺はゆっくり立ち上がりました。
 ナイロン製の短パンは精液が染み込こんでちょっと冷たかったです。
 汚れたティッシュはビニール袋に入れてしっかりと結んでカバンの中に入れました。
 そうこうしているうちにクラスメイトの男子が教室に入ってきました。
 俺はメチャ焦りました。
 とっさにズボンだけでも穿こうと思いましたが間に合いませんでした。
 短パン体操服姿の俺を見てクラスメイトは、「おまえ何やってんの?」と言いました。
「何もしてないよ、クラブ終わったから着がえてたんだ。」と俺は答えました。
「お前チンチン触ってたんじゃないの?」と、彼が突然言い出したので俺はビックリして、「そんな事するわけないよっ!」と怒鳴りました。
「うそうそ、早く着がえて帰ろうぜ」と彼は言いました。

10lboy00042ps

俺はてっきり今までのオナニーを見られたのだと思ったのですが、どうやら冗談のようでした。
 まさか本当に俺が今ここでチンチンを触りまくっていたなんて彼には想像も出来ない事でしょうね。
 俺は未だしっとりと濡れた短パンの横からチンチンが出て来ない様に、前をちょっと押さえながら、素早くズボンを穿き上着を着ると彼といっしょに家に帰りました。
 その後、俺にとってこのナイロン製の短パンは無くてはならないオナニーグッズになって、その後もずっとパンツをはかずに直接短パンをはいて登校するようになったんです。
 あれから何回か場所を変えて学校でこっそりオナニーをしたり、ノーパン状態のまま体育の授業に出るといったスリルをずっと味わい続けました。

 中学3年になり体操服姿で、ナイロン製短パンの下はもちろんノーパンなんですが電車に乗っていたら痴漢に合いました。
 相手は大学生位の大人でしたが、俺の短パンの太股の後ろ側あたりからそっと手を入れてきました。
 大人でも短パンフェチみたいな人はいるんだなあって思いました。
 中学3年の卒業式のちょっと前のころの話です。
 たまたま保健室にHDレコーダーがあったので、体育の授業をサボって友達3人とエッチなDVDを見たことがありました。
 4人とも体操服姿。俺はその時ノーパンだったのですが、他の3人は当然短パンの下にはブリーフを穿いていました。
 ワクワクしながらDVDのスイッチを入れたのですが、その時俺が、「どうせこの場でこっそりオナニーしてしまうかもしれないだろ?せっかく短パン穿いてるし、パンツ汚れたらヤバイから皆ノーパンにならない?」と提案しました。
オナニーしてしまったらブリーフがぬれて夢精したみたいになるかもしれないし、まさかマッ裸(フリチン)になる訳にもいかないので、ブリーフだけ脱いでノーパンで短パンを穿こうと云う事になりました。
 今から考えたら、言う奴も言う奴だけど、それに合意する奴もおかしい奴だなって思いますが。
 とにかく、短パン・ノーパンフェチの俺にとっては願ってもないチャンスで正に思い通りの展開でした。
 俺は内心ワクワクしていました。

9lboy00042ps

 chikaさんもく海パンに着がえる時ブリーフの上から海パンを穿いて下のブリーフを上手い具合に片足ずつ抜いて脱ぐ、というやり方を知っていると思うんですが、3人はそれで短パンを脱がずにブリーフだけ上手く脱ぎました。
「Mは脱がないのか?」と聞かれたので、「俺はもうノーパンだよ」と言って短パンの裾をチラッとめくりチンチンの付け根の辺りの毛の生え際を見せてノーパンであることを証明しました。
 皆はちょっと変な顔をしていましたがエッチDVDの方が先です、思わずスイッチを入れて再生しました。
 DVDはノーカットの裏物で、可愛い高校生の女の子のアソコが丸見えのものでした。
 セーラー服を着た女の子が足を広げてブルマーの横からチラッとアソコを見せたりしながら、だんだん感じていきつつ、脱いでいくというものでした。
 その女の子もブルマーの下にはショーツを着けていませんでした。
 女の子のオナニーシーンは結構マジの様で僕達はDVDに釘付けでした。
 何かこそこそ音がし始めたのでよく見ると1人アツシが短パンの上からチンチンをシコり始めました。
「いいよっ!メチャ堪らないよっ!」と言いながら俺も残りの2人ツバサ、ケンタもオナニーを始めました。
「俺、チンチン出してやる!」
 アツシがそう言って短パンの横から勃起したチンチンを出して直接チンチンを握りながらオナニーを始めました。
 同級生の勃起したチンチンを見るのは初めてだったし、思った以上に大きかったので驚きました。
 しかも俺と同じ完全に剥けていてチン毛もボーボーで、先っぽは透明の液でびちょびちょでした。
 当然同級生のオナニー姿を見るのも初めてでした。
 アツシは俺たちの目の前で必死になってチンチンを扱き続けました。
 ツバサとケンタは、俺と一緒で短パンの上からチンチンをシコっていました。
 短パンの下のチンポは、透明の液がいっぱい出て、ヌルヌル状態になっているのが分かりました。
 人にチンポは見られたくなかったのですが、以前からオナニーを人前でやってみたいという願望がっあたので、俺は、興奮しながらオナニーをしました。
 ツバサは、日頃大人しい目立たない子でしたが、ここでは一番大胆でした。
 俺はその頃は未だゲイの気はそんなにありませんでしたが、勢いというのは怖いもので俺は無意識にツバサの短パンに手を伸ばし、「チンチン触らせろよっ!」と言って、短パンの上からツバサのチンチンを握ろうとしました。
 ツバサはちょっと童顔で女の子みたいに可愛い顔をしていたので尚更彼のチンチンには興味があったんです。
 すると何とツバサの方が驚いた事に、「オマエの方が先だ!」と言って俺を仰向けに寝かして、「オマエの舐めさせてくれよ、そしたら俺の見せてやるから」と言って行き成り反対向きになって俺の上に乗ってきました。
 96というやつですネ!

8lboy00042ps

 俺の目の前には、ツバサの短パンを穿いた股間がやって来ました。
 俺は「おいおい、ちょっと待てよ」と思いながらも、ツバサのチンチンを短パンの上からそっと舐めてみました。
 するとツバサも、「ああ、いい!」と言って俺のチンチンを短パンの上から咥える様にしゃぶり始めたんです。
 それも激しくクチュクチュといやらしい音を出しながら短パンの上から俺のチンチンをフェラし始めたんです。
 信じられない展開に、俺も負けてはいられませんでした。
 こんなチャンス滅多に無い事だし可愛いツバサの、それも短パンを穿いた股間が目の前にあるんです。
 俺もツバサのチンチンを思わず短パンの上からしゃぶりついてしまいました。
 ツバサのチンチンが脈打っているのが分かりました。
 ちょっと塩っぱくて、ちょっと生臭い匂いがしました。
 その匂いが堪らなくて、だって女の子みたいな顔をしたオナニーなんて一番縁のないような童顔のツバサが、チンポ臭いんですもんね。
 そうとうオナニーやりまくってそう。
 俺はイキそうになるのを必死で堪えながら、ツバサのチンポを短パンごと咥えり舐めたりしました。
 ツバサも、俺のチンチンをクチュクチュと音を立てながら短パンごとしゃぶりまくっていました。
 その間約2分位。
 ただ、ちょっとヤバイ気がしたので直ぐに止めて、またお互いが勝手に自分のチンチンを扱き始めました。
「出てる、出てる!」と、ツバサは悲鳴のような声を出しました。
 それでも右手ではチンチンを扱き続けていました。
 そんなこんなで何と4人の中学生が保健室の隅で体操服姿、短パンをノーパンで穿いたまま転げ回ってオナニーをし続けました。
 まるで男ばっかりの乱交パーティーのようでした。
 今から考えてもどうしてそんな大胆なことができたのかさっぱり分かりません。
 因みにこの時は4人とも童貞だったし、俺以外はそんな変な趣味もなかったはずでした。
 DVDの女の子のアソコもオナニーの連発でグチョグチョに濡れてました。
 とうとうチンチンを握っていたアツシが、「あぁ、もうダメっ!、出るっ、出るっ!」と言ってドピュドピュっ激しく射精しました。
 俺も思わず声を出して、「短パンの中で出ちゃう!みんな見てくれ、出すぞっ!!」と言って多分女の子のオナニーDVDよりも、アツシの生のオナニーに興奮して、とうとう短パンの中で射精してしまいました。
 そして俺の思い通り他の2人も、「どうしよう、俺も中で出ちゃいそう!」と言いながら、ほとんど同時に射精しました。
 俺はさらに興奮し、すぐさま2回目もイってしまいました。
 このめっちゃアブノーマルな体験に、俺達は我に返りちょっと気まずそうに、でも垂れてくる精液をそのまま拭こうともせず、ただボーっとしていました。
 しばらくは立ち上がる事もせず、じっとしゃがみ込んでいたんです。

6lboy00042ps

 俺らはそっとバレないようにビデオを終うと、お互い隠れながら見られないようにして、こっそりティッシュで短パンやチンチンをキレイにしました。
 チンチンに着いた精液を拭き取る奴、短パンを拭く奴、1人は飛ばした精液も拭き取りました。
 そして逃げるようにしてノーパンのままこっそりと保健室から出て行きました。
 この時、遂に俺は念願の短パンの中で出す俺以外のオナニーを見たんです。
 しかも他人のチンチンを短パンの上から舐めたり、かなりヤバイオナニーも味わいました。
 俺は何だかんだ言ってもとっても満足したので、後で1人でトイレに行ってまたオナニーしてしまいました。

 中学3年生の夏、ちょうど夏休みで補習があってそれが終わっての帰り道の話です。
 俺のその日の登校姿は上がTシャツで下が学生ズボンというものでした。
 みんな同じような格好で登校していました。
 ズボンの下には当然パンツを穿きますが、その時は俺はいつものように体操服の短パンをパンツ代わりに穿いていました。
 そして補習が終わり、クラスメイトがみんな先に帰った後俺はずっと考えていた、あるたくらみを実行しました。
 俺は誰も居なくなった教室で、こそこそと学生ズボンを脱ぐと短パンとTシャツだけの格好になりました。
 そしてズボンをたたんでカバンに入れると、そのままの姿で家まで帰ることにしたんです。
 もちろん短パンの下はノーパンです。
 誰にもバレずに家まで帰らなければいけません。
 俺にとっては初めての冒険でした。
 俺は出来るだけ誰にも会わないようにして学校から外に出ました。
 短パンの中はちょっと勃起しかかった俺にチンチンが歩くたびに短パンの内っ側に露出した亀頭が擦れてカサカサとした感触が伝わってきました。
 この感触が、また堪らないんです。
 俺は思わず公衆トイレにかけ込んでオナニーしたくなる気持ちを抑え、短パンの横からチンチンが見えないよう小走りに駅へと向かいました。
 短パンの裾から涼しい風が入ってきてとても気持ちよかったし、まさかすれ違う人も俺がノーパンで歩いているとは気がつくはずもないので、スリルと緊張感いっぱいの状態のまま駅に到着しました。
 ちょうどその日は、近くの競輪場で競輪の競技がありました。

5lboy00042ps

 だから昼間だというのに、駅の構内はあふれるような人だかりでした。
 こんなに満員電車に押されながら乗れば俺の姿を見てひょっとしたら・・・と考えながら、俺はドキドキしながら電車に乗りました。
 俺はその日わざとTシャツ、短パンしかもノーパンというきわどい格好をして、痴漢にあってみようと考えていたんです。
 駅のホームではベンチに座りながら、靴のひもを直すふりをしてしゃがんだり、足を上げたりしてちょっと挑発的なポーズをとってみました。
 ひょっとしたら俺のチンチンも、その時短パンの裾から見え隠れしていたかもしれません。
 そうこうしているうちの電車が来ました。
 思った通り、超満員でした。
 俺はぎゅうぎゅう詰めの汗くさい電車に押し込まれるように入っていきました。
 電車が出発して直ぐすぐのことです。
 いきなり俺は痴漢さんにゲットされました。
 最初、お尻の方がムズムズと変な感じになりました。
 最初は満員電車だから、誰かの手か何かが当たっているのだろうと思っていました。
 ところがそれがだんだんと強く感じだして、どうやらわざと俺のお尻を触っているのだなという事に気づきました。
 その手は先ず俺のお尻を短パンの上から撫でる様にしてました。
 そしてそっと短パンの裾すそから指を入れだしたんです。
 ひょっとしたら、その時俺がノーパンであることに気づいたのかもしれません。
 超満員の電車の中ですから、誰もそんな小さなことに気がつくはずがありません。
 痴漢さんはゆっくりと俺のお尻を直接撫でながらお尻の穴の辺り迄指をもってきました。
 その時には俺がパンツを穿いていないことに完全に気づいたはずです。
 そして今度は指を俺の太股に移し、後ろ側の気持ちのいい部分をゆっくりと撫で始めました。
 俺は、完全に勃起状態でした。

4lboy00042ps

 ちょっとびっくりしましたが、この満員電車の中で俺と痴漢さんの2人がそういう行為をしている事に、誰も気づかないことが、かえって怖く感じました。
 いや、ひょっとしたら誰かは気づいていたのかもしれません。
 そしている内に痴漢さんの手はゆっくりと俺の短パンの前の方に移ってきました。
 いよいよ来たぞ、俺は心の中でそう叫びました。
 俺のチンチンは勃起状態のままでした。
 そして、だんだんと先っぽが濡れていくのを感じました。
 痴漢さんの息づかいも荒くなり、ハッ、ハッという小さな声が聞こえてきました。
 痴漢さんはしばらくは短パンの上から俺のチンチンを撫でていました。
 時々先っぽの辺りを指でクチュクチュと弄じくったのでガマン汁がいっぱい出て、俺の短パンはオシッコを漏らした様にジワジワと濡れてきました。
 痴漢さんは俺の右手を握りました。
 俺はドキッとしました。
 そして俺の右手を俺の勃起したチンチンの辺りまでもってきたんです。
 そして俺の右手を使って俺のチンチンを短パンの上から弄りだしたんです。
 痴漢さんの左手は俺の短パンの上からお尻の穴を弄り始めました。
 どうやら痴漢さんは俺にオナニーをさせようとしたようです。
 俺は何ともいえない興奮状態でした。
 相変わらずお尻の穴には短パンの上から指が入ってきます、その指の動きが堪らなく感じました。
 短パンの上からだから穴の奥の方にまでは指が入りません。
 でも、これってテクニックっていうのかな?
 クチュクチュと音を立てるような動きに、俺のお尻の穴は全開状態になってました。
 そして右手は・・・
 俺は堪らなくなって痴漢さんの右手の動きとは別に俺の意思で短パンの上から勃起した自分のチンチンチンポを握りしめました。

3lboy00042ps

 こうなったら電車の中だろうと何だろうと関係なく俺は興奮の絶頂に達してしまい、とうとうオナニーを自分で始めてしまいました。
 いけない、いけない、と思いながらも俺は右手を動かし続けました。
 でもバレるといけませんから、ゆっくりとゆっくりと動かしました。
 痴漢さんがそれを確認すると今度は両手で俺のお尻を攻め始めたんです。
 それとか、だんだんと手を前の方にやって太股の辺りを触り始めました。
 あまりクーラーの効いていないメチャクチャな暑さに満員電車の汗の匂い。
 電車のガタンゴトンという音と振動で、俺は自分が何をしているのか全く分からない状態になってしまいました。
 いけない、いけない!って俺は心の中で思ったんです。
 バレたらどうしよう!? 見られていたらどうしよう!?こんなエッチな事を俺がやっているなんて。って感じですね。
 満員電車の中でのオナニー、こんなやらしい事を本当にしてしまうなんて・・・そう思ってるのに、俺の右手は動きを止めませんでした。
 それに痴漢さんの指の動きも増々エスカレートしていったんです。
 そして、このまま短パンの中で出してしまうという快感に達したいという気持ちが最高の緊張感の中で、ついにフィニッシュを迎えたんです。
 「あ、いくっ!」って俺は思わず声を出しそうになりました。
 とうとう俺は痴漢さんの指技に負けて射精してしまいました。
 それもそんな場所で、事もあろうにいつもと全然違う位たくさんの精液を出してしまいました。
 勃起したままの俺のチンチンはいつまでもドクドクと精液を短パンの中に放出し続けました。
「**駅~、**駅~」

1lboy00042ps

 はっと気づくと、俺の乗った急行列車は次の駅に到着してました。
 俺はまだ興奮したままで、それでボーっと立ちすくんでいました。
 でも短パンの中が精液でベトベト状態なのだけは感じました。
 そのベトベトの精液が俺の太股を伝ってタラ~っと短パンの裾から足下に垂れてくるのも分かりました。
 チンチンはまだ勃起していました。
 痴漢さんは未だ後ろに居たのかもしれませんが、指の動きはもう感じませんでした。
 「やばい!」って俺はわれに返って、とにかく慌てて電車から降りました。
 じっとしていたら短パンの裾から白濁のベトベトべの精液が出ていることがバレてしまいます。
 精液の匂いも満員電車の充満します。
 俺は必至に走ってとにかく駅のトイレにかけ込みました。
 そしてカバンからティッシュを取り出すと、短パンについた精液を拭き取りました。
 短パンは内っ側も外っ側もベトベトに濡れていました。
 だけど裾長いTシャツを着ていたので、短パンの濡れた部分は隠れますから多少濡れていても分かりません。
 その後、その痴漢さんがどこへ行ってしまったのかは分かりません。
 だけど俺はその時その夏一番の体験をしちゃったんです。
 俺は最高に満足でしたね。満員電車の中での痴漢体験、そしてオナニーって凄くないですか。
 でもあの時の事はバレていないと思いつつ、本当は乗客に皆にバレていたのかも知れません。
 それに俺自身にも〝オナニーする姿を見られたい!〟って気持ちがあったのかもしれませんね。
 結局、その日はあの痴漢さんの指の動きを思い出しなら、トイレの中でまたオナニーをしてしまいました。
 もちろん、また短パンの中に出したんですけどね。










lboy00035pl「女の子になって犯されたいんです」変態的な願望を抱く超絶美少年 夢叶えて男の娘DEBUT 神崎あゆむ

誰もが二度見するような息をのむ超絶美少年、神崎あゆむ君。もちろん女性にもモテモテの彼が密かに抱く願望…それは、女の子になって男性に犯される事。モテすぎておかしくなったのか定かではないが、彼の眼差しは真剣だった。もちろんアナルの経験などは無し。今日、彼はついに秘めた願望を実現する…。
















84bokd075rplフル勃起ニューハーフデビュー アナルとチ●コに媚薬を塗られて絶頂SEX かとうれい

変態オーラ出しまくりのお色気ニューハーフがデビュー!インタビューしているだけでもう…カチカチ完全フル勃起!ピニクリちゃんが天に向かってビンビンに伸びていく!もう自前バナナで釘が打てるレベル!初めての媚薬体験でエロさが爆発!敏感なケツマ●コを激ピスされて、ますます肉棒ギンギン膨張!アツアツのザーメンを尿道から大放出!!


















433std243rpl超アナル女装子 ゆうら 巨大ディルドをも飲み込むアナル見たことありますか? 南雲ゆうら

今、歴史はこの1人の女装子によって大きく変わろうとしている。巨大ディルド、電マがスッポリと入ってしまう奇跡のアナルを持つ南雲ゆうら。驚異すべきはアナルのみに止まらず、浣腸&ローソク責めも熾烈を極める。FUCKシーンでは白目を剥いて射精し、さらに痙攣しながらオーガズムに達する。モンスター女装子による問答無用のデビュー作!ここに完成!


















2lboy036plAV女優よりブッチギリ可愛い 奇跡の神7男の娘 4時間

LadyBoyが贈る、女性の可憐さをはるかに凌駕する極’嬢’男の娘7名収録のベスト版が登場!美少年が女装して、不可抗力で勃起したち○ぽをいじられながらケツマ○コを犯される姿は背徳感満点!きっとあなたも、この一作で男の娘の虜になります。




















2cmf043pl女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期 ゆき

男子生徒である由紀夫は放課後には「ゆき」として淫らな痴態をネット配信する女装オナニストだった。ある時ハッテン場の映画館で担任の梅田に遭遇してしまう。梅田は自分の生徒の由紀夫だとはしらず「ゆき」を犯してしまうのだったが…プレイ内容:ゲリラ社内露出/映画館で生贄プレイ/肛門性交/ペニス矯正吸引器地獄/鞭蝋燭に涙/ナルシストオナニー配信でディルド&センズリダンス












































Twitter プロフィール
 ニューハーフなケバいメイクで生きてます。このツィッターはWeb小説等の創作メモ代わりに使っています。メイクビッチなう・な「つぶやき」も時々あるかもー?
ブログ内記事検索 フェチな単語でネ
chikaの一押し
note.mu


アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA


line





ウィークエンダー
極上男子
漆黒の蝦頭貴婦人が舐める世界
漆黒の蝦頭貴婦人が舐める世界
Pinterest
saienji Pinterest
saienji Pinterest


見放題ch プレミアム
009-1
Amazonライブリンク
アダルトブログランキングへ
livedoor プロフィール
衝撃スクープ


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ